実写映画『リバーズ・エッジ』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、原作まとめ!

2018年公開の映画『リバース・エッジ』。岡崎京子の傑作コミックを原作とした実写化作品で、『GO』や『世界の中心で、愛をさけぶ』、『ナラタージュ』などを手がけた行定勲監督がメガホンをとり、二階堂ふみや吉沢亮が出演することで注目されています。

そこで今回は実写映画『リバース・エッジ』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

実写映画『リバース・エッジ』のあらすじ&原作

バブルが弾けた90年代が舞台。リアルな性描写を含む愛や暴力、都市に生きる若者たちの欲望、不安、焦燥感を果敢に描く。ストーリーは、女子高生のハルナが元恋人の観音崎にいじめられている同級生・一郎を助けたことをきっかけに、河原に放置された人間の死体を見つけたことを打ち明けられる。過食しては吐く行為を繰り返すモデルのこずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠するハルナの友人ルミらを交えながら、不器用にストレートに物語は進行していく。そして、新たな死体がひとつ生まれる。(映画.comから引用)

「具体的にはわからないけど、漠然と将来が不安」に感じている方は多いのではないでしょうか。少子化をはじめとした先の見えない日本に対してなのか?その明確な答えはわかりません。特に若者はそれを敏感に感じ取っているのかもしれません。

この物語は都市部に住む若者たちをリアルに描いた物語。若者たちの不安や欲望を丁寧に描いています。「子は大人の鏡」なのが世の常。若者たちの行動や思いは社会を反映したものかもしれないですね。

原作は岡崎京子の最高傑作

この映画の原作「リバース・エッジ」は岡崎京子の最高傑作と呼ばれており、読者や識者からも高く評価されています。今回の映画化を機に一度は読んでおきたいものですね。

Amazon↓↓

 

実写映画『リバース・エッジ』のキャスト

リバース・エッジ

若草ハルナ/二階堂ふみ

母と2人暮らしで同い年の彼氏もいる今どきの女子高生。特に不満は抱えていないがどこか生きづらさを感じている。

二階堂ふみ出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

二階堂ふみ出演の映画『何者』ロケ地まとめ

二階堂ふみ出演の映画『いぬやしき』ロケ地まとめ

二階堂ふみ出演のドラマ『がっぱ先生』撮影場所まとめ

二階堂ふみ出演のドラマ『トーキョーミッドナイト・ラン』撮影場所まとめ

二階堂ふみ出演のドラマ『しあわせの記憶』撮影場所まとめ

二階堂ふみ出演のドラマ『がんこちゃんは大学生』撮影場所まとめ

二階堂ふみ出演のドラマ『フランケンシュタインの恋』キャストまとめ

山田一郎/吉沢亮

ゲイであることから学校になじめない高校生。いじめに遭いながらどこか達観している。

吉沢亮出演の映画『銀魂』ロケ地まとめ

吉沢亮出演の『斉木楠雄のΨ(サイ)難』ロケ地まとめ

吉沢亮出演のドラマ『バスケも恋もしていたい』撮影場所まとめ

吉沢亮出演のドラマ&映画『トモダチゲーム』撮影場所まとめ

観音崎/?

追加キャストは随時更新していきます。

 

次ページ 『リバース・エッジ』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。