『時代をつくった男 阿久悠物語』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!【24時間テレビドラマスペシャル2017】

2017年8月26日の日本テレビ24時間テレビ40ドラマスペシャルとして放送される『時代をつくった男 阿久悠物語』。昭和歌謡会を代表するヒットメーカー・阿久悠の激動の生涯を描いた作品であり、亀梨和也、松下奈緒、田中圭、加藤シゲアキら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回はSPドラマ『時代をつくった男 阿久悠物語』の舞台となる撮影場所のロケ地、気になるキャストやあらすじ、スタッフ情報についてまとめてご紹介していきます。

2017夏ドラマ特集

スポンサードリンク

24時間スペシャルドラマ『時代をつくった男 阿久悠物語』のあらすじ

あらすじ

時代を彩った数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠。”ヒットメーカー”と呼ばれた阿久の歌は、平成の今も愛され続けている。阿久の妻・雄子(松下奈緒)は、女子高生たちが夫の作った歌を口ずさむ姿を見て、阿久と出会った頃を思い出す……。

昭和38(1963)年、阿久悠こと深田公之(亀梨和也)は、広告代理店に勤めるサラリーマンだった。そこで出会ったのが雄子。同じ匂いを感じた二人はつき合い始め、翌年結婚。この頃から、会社には内緒で放送作家のアルバイトを始め、そこで「阿久悠」というペンネームを使うようになった。

“ものを書く”仕事をしたかった阿久は、やがて会社を辞めフリーの放送作家に。そして、作詞にもチャレンジするとその才能を発揮し、森山加代子の『白い蝶のサンバ』を大ヒットさせる。「時代を作る流行歌を生み出したい」と、本格的に作詞活動をすることを決意する阿久。仕事はますます忙しくなり、雄子と息子・太郎の待つ家へ帰るのは 2~3か月に一度、という状況になっていった。

昭和46(1971)年。阿久は、日本テレビのプロデューサー・池沢(八嶋智人)に声を掛けられ、新番組の立ち上げに参加する。池沢は「テレビ局からスターを生み出したい!」と、新しいオーディション番組を作ろうとしていた。池沢にアイデアを求められた阿久は、オーディションのすべての過程をガラス張りにして放送するという今までにない番組スタイルを提案する。それが伝説のオーディション番組、「スター誕生!」の始まりだった。

自ら審査員を務めることも決まり、いよいよ『スター誕生!』の放送が開始。しかし、阿久や池沢ら制作スタッフが期待していたようなスター候補生はなかなか現れず、番組は前途多難なスタートを切ったのだった――。(公式ホームページから引用)

昭和30年代から40年代は日本の高度成長期であり、誰もが活気に満ち溢れていた時代であると言われています。また、テレビの普及率が飛躍的に増えた時代でもあったことから、テレビの草創期とも言われていますね。

この時代から仕掛け人となり、後に数多くのヒット作を生み出した稀代のヒットメーカー・阿久悠とはどんな人物だったのか?そしてどんな思いで仕事をし、生きていたのか?そんな阿久悠の知られざる一面や生き様が見られる物語になりそうです。

原作なしのオリジナルストーリー

この物語は原作なしのオリジナルストーリー。阿久悠はいろいろな書籍を出版していますが、ドラマのメインテーマである「スター誕生」については、阿久悠著の『夢を食った男たち「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代」が近いのではないでしょうか。

 

24時間スペシャルドラマ『時代をつくった男 阿久悠物語』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

阿久悠(深田公之)/亀梨和也

作詞家・作家。兵庫県淡路島で生まれ育ち、大学入学を機に上京。広告代理店勤務、放送作家を経て作詞家になった。常に時代を読み、アイドルソング、演歌、フォークソング、アニメソング、CMソングと幅広いジャンルの曲を手掛け、ヒットさせた。家でも職場でも愚痴や弱音を言わず、苦悩や弱みを誰にも見せることなく、生涯5000曲以上の歌を世に送り出した孤高のヒットメーカー。

亀梨和也出演の映画『PとJK』ロケ地まとめ

亀梨和也出演の映画『美しい星』ロケ地まとめ

亀梨和也出演のドラマ『ボク、運命の人です。』撮影場所まとめ

深田雄子/松下奈緒

阿久悠の妻。阿久悠がまだ誰からも認められていない深田公之だった時代に、初めて阿久の才能を評価した女性。阿久が勤めていた広告代理店に入社して出会い、一年後に結婚、息子・太郎を産む。放送作家を始めた阿久の仕事は多忙を極め、2~3ヶ月に一度しか家に帰って来なくなり、ほぼ母子家庭の状態で太郎を育て上げた。

松下奈緒出演のドラマ『往復書簡』ロケ地まとめ

松下奈緒出演のドラマ『特命指揮官 郷間彩香』撮影場所まとめ

松下奈緒出演のドラマ『天才バカボン2』撮影場所まとめ

松下奈緒出演のドラマ『トットちゃん!』キャストまとめ

深田太郎/志水透哉(5歳)、荒木飛羽(11歳)

阿久(亀梨和也)と雄子(松下奈緒)の息子。

 

上村一夫/田中圭

阿久悠の広告代理店時代の同僚。「昭和の絵師」と呼ばれた漫画家で、阿久をして「生まれて初めて出会った天才」と言わしめた。正反対の性格だが、ふたりは生涯の友人であり、阿久が唯一仕事の苦悩や思いを話していた人物だった。

田中圭出演のドラマ『望郷』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『ガードセンター24』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『グッドモーニング・コール』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『感情8号線』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『おっさんずラブ』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『探偵少女アリサの事件簿』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『東京タラレバ娘』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ『恋がヘタでも生きてます』撮影場所まとめ

田中圭出演のドラマ【警視庁捜査一課長2』撮影場所まとめ

田中圭出演の映画&ドラマ『伊藤くんA to E』ロケ地まとめ

田中圭出演のドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』キャストまとめ

吉金章/和田正人

『スター誕生!』のディレクター。番組立ち上げのときから先頭に立ってスタッフを牽引した熱血男。常に自信に満ち溢れていて、部下たちからは“鬼”と呼ばれて恐れられているが、実は人情家で涙もろい。

和田正人出演のドラマ『孤独のグルメ正月SP2017』撮影場所まとめ

和田正人出演のドラマ『マッサージ探偵ジョー』撮影場所まとめ

和田正人出演のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』撮影場所まとめ

和田正人出演のドラマ『黒革の手帖』キャストまとめ

和田正人出演の映画『関ヶ原』ロケ地まとめ

都倉俊一/加藤シゲアキ

『スター誕生!』の審査員。作曲家。外交官の息子で海外育ち。学習院大学在学中に作曲家デビューした、クールな天才。1970年代、阿久とコンビを組んで様々な歌手のヒット曲を連発。日本の主要な音楽賞のほとんどを受賞し、一時代を築き上げた。

加藤シゲアキ出演のドラマ『盲目のヨシノリ先生』撮影場所まとめ

加藤シゲアキ出演のドラマ『嫌われる勇気』撮影場所まとめ

池沢文男/八嶋智人

『スター誕生!』のプロデューサー。当時まだ放送作家と作詞家を掛け持ちしていた阿久悠に声をかけ、伝説のオーディション番組『スター誕生!』を立ち上げた。番組をこよなく愛し、スタッフ、出演者から信頼され慕われていた心優しきテレビマン。

八嶋智人出演のドラマ『大岡越前スペシャル』撮影場所まとめ

八嶋智人、迫田孝也出演のドラマ『北風と太陽の法廷』撮影場所まとめ

八嶋智人出捐の映画『こいのわ 婚活クルージング』ロケ地まとめ

本城/東幹久

阿久(亀梨和也)の元上司。

東幹久出演のドラマ『巨悪は眠らせない』撮影場所まとめ

江原/梅沢富美男

日本テレビの制作部長。

藤田/大野拓朗

日本テレビ・プロデューサー。

大野拓朗出演のドラマ『がっぱ先生』撮影場所まとめ

大野拓朗出演のドラマ『猫忍』撮影場所まとめ

大野拓朗出演の映画『サバイバルファミリー』ロケ地まとめ

大野拓朗出演のドラマ『三匹のおっさん3』撮影場所まとめ

大野拓朗出演のドラマ『わろてんか』キャストまとめ

石村/迫田孝也

芸能プロのマネージャー。

迫田孝也出演の映画『古都』ロケ地まとめ

迫田孝也出演のドラマ『刑事夫婦3』撮影場所まとめ

飯塚/袴田吉彦

レコード会社のディレクター。

袴田吉彦出演のドラマ『花嵐の剣士』撮影場所まとめ

袴田吉彦出演のドラマ『銭形警部』撮影場所まとめ

袴田吉彦出演のドラマ『深層捜査 ドクター大嶋二郎の事件日誌』撮影場所まとめ

袴田吉彦出演のドラマ『FF14 光のお父さん』撮影場所まとめ

三木たかし/コッセこういち

作曲家。

中村泰士/畠中正文

作曲家。

松田トシ/池谷のぶえ

音楽家。

池谷のぶえ出演のドラマ『残酷な観客達』撮影場所まとめ

東/尾上寛之

ディレクター。

尾上寛之出演の映画『3月のライオン』ロケ地まとめ

小野寺/牧田哲也

ディレクター。

牧田哲也出演の映画『一礼して、キス』ロケ地まとめ

人物相関図

スタッフ情報

脚本/松田裕子

代表作に映画『兄に愛されすぎて困ってます』、『きょうのキラ君』、『L・DK』、『恋文日和』、ドラマ『東京タラレバ娘』、『花咲舞が黙ってない』、『ホテルコンシェルジュ』、『近キョリ恋愛』、『美咲ナンバーワン!』、『ごくせん』など

演出/菅原伸太郎

代表作にドラマ『視覚探偵日暮旅人』、『レンタル救世主』、『世界一難しい恋』、『ど根性ガエル』、『弱くても勝てます』、『ろくでなしBLUES』など

次ページ 『時代を作った男 阿久悠物語』のロケ地

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • ロケ地ですが、ドラマ終盤で阿久悠と上村一夫が最後に会ったバーが
    三鷹の「武蔵野オーセンティックバーREKI 」との事です。
    友人の行きつけのバーでよく行くそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。