【嵐】2018年のドラマや映画まとめ一覧!最新作を一挙ご紹介!

「嵐が2018年に出演するドラマや映画は絶対に全部観たい!」そう考えている方もたくさんいるはず。2017年は二宮和也、櫻井翔、松本潤、大野智、相葉雅紀の5人全員がそれぞれ主演をつとめるドラマや映画がありました。

2018年はどんな作品で嵐の活躍が見られるのか?今回は嵐が2018年に出演するドラマや映画をまとめてご紹介していきます。

嵐2017年の出演作一覧はこちら

嵐出演のドラマ・映画2018最新作まとめ

スポンサードリンク

松本潤主演のドラマ『99.9-刑事専門弁護士シーズン2』(1月-3月の冬ドラマ)

99.9

2016年4月-6月期の春ドラマとして放送された『99.9-刑事専門弁護士』。個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマで、松本潤主演のTBS日曜劇場として注目を集め、2016年の年間平均視聴率3位に輝いた人気ドラマでした。

関連記事:2016年全ドラマ視聴率ランキングベスト50

続編となるシーズン2では松本潤と香川照之の名コンビはそのままで新たなヒロインとして木村文乃が登場します。さらにパワーアップする『99.9-刑事専門弁護士シーズン2』は絶対に見逃せませんね。

メインキャスト

松本潤、香川照之、木村文乃ほか

脚本

宇田学(代表作にドラマ『99.9-刑事専門弁護士』、『4号警備』など)

原作

なし。オリジナルストーリー。

関連記事

▶『99.9-刑事専門弁護士-シーズン2』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌詳細はこちら

▶『99.9-刑事専門弁護士-シーズン2』ロケ地&撮影場所、エキストラ募集情報はこちら

 

二宮和也主演のドラマ『ブラックペアン』(4月-6月の春ドラマ)

ブラックペアン

海堂尊の小説を原作としたドラマ。「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具の導入をめぐり、外科医のプライドを守ろうとする主人公で“オペ室の悪魔”と異名がつく天才外科医・渡海征司郎が、陰謀と嫉妬が渦巻く大学病院という巨大組織と真っ向から対峙する。やがて新技術導入の裏にある、さまざまな不正や隠された過去が暴かれていく物語です。

メインキャスト

二宮和也(嵐) ほか

原作

海堂尊「ブラックペアン」

脚本

丑尾健太郎(代表作にドラマ『小さな巨人』、『無痛~訴える眼~』、『HEAT』、『ショムニ2013』など)

関連記事

▶『ブラックペアン』キャスト、あらすじ、原作、相関図、主題歌詳細はこちら

▶『ブラックペアン』ロケ地&撮影場所の詳細はこちら

 

櫻井翔主演の映画『ラプラスの魔女』(5月4日公開)

ラプラスの魔女

東野圭吾の人気小説を原作とした映画。現場が遠くはなれているにも関わらず、まったく同じ状況下で発生した2つの不審死。科学的見地から事件性はないと見られていたが、そこの現れた一人の女性の発言により事件性への関与が高まる。そんな中、第3の事件が発生して・・・というストーリー。

サスペンスフルでスピード感のあるストーリー展開で一瞬も目が話せないような極上のミステリーになりそう。櫻井翔は主人公で地球科学の研究者で警察から調査を依頼される大学教授・青江修介役を演じます。

メインキャスト

櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、豊川悦司、リリー・フランキー、豊川悦司、玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、檀れい ほか

監督

三池崇史(代表作に映画『龍が如く』、『クローズZERO』、『無限の住人』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』など)

原作

東野圭吾「ラプラスの魔女」

関連記事

>>映画『ラプラスの魔女』キャスト、あらすじ、ロケ地詳細はこちら

 

スポンサードリンク

 

二宮和也出演の映画『検察側の罪人』(8月24日公開)

検察側の罪人

雫井脩介の小説を原作に、木村拓哉主演、二宮和也が共演するという2018年の超話題作。東京地検を舞台に、ある殺人事件をめぐってそれぞれの正義がすれ違い対立する二人の検事の物語。最初は憧れていた先輩検事のやり方に疑念をもった若手検事。次第にお互いの”正義”を賭けた戦いと発展していく、、、という展開。

男のプライドがぶつかる極上のヒューマンミステリー。二宮和也は若手検事の沖野啓一郎役を演じます。キムタとどんなハーモニーを魅せていくのか?期待せずにはいられない映画になりそうです。

メインキャスト

木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、平泉成、キムラ緑子 ほか

監督

原田眞人(代表作に映画『日本のいちばん長い日』、『駆込み女と駆出し男』、『クライマーズ・ハイ』、『関ヶ原』など)

原作

雫井脩介「検察側の罪人」

関連記事

>>映画『検察側の罪人』キャスト、あらすじ、ロケ地詳細はこちら

 

相葉雅紀主演のドラマ『僕とシッポと神楽坂』(10月-12月の秋ドラマ)

僕とシッポと神楽坂

東京・神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語。主人公の高円寺達也は神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまう。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていき、やがて「コオ先生」と呼ばれるようになった達也は、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていく、というストーリーです。

メインキャスト

相葉雅紀(嵐) ほか

原作

たらさわみ「僕とシッポと神楽坂」

 

たらさわみ「しっぽ街のコオ先生」

 

脚本

谷口純一郎、国井桂

 

この他にも新たな作品が発表され次第、随時更新していきます。

 

最後に

2018年も映画、連続ドラマ、単発のスペシャルドラマでもいいので、5人のメンバーが出演する作品が観たいですよね。

嵐2017年の出演作一覧はこちら

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。