『平成物語』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所まとめ!

平成物語

2018年3月23日(金)と30日(金)深夜0時55分からフジテレビで放送されるスペシャルドラマ『平成物語』。平成時代の30年間をテーマにした青春物語で、岡山天音が主演をつとめることで注目されています。

そこで今回はスペシャルドラマ『平成物語』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

『平成物語2019』情報はこちら↓↓

スポンサードリンク

ドラマ『平成物語』のあらすじ

平成×音楽×ひとりの男

平成元年に産まれたある男が生きた、平成が終わるまでの30年間。時代を彩る音楽と共に、その人生をつづった物語。

主人公は平成(ヒラナリ)という平凡な男。田舎暮らしの4人家族で、趣味はギター。大学進学と共に東京に上京してバンドマンを目指したはいいけど、そう人生はうまくいかない。田舎の幼馴染の結(ユイ)と、東京で出会った紡(ツムギ)という二人の女性によって恋愛もこじらせまくり。そのうちバンド活動も意外な方向に転がっていき、平成は人生の選択を迫られる。

30歳になったいま、平成(ヒラナリ)の目の前に訪れた現実は果たして。そして、彼が出した自分なりの答えとは。

<平成元年、結、紡 誕生>

新元号が発表されたのと時を同じくして、本作の主人公である平成が誕生。縁起がいいと『平成(ヒラナリ』と名づけられる。時を同じくして、時代を結っていけるようにと名づけられ平成の幼なじみとして育つ『結(ユイ)』、そして東京では時代を紡いでいける人になれるようにと名づけられ、のちに平成と出会う『紡(ツムギ)』が生まれた。

<平成10年 父、『ノストラダムスの大予言』に絶望>

平成と結は毎日サッカーに夢中。父が気まぐれで弾くギターに合わせて歌を唄って幼少期を過ごす。

<平成18年 平成の初彼女>

平成は夏希という彼女ができた。幼なじみである結とは微妙な距離感。ギターを鳴らしながら過ごす日々に、ある日変化が訪れる。

<平成19年 卒業と結と、旅立ちのホーム>

平成と結は、それぞれの夢に向かって受験勉強に励みながら、徐々に距離が近づいていく。桜咲く季節、卒業式が終わり、平成が生まれ育った田舎から旅立つ日に結は…

<平成20年 学生生活と紡>

バンドで身を立てたいという願望と現実のギャップに苦しむ日々。その支えが紡の存在だった。大切な存在だと分かってはいるが素直になれない平成。無為な日々を、過ごしていた。

<平成21年 運命の再会>

平成はもといたバンドを離れ、新しいバンドに加入。メジャーデビューを目指していたが紡とはギクシャク。そんな時に結と偶然の再会を果たし…

<平成22年 夢と現実の狭間で>

大学卒業を控え、平成はギターに触らなくなっていた。周囲では同世代の才能が花開いていく中、夢と現実の狭間でうずくまっていた

<平成23年 就職と合コン>

大学を卒業し、平成はサラリーマンとして働き始めていた。ある日、同期に誘われて行った合コン。嫌々ついて行った平成だったがそこに現れたのは…

<平成30年 僕は何者になれたのだろう>

平成が終わると発表された。平成、結、紡にとっての平成は、一体何だったのだろう。そして、彼・彼女たちは何者になれたのだろうか

(公式ホームページから引用)

もうすぐ平成が終わる

2019年4月30日に平成天皇が退位されることで、平成の時代が終わろうとしています。1989年1月8日に平成天皇が即位されたので、平成時代は約30年間ということになります。この平成の30年間はどんな時代だったのか?個人的な思いは人それぞれでしょう。ただ、日本全体と世界の中の日本で平成という時代を見た時、「平成は日本の凋落を決定づけた時代だった」と言うこともできます。

焼け野原からスタートし世界トップレベルの経済大国にのし上がった昭和時代

太平洋戦争に敗戦したのが昭和20年(1945年)。焼け野原からスタートした日本は、奇跡的な復興を遂げ、世界史の中でも類を見ない高度経済成長を経て、一気に世界有数の経済大国にのし上がりました。「Japan as No.1」と呼ばれたこともありました。このことは日本人としては誇り高いことですが、これはすべて昭和時代の出来事です。

日本の絶頂期に昭和から平成に移り変わった

昭和時代が終わるのは、ちょうど日本が史上空前の好景気に浮かれていたバブル真っ只中。街中には高級ブランドの洋服に身をまとった若者や会社員、経営者たちが溢れ、この世の春を謳歌していました。しかし、平成の時代に入って間もなく、バブルは崩壊。この後は御存知の通り、「失われた10年」、「失われた20年」、「失われた30年」とも言われる低迷に入っていきます。

世界に遅れをとる日本

少子高齢化が加速し、人口減少社会に突入しました。経済では中国にGDPを抜かれました。驚異的な経済成長を続けるインドやASEAN諸国が日本を抜かしていく時代もそう遠くはないでしょう。以前は世界の企業ランキング上位常連だった日本の企業ですが、今やトヨタ自動車でさえもトップ20から姿を消しています。

日本は長期没落期に突入!?

学術論文や特許の出願もアメリカと中国が2強で、日本は大きく遅れをとっています。海外留学生も日本は圧倒的に少ないですし、労働生産性も先進国の中では下位。世界の中での影響力を少しづつ弱めていく日本。「茹でガエル」のように少しづつ相対的に弱く、貧しくなっていっているので、一般庶民にはなかなか実感がしづらいですが、これは疑いようのない事実ですよね。

「日本はスペインやポルトガルのような400年の長期没落期に突入する」と大前研一氏は語っていますが、10年後、20年後の日本は世界の中等国レベルになっているかもしれません。これまでは東南アジアの人たちが日本に出稼ぎに来ていましたが、日本人が東南アジアに出稼ぎに行く時代が訪れるかもしれません。日本の優位性だった技術力の高さも、ITCの分野ではアメリカや中国、インドに遅れをとっています。

日本のTV番組は「日本のものづくりやサービスレベルの高さ」を称賛し、「やっぱり日本が最高だよね!」と日本人の優越感をくすぐる番組が多いですが、世界の中で今の日本が置かれた状況を見た時に、違和感を感じます。

平成時代で自分は何が出来たのだろう?

何やら暗い話をしてしまいましたが、平成という30年間を個人の歴史で見たら、そこには青春があったという方もたくさんいるでしょう。この物語はそんな平成を一人の男の青春から描いた物語。自分の青春と照らし合わせながら、視聴するとより面白いかもしれませんね。そして、新しい時代を迎えるにあたり、自分がすべきこと、やりたいこをもう一度見直すきっかけにしたいものです。

スポンサードリンク

ドラマ『平成物語』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

平成(ひらなり)/岡山天音

岡山天音出演の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『パーフェクト・レボリューション』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『氷菓』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『おじいちゃん、死んじゃったって』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『神さまの轍』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『チェリーボーイズ』ロケ地まとめ

岡山天音出演のドラマ『がんこちゃんは大学生』撮影場所まとめ

岡山天音出演のドラマ『貴族探偵』キャストまとめ

岡山天音出演のドラマ『ザ・ブラックカンパニー』撮影場所まとめ

結/松本穂香

松本穂香出演のドラマ『ひよっこ』撮影場所まとめ

松本穂香出演のドラマ『食い逃げキラー』撮影場所まとめ

松本穂香出演の映画『世界でいちばん長い写真』ロケ地まとめ

松本穂香出演の映画『名前』ロケ地まとめ

松本穂香出演の映画『あの頃、君を追いかけた』ロケ地まとめ

松本穂香出演の映画『恋は雨上がりのように』ロケ地まとめ

紡/片山友希

片山友希出演のドラマ『セトウツミ』キャストまとめ

小川あん

小川あん出演のドラマ『お前はまだグンマを知らない』撮影場所まとめ

樋口開飛

小林実由

大下ヒロト

ノモガクジ

ノモガクジ出演のドラマ『おかしな弁護士2』キャストまとめ

白戸達也

白戸達也出演のドラマ『モブサイコ100』キャストまとめ

内田慈

内田慈出演のドラマ『氷の轍』撮影場所まとめ

川瀬陽太

川瀬陽太出演の映画『blank13』ロケ地まとめ

川瀬陽太出演の映画『名前』ロケ地まとめ

川瀬陽太出演の映画『海辺の生と死』ロケ地まとめ

ほか

スタッフ情報

監督/松本花奈

代表作に映画『真夏の夢』、『脱脱脱脱17』など

脚本/加藤拓也

▶次ページ 『平成物語』のロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。