『メゾン・ド・ポリス』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【高畑充希主演の刑事ドラマ】

メゾン・ド・ポリス
2019年1月からTBS系の金曜22時から放送スタートの冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』。加藤実秋の小説を原作に、高畑充希、西島秀俊ら豪華キャストが出捐することで話題になっています。そこで今回は『メゾン・ド・ポリス』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『メゾン・ド・ポリス』のあらすじ&原作

あらすじ

柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)は念願かなって刑事課に配属されて2年目、やる気に満ち溢れていた。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのだ。

ひよりは夏目に話を聞きにきたのだが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいく。警察を退職した、いまや一般人のおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の謎の一言で話は進んでいってしまう。

こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まった。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのだが──。(公式ホームページから引用)

原作は加藤実秋の小説

ドラマの原作は加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」と「メゾン・ド・ポリス 退職刑事とエリート警視」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

 

『メゾン・ド・ポリス』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

牧野ひより(まきの・ひより)/高畑充希

高畑充希

主人公の新人刑事。退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

夏目惣一郎(なつめ・そういちろう)/西島秀俊

西島秀俊

エプロン姿でメゾンの使用人を務めるが、2年前までは警視庁捜査一課の敏腕刑事だった。

高平厚彦(たかひら・あつひこ)/小日向文世

小日向文世

役警察官時代は事務畑一筋で現在はメゾンの管理人を務める。

藤堂雅人(とうどう・まさと)/野口五郎

野口五郎

元科学捜査研究所勤務の博士で白衣がトレードマークのインテリ紳士。

 

迫田保(さこた・たもつ)/角野卓造

角野卓造

定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事。

伊達有嗣(だて・ありつぐ)/近藤正臣

近藤正臣

メゾンの大家で白髪と笑顔が似合う好々爺。

追加キャストは随時更新します。

人物相関図

相関図は発表があり次第、追加します。

スタッフ情報

脚本/黒岩勉

代表作にドラマ『LIAR GAME2』、『謎解きはディナーのあとで』、『dinner』、『すべてがFになる』、『ようこそ、わが家へ』、『サムライせんせい』、『僕のヤバイ妻』、『貴族探偵』、『重要参考人探偵』、『探偵物語』、映画『LIAR GAME』、『悪と仮面のルール』など

演出/佐藤祐市

代表作にドラマ『時をかける少女』、『将太の寿司』、『古畑任三郎』、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』、『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』、映画『キサラギ』、『脳内ポイズンベリー』、『累-かさね-』、『ういらぶ。』など

主題歌/不明

最後に

高畑充希主演というだけで期待値が上がりますよね。西島秀俊ら脇を固めるキャストも秀逸なので、ぜひ視聴したいドラマです。

【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。