ドラマ『柴公園』ロケ地&三郷市の撮影場所、キャスト、犬一覧、あらすじまとめ!

柴公園
2019年1月10日(木)23時からテレビ神奈川ほかで放送スタートの冬ドラマ『柴公園』。柴犬と渋川清彦らおっさんの日常を切り取った作品ということで注目されています。そこで今回は『柴公園』の舞台となる埼玉県三郷市の撮影場所やロケ地、気になるキャストやあらすじ、登場犬の一覧について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『柴公園』のあらすじ&原作

日常の発見をひたすら考察、時に議論は白熱、魂のやりとりさながらの凌ぎあいに発展。しかし、それはただの「ダベリ」。おっさんらには、何の目的もなっしんぐ。「どうでもいい。」がゆるせない。なにげに尊いおっさんたちの公園シバイヌライフがはじまる。

都市開発が進む街の昔からある公園。柴犬を散歩するあたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、朝夕決まった時間にやって来る顔見知りで、犬の名前しか知らないフラットな関係性。ある日、道に落ちていた犬のフンの犯人をつきとめようとした彼らだったが・・・。(公式ホームページから引用)

原作は紙吹みつ葉の小説

ドラマの原作は紙吹みつ葉の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

『柴公園』のキャスト&登場犬、スタッフ情報

キャスト

あたるパパ/渋川清彦

渋川清彦

柴犬・あたるの飼い主。40歳、独身。大雑把な性格だが、こだわると長い。

じっちゃんパパ/大西信満

大西信満

柴犬・じっちゃんの飼い主。42歳、妻あり。アカデミックで、雑学を披露したがる癖有。

さちこパパ/ドロンズ石本

ドロンズ石本

柴犬・さちこの飼い主。38歳、妻子あり。天然で熱くなりがち。

ポチママ/桜井ユキ

桜井ユキ

柴犬・ポチの飼い主。美人なのに、コミュ力が抜群に低め。

謎のイケメン/水野勝

水野勝

全てが謎。何かを企んでいる?不敵な笑みが特徴。

校長先生/山下真司

山下真司

中学校の校長先生。元熱血。毎朝、校門で生徒の登下校を見守っている。

芝二郎/佐藤二朗

佐藤二朗

不惑の40代ニート。愛犬の一郎と人生模索中?

登場犬一覧

あたる/喜[きい]

喜

赤柴のオス。裸族で自由気まま。

じっちゃん/くう

くう

黒柴のオス。パパに似ておしゃれで元気。

さちこ/なな

なな

赤柴のメス。おっとりしていて物分りがいい。

ポチ/パコ

パコ

白柴メス。過去があるっぽい。

一郎/いっちゃん

いっちゃん

赤柴の子犬。尋常ならざる愛らしさはもはや凶器。

スタッフ情報

監督/綾部真弥、田口桂

脚本/永森裕二

代表作にドラマ『人狼ゲーム』、『猫忍』、『猫侍』、『ねこタクシー』、『ネコナデ』、映画『ゼニガタ』など

主題歌/「カンタンアイテラス」

スポンサードリンク

『柴公園』ロケ地&撮影場所まとめ

『柴公園』は2018年10月から12月にかけて撮影が行われたました。12月の上旬にクランクアップしています。

埼玉県三郷市のカンガルー公園

カンガルー公園

埼玉県三郷市にあるカンガルー公園。ここが『柴公園』の舞台となる公園のロケ地になったと三郷市が発表しています。

予告動画でもカンガルー公園が映っていましたね。

柴公園

また、2018年10月から11月にかけてカンガルー公園でロケをしていたという目撃情報が相次ぎました。

カンガルー公園の住所:

 

柴犬の撮影オフショットが可愛い!

柴犬たちのドラマの撮影オフショットが公開されていました。どれも可愛い犬ばかりで癒やされますよね。

新たなロケ地が判明したら更新します。

【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。