『さくらの親子丼2』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&撮影場所まとめ!【真矢ミキ主演ドラマ】

さくらの親子丼2,1話
2018年12月1日(土)23時40分から東海テレビ・フジテレビ系のオトナの土ドラ枠で放送スタートの冬ドラマ『さくらの親子丼2』。真矢ミキ主演で2017年10月から放送された『さくらの親子丼』の続編ということで注目されています。そこで今回は『さくらの親子丼2』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、登場人物の相関図、スタッフ情報についてまとめてご紹介していきます。

スポンサードリンク

『さくらの親子丼2』に関連する記事はこちら↓↓
【2019冬ドラマ特集】

『さくらの親子丼2』のあらすじ

「なんで親子が1つにならなきゃいけないんだよ」

親に裏切られた子どもたちから投げつけられた言葉の数々。真っ向から自らの信念を否定されたさくらさん。傷心のさくらさんは、果たして子どもたちに手を差し伸べ続けることができるのでしょうか?そして希望の道しるべを差し示すことはできるのでしょうか?

パート2での舞台は、さくらさんの古本屋兼自宅の「九十九堂」から「子どもシェルター」に移ります。 シェルターは、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難・保護できる施設で、親やオトナから子どもを守るため、その場所は一切公表されていません。 クリスマスも、お正月も、そして今夜も帰る家のない子どもたちが、いまのこの時代にもいるのです。

シェルターの食事スタッフとなるさくらさん、演じるのは真矢ミキ。パート1では、これまでのイメージから一転、闇を抱え悩む下町のお母さんを熱演し、女優のキャリアとして、新たな一面をみせた真矢ミキが、さらにパワーアップ!“強靭なおばちゃん”を演じます。 そして今回は、親子丼だけでなく様々なメニューが登場。そこに描かれる親子の物語も、みどころの1つです。

今年は、記録的な大雨や巨大地震など未曽有の災害が相次ぎました。苦難に直面する被災者に、ボランティアなどから差し延べられた数々の救いの手。悲しい時も、苦しい時も、人は誰かとつながることで希望を見出すことができます。

それは子どもたちも同じです。「家族」「親子」という枠から、はじき出されてしまった子どもたちが、生活を余儀なくされるシェルター。その過酷な現実に打ちのめされながらも、食事を通じ子どもたちと向き合うさくらさん。さらなる困難にどう立ち向かうのでしょうか―。

 

『さくらの親子丼2』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

九十九さくら(つくも・さくら)/真矢ミキ

真矢ミキ

東京・羽田で、空腹で居場所を無くした人たちに、無償で親子丼をふるまう、古本屋・九十九堂の店主。さくらの口癖は、「泣きたい時は泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くから」。また子ども達が悪さをするのはお腹を空かしているからで、美味しいものをお腹一杯食べれば、事件を起こさないと信じて子どもたちに向き合ってきた。 しかし1日だけ、と三谷に頼まれ手伝うことになった子どもシェルター「ハチドリの家」で、信じてきた想いが全く通じない子供たちに衝撃を受け、自ら手伝うことになる。

川端哲也(かわばた・てつや)/柄本時生

柄本時生

「ハチドリの家」では、弁護士として親権者との調整や法的支援をしている。大学在学中に司法試験に合格する程、知識と強い熱意、正義感を持っているが、「ハチドリの家」に入居してくる子どもたちの実情を知り衝撃を受ける。また、熱意ばかりが先走って、子どもたちと上手くコミュニケーションが取れず、逆に手練れの少女にいいように振り回されることがある。

古井戸貞子(ふるいど・さだこ)/井頭愛海(第1話から第5話まで)

井頭愛海

妊娠8ヶ月。出自すら全く不明で、街で彷徨っていたところを、警察経由で緊急保護された。『ハチドリの家』ではその風貌から「貞子」と呼ばれることに。

竹園あゆみ(たけぞの・あゆみ)/井頭愛海(第6話から最終回まで)

井頭愛海

出産を機に記憶が戻る。関西弁。

新城由夏(しんじょう・ゆか)/岡本夏美

岡本夏美

入居期間は、原則2か月までの「ハチドリの家」で、1年以上も滞在、入居者の中ではリーダー格の少女。過去に悪行の限りを尽くしてきたことから、退所先が見つからない。

井口茜(いぐち・あかね)/柴田杏花

柴田杏花

2ヵ月前から入居。実の母親からの暴力を受け、児童相談所から『ハチドリの家』へ。母親を慕う気持ちから、いったんはその元へ帰るが、再び『ハチドリ』へ。しかし、母親との生活をいつも夢見ている。

藤島玲奈(ふじしま・れいな)/尾碕真花

尾碕真花

母親の借金返済のため、風俗店で無理やり働かされる。店の売上金を盗み、「ハチドリの家」に逃げ込んで来た。それが原因で、現在も風俗店の経営者=ヤクザに追われている。

小宮山詩(こみやま・うた)/祷キララ

祷キララ

病院長の娘という裕福な家庭で育ち、有名進学校に通っていたが、父親の過度な期待に応えられず、虐待を受ける。街を彷徨い、AVにも出る。自殺未遂をしてしまい「ハチドリの家」に。父に復讐を果たしたい一心で、東大理Ⅲ進学を目指す。

白鳥マリア(しらとり・まりあ)/日比美思

日比美思

本名は大田春菜(おおた・はるな)。自分の名前が嫌いで、名前を変えたいという少女。義父から性的虐待を受け、それに気付いた実の母からも虐待を受け『ハチドリの家』へ。

中里拓士(なかざと・たくし)/浦上晟周

浦上晟周

性同一性障害を抱え、悩み続けている。家庭や学校などに居場所が無くなり『ハチドリの家』へ。さくらの力添えを得て、新たな生き方を探す。

大豆生田香(おおまめうだ・かおる)/塩野瑛久

塩野瑛久

ナイフで人を刺してしまう事件を起こし、少年院へ。仮出所後行くあてもなく『ハチドリの家』へ。短気で喧嘩っ早い性格。母の元に帰りたいと強く思っているが、母からは、その存在を疎まれ続けている。

鍋島真之介(なべしま・しんのすけ)/相島一之

相島一之

ハチドリ家のホーム長。過去に教師をしていたが、とあることが原因で辞めることになり、現在に至る。教師時代の経験による心の傷を持ち、子どもに対して厳しく接しきれない一面を持っている。 

三谷桃子(みたに・ももこ)/名取裕子

名取裕子

三谷法律事務所の社長。子どもの人権問題に強い関心をもつ。家庭に居場所がなく、路頭に迷う子どもたちが、緊急避難出来る場所が少なすぎることに危機感を感じ弁護士としての多忙な業務の合間を縫って、無報酬で「ハチドリの家」の運営に携わる。子どもの面接、入居判断など、シェルター側から子どもたちを見て、その進路決定に関わっている。さくらとは、長男・悠平の殺害事件の際に、被害者家族と加害者側の弁護士として出会い、連絡を取り続けていた。 

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/清水有生

代表作にドラマ『素敵にダマして!』、『あぐり』、『すずらん』、『夫婦道』、『明日の光をつかめ』、『プラチナエイジ』、『さくらの親子丼』など

演出/谷川功、木内健人、最知由暁斗

主題歌/RINA「光」

<『さくらの親子丼2』をもう一度観たい方へ>

楽しみにしていた『さくらの親子丼2』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たいた方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

🔻『さくらの親子丼2』見逃し動画の無料視聴&再放送日程はこちら

さくらの親子丼2

『さくらの親子丼2』見逃し動画の無料配信&再放送日程!【1話から最終回まで】

2018年12月1日

次ページ ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

4 件のコメント

  • 第1話で、
    ・真矢ミキが三谷法律事務所に行く前に小型飛行機を見上げて歩いていた場所は、
     Chofu Aviation Park:東京都三鷹市大沢6丁目11−20 の西側の道で、調布飛行場の東側に
     あります。調布飛行場から飛び立つ小型飛行機が良く見える場所です。
    ・真矢ミキと柄本時生が話していた河川敷は、多摩川の河川敷で、
     東京都調布市小島町:緯度経度(35.641000, 139.539135)ぐらいの地点から京王相模原線の鉄橋を
     見る角度です。背景の中心によみうりランドの観覧車とジェットコースターの影が確認出来ます。
    ・提供の表示中に真矢ミキと柄本時生が後をつけられていない事を確認しながら歩いていた場所で、
     観覧車が映っていたのは、よみうりランドの脇の道で緯度経度(35.624768, 139.514394)ぐらいの
     地点から丘の湯プラザ:東京都稲城市矢野口3302−8の駐車場を見る角度です。
    ・真矢ミキと柄本時生が後をつけられていない事を確認しながら階段を降りていた場所は、
     川崎市麻生区細山7丁目の緯度経度(35.624572, 139.513560)の地点の階段です。
    ・撮影協力一覧の「調布百貨街」は間違いで「調布百店街」です。(百貨ではなく百店です。)
     「調布百店街」は調布駅そばに存在しますが、どのように撮影協力したのかは不明です。
    ・九十九さくら(真矢ミキ)が店主をつとめる九十九堂の外観は、前作では東京都大田区の
     京浜急行雑色駅東口にある水門通り商店街の路地で撮影されていたようですが、
     今回も同じ場所になるんでしょうね。今後、確認していきます。

    • 匿名希望さん、教えていただき、ありがとうございます!記事に追加しました!誤りのご指摘もありがとうございます!こちらも修正しています!

  • 第2話で尾碕真花、岡本夏美、相島一之が買い物をした後に風俗店の店員に車で後をつけられていたシーンの撮影地は、多摩川住宅(東京都調布市染地3丁目)の南側で、多摩川沿いにある染地通り沿いです。
    ちょうど小田急バスの多摩川住宅南口バス亭の所にある、染地通りから多摩川の土手に登るスロープの道(緯度経度(35.635527, 139.562320)の地点)がロケ地になっています。

  • 何故
    ロケ地が 前シリーズの 京急雑色にある
    水門通りと言う商店街から 変わってしまったのか 誰か 教えて下さい
    自分は 前シリーズのロケ地の方が 雰囲気でも 話にも 合っていたし 大好きでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。