『義母と娘のブルース』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【綾瀬はるかと竹野内豊出演ドラマ】

義母と娘のブルース

2018年7月からTBS系火曜22時枠で放送スタートの夏ドラマ『義母と娘のブルース』。桜沢鈴の4コマ漫画を原作とした実写ドラマで、綾瀬はるかや竹野内豊ら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は『義母と娘のブルース』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『義母と娘のブルース』に関連する記事はこちら↓↓

『義母と娘のブルース』のあらすじ&原作

あらすじ

親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、満ち足りている時には気がつかない。しかし、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか…。本ドラマは、バリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

当たり前の日常に、実は満ち溢れている、こんな温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通してお届けする。(公式ホームページから引用)

新境地へと突き進む綾瀬はるか

2017年10月-12月期の秋ドラマ『奥様は、取り扱い注意』で主婦役を演じ新たな新境地を開いた綾瀬はるか。ただ、このドラマは主婦でありながら、破壊的な戦闘能力と分析眼をもつ”特殊すぎる奥様”という役柄。そのため、アクション演技に定評のある”綾瀬はるかの範囲内”の演技と言えるものでした。

母親×主婦

今回はキャリアウーマンで連れ子の子どもを持つ母親ではあるものの、母親×主婦という新境地に本格的に進出していきますね。切れ味抜群の演技をする一方、バラエティなどではほんわかとした柔らかさを魅せる綾瀬はるか。きっと良い母親を演じてくれるのではないでしょうか。このドラマで彼女が新しいステージへと向かっていくきっかけになるかもしれませんね。

綾瀬はるか×森下佳子

そして、ドラマの脚本を担当するのは森下佳子。これまで数々の名作を世に送り出してきた名脚本家の一人。特筆すべきは『世界の中心で、愛をさけぶ』や『白夜行』、『わたしを離さないで』などの綾瀬はるか出演作を数多く手がけてきたこと。綾瀬はるかの魅力を理解し、最大限に発揮する脚本を書いてくれることが期待できます。

円熟味を増してきた竹野内豊にも注目

共演する竹野内豊は1990年代半ばにブレークして以降、20年以上もトップ俳優の一人として活躍し続けてきました。円熟味を増した彼の演技と存在感がこのドラマをさらに盛り上げてくれそうですね。

原作は桜沢鈴の4コマ漫画

ドラマの原作は桜沢鈴の同名4コマ漫画。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】その他コミック 義母と娘のブルース / 桜沢鈴
価格:330円(税込、送料別) (2018/5/1時点)

 

『義母と娘のブルース』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

岩木亜希子/綾瀬はるか

綾瀬はるか

業界トップシェアの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。誰よりも真面目でその真面目さゆえ、“土掘り土下座”という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫。

【綾瀬はるか】

  • 1985年3月24日生まれ
  • 広島県広島市出身
  • 血液型はB型
  • 代表作にドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『ホタルノヒカリ』、『JIN-仁』、『八重の桜』、『きょうは会社休みます。』、『奥様は、取り扱い注意』、映画『僕の彼女はサイボーグ』、『ICHI』、『ハッピーフライト』、『海街diary』、『本能寺ホテル』、『今夜、ロマンス劇場で』など

綾瀬はるか出演の映画『海街diary』ロケ地まとめ

綾瀬はるか出演の映画『海賊とよばれた男』ロケ地まとめ

綾瀬はるか出演の映画『本能寺ホテル』ロケ地まとめ

綾瀬はるか出演の映画『今夜、ロマンス劇場で』ロケ地まとめ

綾瀬はるか出演のドラマ『精霊の守り人 悲しき破壊神』撮影場所まとめ

綾瀬はるか出演のドラマ『奥様は、取り扱い注意』キャストまとめ

宮本良一/竹野内豊

竹野内豊

老舗の金属会社に勤める。8歳の娘を持つ父親。朗らかな性格で日々、小さな奇跡を見つける目利きであり、周囲を和ませることについては天下一品。「みやもっちゃん」の愛称で親しまれ、職場では「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」と年齢性別を問わず社員に大人気。小さなことは気にせず、鈍感とも言えるし、包容力が大きいともいえる男。ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

【竹野内豊】

  • 1971年1月2日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『星の金貨』、『理想の結婚』、『ビーチボーイズ』、『氷の世界』、『真夏のメリークリスマス』、『できちゃった結婚』、『ヤンキー母校に帰る』、『輪舞曲』、『グッドパートナー 無敵の弁護士』、『この声をきみに』、映画『冷静と情熱のあいだ』、『あの空をおぼえてる』、『人生の約束』など

竹野内豊出演の映画『ラストレシピ』ロケ地まとめ

竹野内豊出演の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ロケ地まとめ

竹野内豊出演のドラマ『この声をきみに』キャストまとめ

竹野内豊出演のドラマ『ミッドナイト・ジャーナル消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』撮影場所まとめ

麦田章/佐藤健

佐藤健

フーテンのダメ男。なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年。亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす。しかし、彼の根底にはある想いが…。

【佐藤健】

  • 1989年3月21日生まれ
  • 埼玉県さいたま市出身
  • 血液型はA型
  • 代表作ドラマ『仮面ライダー電王』、『龍馬伝』、『Q10』、『ビター・ブラッド』、『天皇の料理番』、『メイちゃんの執事』、『半分、青い。』、映画『るろうに剣心』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『バクマン。』、『世界から猫が消えたなら』、『亜人』、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など

佐藤健出演の映画『何者』ロケ地まとめ

佐藤健出演の映画『亜人』ロケ地まとめ

佐藤健出演の映画『8年越しの花嫁』ロケ地まとめ

佐藤健出演の映画『いぬやしき』ロケ地まとめ

佐藤健出演の映画『ハード・コア』ロケ地まとめ

佐藤健出演の映画『億男』ロケ地まとめ

佐藤健出演のドラマ『半分、青い。』キャストまとめ

宮本みゆき/横溝菜帆(子役)

横溝菜帆

良一の娘。8歳の小学校3年生。勉強は苦手で、のんびり屋で朗らか。母親の死に大きな影響を受け、それ以降、内弁慶になってしまう。良一の前では明るく振舞っているが、学校では内側に引きこもってしまい、以前を知っているヒロキからからかわれている。

【横溝菜帆】

  • 2008年3月27日生まれ
  • 代表作に映画『兄に愛されすぎて困ってます』、ドラマ『平清盛』、『息もできない夏』、『若者たち2014』、『アイムホーム』、『精霊の守り人シーズン1』、『時をかける少女』など

 

宮本みゆき(高校生)/上白石萌歌

上白石萌歌

亜希子の娘で高校生。物語はみゆき(上白石萌歌)目線で進み、ナレーションを担当する。

【上白石萌歌】

  • 2000年2月28日生まれ
  • 鹿児島県鹿児島市出身
  • 女優の上白石萌音の妹
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『幽かな彼女』、映画『ハルチカ』、『羊と鋼の森』など

上白石萌歌出演の映画『金メダル男』ロケ地まとめ

上白石萌歌出演の映画『ハルチカ』ロケ地まとめ

上白石萌歌出演の映画『3D彼女リアルガール』ロケ地まとめ

上白石萌歌出演の映画『羊と鋼の森』ロケ地まとめ

田口朝正/浅利陽介

浅利陽介

光友金属営業部所属、亜希子の部下。亜希子をとても尊敬していて、明るく何事にも一生懸命な青年。たまに空回りしていることもあり亜希子に迷惑をかけることも。人一倍オシャレに気を遣っている。

【浅利陽介】

  • 1987年8月14日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『キッズ・ウォー』、『新選組!』、『タイガー&ドラゴン』、『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』など

浅利陽介出演のドラマ『相棒16』キャストまとめ

浅利陽介出演のドラマ『キッドナップ・ツアー』撮影場所まとめ

浅利陽介出演のドラマ『温泉殺人事件シリーズ3 修善寺温泉殺人事件』撮影場所まとめ

浅利陽介出演のドラマ『コード・ブルー3』キャストまとめ

浅利陽介出演のドラマ『風雲児たち~蘭学革命篇~』撮影場所まとめ

浅利陽介出演のドラマ『DOCTORS 最強の名医2018』撮影場所まとめ

浅利陽介出演のドラマ『執事 西園寺の名推理』撮影場所まとめ

浅利陽介出演の映画『ブルーハーツが聴こえる』ロケ地まとめ

浅利陽介出演の映画『劇場版コード・ブルー』ロケ地まとめ

笠原廣乃進/浅野和之

浅野和之

桜金属工業営業部所属、良一の上司。ライバル企業である光友金属を目の敵にしており、光友の業績があがるほど良一に扇子などであたり始める。毎回良一のおっとりしているところに怒ってはいるが、憎めない良一を心配し、気にかけている。

【浅野和之】

  • 1954年2月2日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『僕の生きる道』、『アテンションプリーズ』、『3年B組金八先生』、『きょうは会社休みます。』など

浅野和之出演の映画『海賊とよばれた男』ロケ地まとめ

浅野和之出演のドラマ『母になる』キャストまとめ

浅野和之出演のドラマ『コウノドリ2017』キャストまとめ

浅野和之出演のドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』キャストまとめ

浅野和之出演のドラマ『黒井戸殺し』撮影場所まとめ

下山和子/麻生祐未

麻生祐未

下山不動産の噂好きおばちゃん。地域のファミリーサポート人にも名を連ねており、亜希子が来るまでみゆきの世話を時々していた人物。口が軽く、悪く、かつ、お節介。だが地域からこういう人がいなくなると困るであろう、そういうおばちゃんでもある。亜希子は下山さんを 「貴重な情報源」 とみなし、親睦を深めていく。

【麻生祐未】

  • 1963年8月15日生まれ
  • 長崎県長崎市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『君が嘘をついた』、『JIN-仁』、『カーネーション』、『あなたのことはそれほど』、『特命刑事 カクホの女』など

麻生祐未出演の映画『疾風ロンド』ロケ地まとめ

麻生祐未出演の映画『キセキ-あの日のソビト-』ロケ地まとめ

麻生祐未出演のドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』撮影場所まとめ

麻生祐未出演のドラマ『望郷』撮影場所まとめ

麻生祐未出演のドラマ『あなたのことはそれほど』キャストまとめ

麻生祐未出演のドラマ『みをつくし料理帖』撮影場所まとめ

麻生祐未出演のドラマ『信濃のコロンボ5』撮影場所まとめ

麻生祐未出演のドラマ『オーファン・ブラック七つの遺伝子』撮影場所まとめ

麻生祐未出演のドラマ『特命刑事 カクホの女』キャストまとめ

麻生祐未出演のドラマ『税務調査官 窓際太郎の事件簿33』撮影場所まとめ

愛/奥山佳恵

奥山

良一の亡き妻でみゆきの実母。良一とは深夜のラーメン店で出会い結婚した。ひまわりの様な笑顔と太陽のような明るさで家族に笑いをもたらしていた。通販番組を見るのが好きで、良一の家には生前に愛が購入した通販グッズが溢れている。

【奥山佳恵】

  • 1974年3月11日生まれ
  • 東京都目黒区出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『東京エレベーターガール』、『悪魔のKISS』、『愛の流星』など

 

友井智善/川村陽介

川村陽介

麦田の友人。いたるところで麦田に偶然会う。そのたびに職業を変えている麦田にあきれつつも心配もしている。麦田の突拍子もない言い間違いも冷静につっこむほど親しい仲。現在、映像関係の会社で AD をしている。

川村陽介出演のドラマ『信濃のコロンボ4』撮影場所まとめ

川村陽介出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

川村陽介出演のドラマ『下克上受験』撮影場所まとめ

川村陽介出演のドラマ『警視庁岡部班~倉敷殺人事件~』撮影場所まとめ

西条乙女/橋本真実

橋本真実

みゆきの通う学童保育の職員。母親を亡くしたみゆきをいつも心配しており、子どもたちにとっては優しいお姉さん。子どもたちのためになら親を怒ることもできる、しっかり者で芯の強い女性。

 

猪本寧/真凛

真凛

桜金属工業営業部に所属、良一の部下。社員からは 「いのもっちゃん」 と言われており、営業部のなかでも明るい女性。結婚しており、良一の悩み相談にもよく乗っている。

真凛出演のドラマ『赤ひげ』キャストまとめ

真凛出演のドラマ『ぼくは愛を証明しようと思う』キャストまとめ

真凛出演のドラマ『いつまでも白い羽根』キャストまとめ

前原大輔/村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

村本大輔

光友金属営業部所属、亜希子の部下。後輩にあたる田口とは違い、エリートサラリーマンの風情。後輩のいかなるミスも許さず、執拗に詰め寄る。

 

黒田大樹(ひろき)/大智(子役)

大智

みゆきのクラスメイト。ガキ大将な少年であるが、困った人を放っておけない優しい一面も。ことあるごとにみゆきにブス!と言っては構っているが、その真意は…?

 

黒田大樹/井之脇海

井之脇海

高校3年生になった黒田大樹。

宇梶剛士

宇梶剛士

麦田 (佐藤健) の父親。

ユナ/水谷果穂

水谷果穂

みゆきの親友。

堀内孝雄(ゲスト出演者)

松居直美(ゲスト出演者)

伊藤さおり(ゲスト出演者)

三遊亭小遊三(ゲスト出演者)

奥貫薫(ゲスト出演者)

みゆきの同級生の母親。

春日井静奈(ゲスト出演者)

みゆきの同級生の母親。

山口香緒(ゲスト出演者)

みゆきの同級生の母親。

西尾まり(ゲスト出演者)

みゆきの同級生の母親。

小松/林泰文(第4話のゲスト出演者)

良一が通う病院の医師。

中村アン(第9話のゲスト出演者)

麦田に近づく謎の女。

川田裕美(第9話のゲスト出演者)

テレビのリポーター。

第1章の相関図

相関図

第2章の相関図

人物相関図

スタッフ情報

ナレーション/上白石萌歌

脚本/森下佳子

代表作にドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』、『瑠璃の島』、『白夜行』、『MR.BRAIN』、『JIN-仁』、『とんび』、『ごちそうさん』、『天皇の料理番』、『わたしを離さないで』、『おんな城主直虎』、映画『花戦さ』など

主題歌/MISIA 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」

 

スポンサードリンク

 

『義母と娘のブルース』に期待する視聴者の声

このドラマへの期待に関する視聴者アンケートを実施しました。

どんな風にお母さんになっていくんだろう?(40代女性・主婦)

綾瀬はるかさんがお母さん役なんて、ちょっと想定外でしたまた、紹介されていた原作の4コマに子供との接し方がよくわかりませんありましたが、ふつーに子供を産んだ私も、やっぱりよくわからないです綾瀬はるかさん自身も含めて、主人公がどんな風にお母さんになっていくんだろう楽しみです

幸せな家庭を見せてほしい(30代男性・アルバイト)

入手困難な幻の4コマ漫画が原作だそうで劇的でドラマチックな物語というよりは大人の女性の日常を描いたほのぼの描いた優しいドラマになりそうな感じです主演の綾瀬はるかさんと相手役の竹野内豊さんはどちらも実力のある役者さんですのでそんな二人の夫婦役が見られるというのも楽しみですドラマを見た視聴者が癒され憧れるような幸せな家庭を見せてほしいですね

すごく楽しみなドラマ(30代女性・主婦)

自分の子供でさえも考えが違うのに血の繋がらない子供を子供に接するとこのないキャリアウーマンが理解できるのかがすごく楽しみなドラマだと思います綾瀬はるかさんがキャリアウーマンって言うのもピンときませんが母親役をするのもイメージが湧かないのでそこも見所なのかと思います

主婦と同時進行で労働する大変さが男性の視聴者に伝わる(20代女性・学生)

綾瀬はるかが義母役を演じてもおかしくないような年齢になっていたことに驚きを覚えた男女平等を認めるように促進している現代社会を生きる人々がこのドラマを見るというのも重要ではないのだろうかとも感じた女性は主婦で家を守るのではなく女性も主婦と同時進行に労働するということの大変さを男性の視聴者に伝わるとともに専業主婦の女性も何らかの共感を得るといいと感じた

4コマ漫画を少し読んでみたい(50代女性・主婦)

どちらかというと綾瀬はるかさんはキャリアウーマンという印象がないので、どんな風に演じるのか気になります。お母さん(義母)というのも今まで見た事がないし、ハートフルな物語というのも楽しみです。子役の発表がまだないようなので、新しい情報を早く知りたいですね。原作の漫画が4コマ漫画なので、ドラマの前にと思いました。

可愛らしいイメージの綾瀬はるかさん(30代女性・主婦)

4コマ漫画が原作ということで、実写化された登場人物たちが動き回るのが楽しみです。仕事一筋で生きてきたキャリアウーマンを可愛らしいイメージの綾瀬はるかさんがどんな風に演じるのか今から期待が高まります。日常にある何気ない優しさや思いやりに出会えそうなドラマになりそうです。

優しいストーリー(40代女性・会社員)

晩婚化が進み、結婚したいと思ったときには既にめぼしい人は既婚者。そんな現代にありがちなシチュエーションに共感できそうな予感がします。しかも、ストーリーは義母と娘の愛憎劇ではなく、ほっこりする優しいストーリー。ふと気づいたときは婚期を過ぎていた。という女性が前向きに結婚を考えられる気持ちになるような、結婚や家族の素敵な部分を再認識できるようなストーリーに期待します。

ちょっぴり涙出そうな予感(40代女性・会社員)

あらすじだけでなんだかかわいい、ちょっぴり涙出そうな予感満載です。癒やし系の綾瀬はるかさんがバリバリのキャリアウーマンというのもスマートできれるイメージの強い竹野内豊さんが鈍感で包容力の大きいパパというのも意外です。自分の中にも新たな自分を見つけ出せそうな期待を持たせてくれる感じがします。

天然なふわふわしたイメージですが(30代女性・主婦)

4コママンガがどのようにドラマになるのかとても興味深いです。まずは4コママンガを先に読んでからドラマをみたいと思っています!!また、出演者が綾瀬はるかと竹野内豊と豪華なキャストに感激。綾瀬はるかは天然なふわふわしたイメージですがお母さんをどんな風に演じるのか楽しみです。

綾瀬はるかさんが大好き(30代女性・主婦)

綾瀬はるかさんが大好きなのでとても楽しみです。しかも役どころが義母というのが今までなかった役でどう演じるのか楽しみです。相手役の竹野内豊さんも演技派でとても好きです。二人が夫婦役ということでとても期待が大きいドラマです。特に大きな事件が起きるわけではなく日常を描いているということで家族で見たいと思いました。

最後に

豪華キャストと秀逸な制作陣で挑む『義母と娘のブルース』。7月-9月期の夏ドラマで最注目作品の一つと言っても過言ではないでしょう。

『義母と娘のブルース』に関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。