『怪談 牡丹燈籠』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ!【尾野真千子主演ドラマ】

会談牡丹燈籠
2019年10月6日(日)22時からNHK BSプレミアムで放送スタートの秋ドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』。尾野真千子主演ということで話題になっています。そこで今回は『怪談 牡丹燈籠』の舞台となるロケ地やその他の撮影場所、 気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『怪談 牡丹燈籠』に関連する記事はこちら↓↓

『怪談 牡丹燈籠』のあらすじ

恋焦がれて死んだ美しい娘の幽霊が、カラン、コロンと下駄の音を響かせ、夜ごと愛しい男を訪ねる怪談「牡丹燈籠」。実はこの「お露・新三郎」の怪談話は、初代三遊亭圓朝による長編落語のほんの一部にすぎません。原作は、お露の父・平左衛門とその忠臣・孝助、お家乗っ取りを企む希代の悪女・お国と、その間男・源次郎、強欲な町人夫婦・伴蔵とお峰…。男女の色と欲が生々しく交錯するドロドロの人間ドラマであり、20年にもわたる壮大な敵討ち、因果応報の物語になっています。(公式ホームページから引用)

『怪談 牡丹燈籠』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

お国/尾野真千子

尾野真千子

飯島家の奥方付きの侍女。主君を殺し、家の乗っ取りを策する悪女。

宮辺源次郎/柄本祐

柄本祐

旗本・宮辺家の次男坊。生来の放蕩者でお国と密通の不義を犯す。

黒川考助/若葉竜也

若葉竜也

平左衛門を父の仇と知らず飯島家に奉公し剣に打ち込む若い武士。

萩原新三郎/中村七之助

中村七之助

美男の若い浪人。平左衛門の娘・お露と一目で恋に落ちる。

 

お露/上白石萌音

上白石萌音

平左衛門の美貌の一人娘。許されぬ恋を嘆き、焦がれ死にする。

お米/戸田菜穂

戸田菜穂

お露の侍女。死後、牡丹燈籠をかざしお露を新三郎に逢わせる。

山本志丈/谷原章介

谷原章介

新三郎の友人の医師。新三郎にお露を紹介するが、恋には反対。

伴蔵/段田安則

段田安則

新三郎の下男。夜ごと新三郎のもとに通う女の正体を目撃する。

お峰/犬山イヌコ

犬山イヌコ

伴蔵の妻。幽霊となったお露たちから百両をせしめようとする。

飯島平左衛門/高嶋政宏

高嶋政宏

旗本で、剣の達人。若い頃、酒に酔った浪人を斬り殺した過去を持つ。

スタッフ情報

語り部/神田松之丞

スポンサードリンク

『怪談 牡丹燈籠』ロケ地&撮影場所まとめ

『牡丹燈籠』は2019年5月下旬から6月にかけて撮影が行われたようですね。

東映京都撮影所(未確定)

 東映京都撮影所

京都市右京区の太秦にある東映京都撮影所。時代劇の撮影所の定番ですよね。ここが江戸の街の舞台の撮影地になった可能性があります。まだ未確定です。

下記の記載にあるように滋賀県でも撮影が行われたいるため、関西エリアが主なロケ地だった可能性が高いと思われます。また、こうした時代ものは映画村、東映京都撮影所など、江戸の町並みで撮影するための大きな撮影所でロケが行われるのが常です。

このことから東映京都撮影所が撮影地になっている可能性があります。松竹撮影所の可能性もあるため、まだ未確定です。

 

滋賀県大津市の「日吉大社」

日吉大社 日吉大社

滋賀県大津市にある日吉大社。全国にある日吉・日枝・山王神社の総本宮として知られています。ここがロケ地になったと滋賀県から発表がありました。

日吉大社の住所:

 

滋賀県大津市の「園城寺(三井寺)」

園城寺

大津港の西部にある園城寺(三井寺)。石山坂本線三井寺駅から徒歩5分ほどの場所にあり、小林稔侍主演のドラマ『税務調査官 窓際太郎の事件簿34』や、溝端淳平主演の時代劇『立花登青春手控え2』の撮影地にもなりました。

ここも撮影場所になったと発表がありました。

園城寺(三井寺)の住所:

 

滋賀県近江八幡市の「西の湖園地」

西の湖園地

琵琶湖の東部にある「西の湖園地」。ここもロケ地になったと発表がありました。

西の湖園地の住所:

新たなロケ地が判明したら更新します。

『怪談 牡丹燈籠』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『怪談 牡丹燈籠』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

怪談 牡丹燈籠

『怪談 牡丹燈籠』見逃し動画の配信&再放送日程はこちら!【尾野真千子主演NHKドラマ】

2019年10月6日
『怪談 牡丹燈篭』に関連する記事はこちら↓↓
【2019秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。