『Re:フォロワー』ロケ地&図書館の撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

水戸市立西部図書館
2019年10月5日(土)深夜2時30分からテレビ朝日で、10月6日(日)23時35分からABCテレビで放送スタートの秋ドラマ『Re:フォロワー』。西銘駿、塩野瑛久、和田雅成、佐藤流司らが出演することで注目されています。そこで今回は『Re:フォロワー』の舞台となるロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

<『Re:フォロワー』をもう一度最初から観たい方へ↓↓>

Reフォロワー

『Re:フォロワー』見逃し動画の無料配信はこちら!【1話から最終回まで】

2019年10月5日
【2019秋ドラマ特集】

『Re:フォロワー』のあらすじ

とある図書館に集う4人の美しい男たち。彼らは図書館でただ暇を持てあましているニートに見えるが、実は世間で話題のSNS「クレシダ」を運営するメンバーだった。

≪「クレシダ」に悩みや不満をぶつけると、選ばれた者だけに「言葉」が与えられ、解決してくれる。≫

そんな噂で、「クレシダ」は圧倒的フォロワー数を誇る巨大インフルエンサーとなった。しかし、誰もその「クレシダ」を運営しているのが、この4人だとは知らない。リーダーの一十三が依頼者を選び、公人が言葉を与え、友木が情報収集、優作が潜入。4人がそれぞれの能力を生かして、SNSの「裏アカ」を使い、依頼者の悩みを解決しているのだ。

しかし、その結果、依頼者が幸せになるかどうかは本人次第。中には過激な仕置きを受けて社会的に抹殺される人間も…。そんな「クレシダ」を追うゴロツキ記者の五島は、「クレシダ」というアカウント名が11年前に世間を騒がせた小学生殺人事件、通称「クレシダ事件」と関連があるのではないかと追い続けている。次第に明らかになる「クレシダ」の目的と、登場人物たちの本当の姿とは…。(公式ホームページから引用)

『Re:フォロワー』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

池永一十三(いけなが・ひとみ)/西銘駿

西銘駿

アカウント名「@ROSALIND」。巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。依頼者を選び、“悪”との対峙に全てを捧げる。

原田優作(はらだ・ゆうさく)/塩野瑛久

塩野瑛久

アカウント名「@IAGO」。俳優志望の演技力を活かした潜入役。見た目はチャラいが、熱い心を持つ。

鯨岡友木(くじらおか・ともき)/和田雅成

和田雅成

アカウント名「@POLON」。弁護士を目指す図書館司書。頭脳明晰で情報収集能力に長ける。

 

城江公人(しろえ・きみと)/佐藤流司

佐藤流司

アカウント名「@AIRREAL」。依頼者に“言葉”を与える「クレシダ」の象徴的存在。口数は少なく、その素顔は謎に包まれている。

雪谷美奈(ゆきたに・みな)/喜多乃愛

喜多乃愛

舞台演出助手。流行中のインフルエンサー「クレシダ」には見向きもしない、クール女子。だが実際は、物語の重大なカギを握っている…。

五島昭(ごとう・あきら)/谷口賢志

谷口賢志

「クレシダ事件」を執拗に追う週刊誌記者。一見ゴロツキにみえるが、揺るぎない信念の持ち主。

 

スタッフ情報

監督・脚本/西田大輔

主題歌/GLIM SPANKY「ストーリーの先に」

スポンサードリンク

『Re:フォロワー』ロケ地&撮影場所まとめ

水戸市立西部図書館

水戸市立西部図書館

茨城県水戸市にある水戸市立西部図書館。岡田准一や榮倉奈々らが出演した映画『図書館戦争』のロケ地になったことで知られています。

ここが『Re:フォロワー』の舞台となる図書館の撮影地になりました。

水戸市立西部図書館の住所:

撮影協力一覧

  • スタジオタウン小山
  • NPO法人小川町フィルムコミッション
  • NPO御殿場フィルムネットワーク
  • ロケーション御殿場
  • 小山フィルムファクトリー
  • 小山町総合文化会館
  • ペルシャンアブリシャム
  • 埼玉県富士見市文化会館 キラリ☆ふじみ
  • 水戸市立西部図書館
  • THE GOTEMBAKAN

『Re:フォロワー』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『Re:フォロワー』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から見たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

Reフォロワー

『Re:フォロワー』見逃し動画の無料配信はこちら!【1話から最終回まで】

2019年10月5日
【2019秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。