映画『空飛ぶタイヤ』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラまとめ!

2018年公開の映画『空飛ぶタイヤ』。『半沢直樹』、『下町ロケット』、『花咲舞が黙ってない』、『民王』、『流星ワゴン』、『陸王』など数多くの人気ドラマ化作品を生み出している池井戸潤氏原作の映画化作品で、TOKIOの長瀬智也が主演を務めることで話題になっています。

そこで今回は映画『空飛ぶタイヤ』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじ

父親の後を継ぎ運送会社を経営する赤松徳郎は、ある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。事故原因を一方的に整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられた赤松は警察からの執拗な追及を受ける。さらには会社も信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう。

しかし赤松は、事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考える。自社の無実を信じる赤松は家族や社員たちのために、トラックの販売元である巨大企業の自動車会社に潜む闇に戦いを挑む。(wikipediaから引用)

池井戸潤作品らしい企業もの、弱き者が強き者に挑む極上ヒューマンストーリーです。池井戸潤作品の素晴らしいところはしっかりと「人」を描いているところですね。苦境に立たされた主人公たちの葛藤や苦悩、そして強い思い。さらに複雑に絡まり合う人間関係。

これまでは長いスパンのドラマで緻密に描いてきましたが、今回は映画ということで、短い時間の中でどうやって「人」を表現していくのか、注目ですね。

映画に興味があるならまずCheckしておきたいのが原作の小説。とくに今回は映画なので原作でストーリーの全体像を頭に入れてから視聴したほうが、役者の演技や映画特有の映像美を堪能できるでしょう。Amazonでも絶賛評価を連発している原作の『空飛ぶタイヤ』。これを機に一度は読んでおきたいですね。

 

スポンサードリンク

 

映画『空飛ぶタイヤ』のキャスト

赤松徳郎/長瀬智也 

赤松運送の二代目社長。短気だが人の良い性格。

長瀬智也出演のドラマ『ごめん、愛してる』キャストまとめ

長瀬智也出演の映画『TOO YOUNG TOO DIE』が絶賛される3つの理由

沢田悠太/ディーン・フジオカ

赤松徳郎と対峙する大手自動車会社ホープ自動車のカスタマー戦略課課長。

ディーンフジオカ出演のドラマ『精霊の守り人』撮影場所まとめ

ディーン・フジオカ出演のドラマ『IQ246』撮影場所まとめ

ディーンフジオカ出演の映画『鋼の錬金術師』ロケ地まとめ

ディーンフジオカ出演の映画『結婚』ロケ地まとめ

ディーンフジオカ出演の映画『坂道のアポロン』ロケ地まとめ

深田恭子(目撃情報)

追加キャストは随時更新していきます。

 

次ページ 『空飛ぶタイヤ』ロケ地まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。