『東京センチメンタルSP』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2014年の年末に単発ドラマとして放送し、2016年1月からの冬ドラマとして放送され、いずれも大好評だった『東京センチメンタル』。吉田鋼太郎、高畑充希、片桐仁のメンバーはそのままで、今回もスペシャルドラマとして帰ってくることで話題になっています。

放送日はまだ未定で2016年の年末か2017年の年始頃と噂されていますね。そこで今回はスペシャルドラマ『東京センチメンタルSP』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『東京センチメンタルSP』のあらすじ

東京・言問橋の老舗和菓子屋『くるりや』の倅として生まれた久留里卓三(吉田鋼太郎)は生まれも育ちも東京。昔気質の二代目の父に厳しい教育を施され、店の看板である団子を作る職人としては父を越えるほどの技量を身につけているが、私生活では離婚歴がありバツ3の、女性に対しては“ちょこっとだらしない”男。56歳になった今も、自由気ままな日々を送っている。趣味は、幼いころ父に買ってもらった年代物の一眼レフカメラを持って町を散策すること。いつかは変わりゆくであろう古き良き東京の風景をシャッターに収めている。

ある日、仕込み中の「くるりや」を若い男性が訪れる。名前は正弘。なんと、卓三の一番目の妻との息子だった。久しぶりの再会、しかも突然の訪問で、ぎこちない空気が流れる父と息子。驚くアルバイト店員の須藤あかねをよそに、正弘は「近々結婚するので、相手の女性と食事をして欲しい」と卓三に言う。

後日、「父親らしい振る舞いをするんですよ」とあかねに言われ、駄々をこねながらも食事会の場所に向かう卓三。正弘の婚約者・留美は明るく聡明でとても好印象だった。自己紹介をし、一通りの話をするも、留美の叔母の美奈子が現れない。仕方なく食事をしながら待つがそれも限界・・・と思ったときに、ついに叔母の美奈子が登場する。

その瞬間、「叔母の概念を崩された・・・」と心の中で呟く卓三がいた。だが、食事会が進むにつれて不穏な空気が漂い始める。卓三の話した内容に美奈子が食って掛かり、二人はヒートアップ。初対面なのに完全に言い合いのケンカに発展してしまったのだ。出会いは最悪。だが、運命は・・・二人を放っておかなかった。。。。

東京・下町を舞台に繰り広げられる「ケンカから始まる恋」はこうして始まったのだった―。(公式ホームページから引用)

『東京センチメンタル』は吉田鋼太郎が演じる”恋多き男”久留里卓三のほろ苦いロマンスを描いた物語。ドラマの鑑賞後にくる何とも言えない余韻が最高ですね。全体的に”ゆる~いタッチ”も絶妙で気軽に視聴できる点も好印象。吉田鋼太郎にチャキチャキとツッコむ高畑充希とのほんわかとしたやり取りも素敵ですよね。

また、舞台となる東京下町の風情と人情あふれる街並みが数多く登場することも人気の理由なのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

『東京センチメンタルSP』のキャスト

久留里卓三/吉田鋼太郎 バツ3独身の恋多き和菓子職人。和菓子屋「くるりや」店主。

吉田鋼太郎出演の映画『新宿スワン2』ロケ地まとめ

吉田鋼太郎出演の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ロケ地まとめ

吉田鋼太郎出演の映画『帝一の國』ロケ地まとめ

吉田鋼太郎出演のドラマ『ドクターX2016』撮影場所まとめ

吉田鋼太郎出演のドラマ『模倣犯』撮影場所まとめ

須藤あかね/高畑充希 「くるりや」でアルバイトをしている看板娘。元気で明るい性格。

高畑充希出演の映画『怒り』ロケ地まとめ

高畑充希出演の映画『アズミ・ハルコは行方不明』ロケ地まとめ

柴田幸吉/片桐仁 卓三の幼なじみ。「くるりや」の向かいにある理容店の店主。

?/黒木瞳(目撃情報) 卓三が恋するアラフィフ女性。

 

次ページ 『東京センチメンタルSP』ロケ地まとめ

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク