ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男~』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&撮影場所!【椎名桔平主演】

不発弾,ブラックマネーを操る男

2018年6月10日(日)22時からWOWOWで放送がスタートする夏ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男』。相場英雄の小説を原作に、椎名桔平、黒木メイサらが出演することで注目されています。

そこで今回は夏ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク

ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男~』のあらすじ&原作

あらすじ

1500億円もの「不適切会計」が露呈した大手電機メーカー・三田電機産業の記者会見。狼狽する社長を裏で操るひとりの男がいた――金融コンサルタント・古賀遼(椎名桔平)。捜査二課の管理官・小堀弓子(黒木メイサ)は、この「不適切会計」を「粉飾」と疑い、上場廃止にならないことに違和感を覚える。そんな中、三田電機の経営監査部長が自殺。

直後、古賀は同社相談役・東田章三(宅麻伸)と密会する。小堀はこの自殺に事件性があると疑い始めていた。一方、内縁の妻・村田佐知子(原田知世)に優しい笑みを浮かべる古賀。この男は一体何者なのか?

昭和52年――金と男にだらしない母親の下、貧しい炭鉱町で育った古賀。妹を東京に連れ出したい一心で、上司・中野哲臣(奥田瑛二)にノウハウをたたき込まれ、国民証券でのし上がっていくが――。

数年後、ある出来事を機に始まった古賀の復讐は、日本経済の深い地層に「不発弾」として仕掛けられていく。(公式ホームページから引用)

 

原作は相場英雄 の小説

ドラマの原作は相場英雄の小説「不発弾」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不発弾 (新潮文庫) [ 相場 英雄 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

 

 

ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男~』のキャスト&相関図、スタッフ情報

相関図

相関図

キャスト

古賀遼(良樹)/椎名桔平

金融コンサルタント。本名は古賀良樹。高卒ながらも証券会社でのし上がり、激動の時代を経て、金融コンサルタントに。自分の過去や本心をあまり語らない。周囲の人々や権力者の懐に入り込む狡猾さがあり、淡々と仕事をこなす一方で、ある復讐心を抱いている。

小堀弓子/黒木メイサ

警視庁捜査第二課 管理官・警視。捜査第二課第三知能犯捜査係(サンチ)の若きキャリア管理官。他係に手柄を持って行かれて実績を残せていないことに焦りを感じている。不適切会計の真相に迫ろうと躍起になるのは、正義感や野心以外にも理由が……。

今井春彦/堀部圭亮

警視庁捜査第二課 巡査部長。キャリア出身の小堀(黒木メイサ)より年上だが、小堀の右腕的存在の部下。

古賀良樹/三浦貴大

高校生~30歳頃までの古賀。貧しい炭鉱町で育ち、幼少時代に父親は死亡。妹と町を出たいと思っている。

古賀睦美/入山杏奈

古賀の妹。酒に溺れる母親を放っておけない優しい性格で、高校卒業後、母親のスナックで働くことに……。

 

岡田加津美/朝夏まなと

金融庁 証券取引等監視委員会課長。海外の投資銀行在籍時に、古賀と思われる男の噂を聞いており、小堀の捜査に協力する。

 

熊田章吾/デビット伊東

ノアレ食品副社長。大蔵省からの天下りで財テクに注力。欲深く、古賀に様々な資産運用を依頼する。

杉本匠/吉沢悠

外資系・ヘルマン証券。高卒の古賀とは対照的な高学歴のエリート。古賀の人生の転機に助言をし、仕事のパートナーともなる。

芦原恒三/勝山信吾

二世議員。若い頃から現三田電機相談役の東田(宅麻伸)と親交がある。後々、古賀の仕事に影響を及ぼしていく。 

 

古賀良美/山口美也子

古賀の母親。スナック経営をしながら女手一つで子供を育てているが、お金と男にだらしなく、太客の荒井とは愛人関係。 

 

荒井勝利/渡辺哲

大牟田合同信用金庫 理事長。地元の名士、良美の愛人。欲深く、古賀の妹・睦美にも手を出そうとし…。古賀が嫌悪している男。 

相楽優一郎/津嘉山正種

内外情報通信社。内外情報通信社という小さな事務所であらゆる情報を握っている謎の男。小堀に情報提供をする。 

東田章三/宅麻伸

日本逓信社長 三田電機産業 相談役。三田電機産業の社長を務め、現在は相談役。また、半官半民の巨大企業である日本逓信の社長でもある。秘書時代の下積み時代に古賀と知り合い、昔から古賀を可愛がっている。財界に広い人脈がある。 

東田章三/原田知世

日本逓信社長 三田電機産業 相談役。三田電機産業の社長を務め、現在は相談役。また、半官半民の巨大企業である日本逓信の社長でもある。秘書時代の下積み時代に古賀と知り合い、昔から古賀を可愛がっている。財界に広い人脈がある。 

中野哲臣/奥田瑛二

高井戸ヘルシーフード店主 古賀の元上司。古賀を一人前の金融マンに育て上げた、証券会社時代の上司。面倒見がよく、強気で親分肌。抜群の営業成績を誇り、古賀が入社当時から憧れていた人物であったが、段々と派手な生活を送るようになり……。 

スタッフ情報

監督/星野和成

代表作にドラマ『あいの結婚相談所』、『奪い愛、冬』、『嫌われる勇気』、『不機嫌な果実』、『お義父さんと呼ばせて』、『ホテルコンシェルジュ』、『アイムホーム』、『幽かな彼女』、『チーム・バチスタシリーズ』など

脚本/田中眞一

代表作にドラマ『チーム・バチスタシリーズ』、『GTO』、『みんな!エスパーだよ!』、『町医者ジャンボ!!』、『LOVE理論』、『怪奇恋愛作戦』、『警視庁いきもの係』、『執事 西園寺の名推理』など

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『不発弾~ブラックマネーを操る男~』ロケ地&撮影場所まとめ

谷中銀座商店街

谷中銀座商店街

東京都台東区にある谷中銀座商店街。JR山手線日暮里駅から徒歩数分の場所にあります。下町風情あふれる商店街として有名ですね。2月27日にここで椎名桔平と原田知世が撮影をしていたという目撃情報がありました。

谷中銀座商店街の住所:

 

珈琲焙煎工房ロアン

珈琲焙煎工房 ロアン

西武池袋線東久留米駅から徒歩5分ほどの場所にある珈琲焙煎工房 ロアン。3月31日にここで椎名桔平が撮影をしていたという目撃情報がありました。

珈琲焙煎工房 ロアンの住所:

 

東久留米の黒目川沿い

黒目川

東久留米駅の北西側に流れている黒目川。3月31日に黒目川沿いで黒木メイサがロケをしていたという目撃情報がありました。

黒目川:

この他のロケ地が判明したら、更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

最後に

WOWOWは見ごたえのあるドラマが多いですよね。今回の『不発弾』も間違いなく、重厚なストーリーになるのではないでしょうか。

【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。