『刑事ゼロ』ロケ地&京都や神戸の撮影場所、キャスト、あらすじ!【沢村一樹主演ドラマ】

刑事ゼロ
2019年1月10日(木)20時からテレビ朝日系で放送スタートの冬ドラマ『刑事ゼロ』。沢村一樹、瀧本美織、寺島進らが出演する刑事ドラマということで話題になっています。そこで今回は『刑事ゼロ』の舞台となる京都や神戸のロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『刑事ゼロ』に関連する記事はこちら↓↓

『刑事ゼロ』のあらすじ

かつて、これほどまでに“まっさら”な刑事がいただろうか…!?ベテランでありながら、20年間の記憶を失い、刑事としての常識も捜査テクニックもノウハウも何もかもが消えてしまった、“ゼロ状態”の男!2019年新春、沢村一樹が、異端のヒーローを作り出す!

刑事ゼロ

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事。だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中、廃工場の貯水プールに転落。病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気づく…!

時矢は見舞いにやって来た元相棒・福知市郎(寺島進)のことを暴力団関係者と誤解するばかりか、新たにコンビを組むよう命じられた新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくり。その遺留品を見せられても、まるでピンとこない。

記憶喪失のことを周囲に打ち明ける間もないまま、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった時矢。被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙げ句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。このテープが示す図は、犯人からのメッセージなのか!? メッセージといえば、府議会議員殺害現場にもアルファベットなのか記号なのかわからない血文字が残されていたが、有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない…。

ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は、「同じ匂いがする…!」と、驚愕の一言を発する。実は、失った記憶の代わりに鋭い嗅覚など研ぎ澄まされた五感が備わった時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取ったのだ。

敏腕刑事と周囲には思われている時矢のつぶやきがきっかけとなって、あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになったが、2つの事件が同一犯による連続殺人であるという根拠はほかに何も見当たらず、捜査は難航。時矢の立場は、本部内で微妙なものに…。

そんな中、時矢は2つの事件に残された図形が香りを聞き分ける遊び、“組香(くみこう)”に関係しているのではないかと直感。調べを進めるうち、事件の周辺に高名な小説家・鳴島恭三(小林稔侍)の影がちらついてくるが、その矢先、第三の事件が起きて…!?

スポンサードリンク

『刑事ゼロ』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

時矢暦彦(ときや・れきひこ)(51)/沢村一樹

沢村一樹

京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事、警部補。31歳で刑事を拝命して以降、捜査一課刑事として数々の難事件を解決。“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な男だった。だが、ある事件の容疑者追跡中に転落事故に遭い、刑事として生きてきた20年間の記憶を失ってしまう。記憶を失う前は、組織捜査と客観的証拠を重視した捜査を行っていた。ところが――記憶が消えてからの彼は、一転して小心者で自信喪失気味の男に。タフさも信念も鳴りをひそめ、周囲の目を気にしてビビリまくり。だが、犯罪を憎む根っからの正義感は失っておらず、記憶を失う前の時矢とはまったく違ったアプローチで事件に臨む。バツイチだが、妻に関する記憶も失っていて…。

佐相智佳(さそう・ともか)(29)/瀧本美織

瀧本美織

京都府警本部刑事部・捜査一課13係の新人刑事。長年、刑事部の庶務係として事務仕事に専念してきて、ようやく念願の府警本部捜査一課に配属されたばかり。“京都府警に時矢あり”といわれるほど優秀な刑事・時矢暦彦に憧れ、彼が手がけた事件の調書をすべて読み込み、頭の中にすべてインプットしている。そのため、時矢の記憶喪失が周囲にバレないよう、彼の“バックアップデータ”もしくは“取扱説明書”の役割を担うハメに…。性格は、生真面目で努力家。仕事一途の生活を送って来たため、恋愛経験は少なめ。ビフォー時矢に憧れていたが、今の時矢の情けない姿を目の当たりにして、実は百年の恋も醒めてしまった状態で…!?

福知市郎(ふくち・いちろう)(54)/寺島進

寺島進

京都府警本部刑事部・捜査一課13係、警部補。時矢暦彦とバディを組んで幾多の事件を解決してきたベテラン刑事。スマートでハンサムな時矢に対して、強面でガラの悪い相方として扱われてきたため、一方的に時矢をライバル視。時矢が失脚すれば、自分が次の主任になれると思い込んでいる。

内海念也(うつみ・としや)(32)/横山だいすけ

横山だいすけ

京都府警本部刑事部・捜査一課13係、巡査部長。新人刑事・佐相智佳が配属される前までは13係の最年少メンバーだったため、若手刑事として体を張って捜査に当たってきた。新たに福知とコンビを組むことになったが、時矢の失脚を虎視眈々と狙う福知には若干、引き気味で…!?

背川葉奈(せがわ・はな)(40)/猫背椿

猫背椿

京都府警鑑識課・第6係。犯罪現場に臨場して遺留品を採取し、時矢たち刑事に状況を報告する鑑識課員。時矢の大ファンで、隙あらば時矢にすり寄ろうとする。ウワサ好きで、どんなSNSよりも情報の拡散スピードが速い、と恐れられている。

根本留夫(ねもと・とめお)(56)/渡辺いっけい

渡辺いっけい

京都府警本部刑事部・捜査一課13係係長、警部。長年捜査畑を歩いて来たベテラン。人当たりもよく、温厚な人柄で13係をまとめているようだが…実は常に上の方しか見ていない“ヒラメ男”。定年までにもう一階級出世したいという貪欲な欲求を抱いている。

奥畑記子(おくはた・のりこ)(48)/財前直見

財前直見

時矢の元妻。京都第三弁護士会所属の弁護士。刑事事件を多く担当しており、7年ほど前に、ある事件を通して、当時すでに刑事だった時矢と出会い、電撃的に結婚。ところが、2人の間に何があったのか、数年後には協議離婚が成立。以降は独身を貫いている。勝気な性格で弁護士ゆえに弁も立ち、口げんかでは誰にも負けない。一度決めたらテコでも動かない頑固な気質もあり、時矢との離婚も半ば勢いと意地で進めてしまったため、心の奥底では彼への未練がくすぶっている。

生田目守雄(なまため・もりお)(66)/武田鉄矢

武田鉄矢

時矢暦彦の母方の伯父。京都市内で小さな診療所を営んでいる医師。時矢が制服警官時代に相次いで両親を亡くしてから、親代わりとして何かと相談に乗って来た。離婚して住まいを失った時矢を、自宅に下宿させている。医師ゆえに精神医学や心理学にも詳しく、時矢が刑事としての記憶を取り戻すため専門家的アドバイスをするなど、ひょうひょうとしているように見えて、身内として時矢のことを心から気に掛けている。

ゲスト出演者

鳴島恭三/小林稔侍(第1話のゲスト出演者)

高名な小説家。

能見冬馬/高橋光臣(第1話のゲスト出演者)

時矢暦彦(沢村一樹)が記憶喪失前に追っていた容疑者。

富田靖子(第1話のゲスト出演者)

徳井優(第1話のゲスト出演者)

大澄賢也(第1話のゲスト出演者)

逢沢省三/剣持直明(第2話のゲスト出演者)

ファイナンス会社社長。7年前に自身の別荘の階段から転落死する。

芹野泰夫/中村靖日(第2話のゲスト出演者)

逢沢省三の別荘を設計した建築士。

円城明日香/いしのようこ(第2話のゲスト出演者)

逢沢省三の隣の別荘に住む出版社社長。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

監督/及川拓郎、田村直己、兼﨑涼介

脚本/戸田山雅司 ほか

代表作にドラマ『科捜研の女』、『スペシャリスト』、『相棒』、映画『UDON』など

主題歌/THE YELLOW MONKEY「I don’t know」

▶次ページ ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。