『星屑リベンジャーズ』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&撮影場所!【新川優愛&生駒里奈出演ドラマ】

星屑リベンジャーズ
2018年7月23日(月)23時からAbema TVとメーテレ(メーテレは23日(月)深夜0時55分から)で放送スタートの夏ドラマ『星屑リベンジャーズ』。芸能界を舞台にした物語で、新川優愛や生駒里奈らが出演することで話題になっています。そこで今回は夏ドラマ『星屑リベンジャーズ』のロケ地となる撮影場所、キャストや登場人物の相関図、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2018夏ドラマ特集】

『星屑リベンジャーズ』のあらすじ

「夢」「セルフプロデュース」「どん底からの再起」がテーマ!全てを失った女が男性アイドルグループをプロデュースして芸能界をのし上がっていく、痛快サクセスストーリー!!

楠木春(新川優愛)はフォロワー数7万人を誇る人気インスタグラマー。贅沢な生活を謳歌していたある日、知り合いの社長から誕生日プレゼントとして芸能事務所「クリークプロモーション」を譲り受ける。

だが事務所は借金まみれで、残っていたのは社員の間野あかり(生駒里奈)と「トランジション」という売れない5人の男性アイドルグループのみ。騙されたのだが契約は正式なもので、春は一瞬にして全財産を失い、多額の借金を背負うことに。instagramには誹謗中傷のコメントが溢れ、クラインアントからも契約を解除されてしまう。

春を慕っていた後輩のモグラ女子・黒田紗英(佐野ひなこ)からも距離を置かれ衰弱しきった春は、事務所を潰す選択を考えるも、残っていた「トランジション」5人のプロフィール写真を見て思い留まる。彼らは高校時代、春が夢中になっていたアイドルグループだったのだ。すぐに彼らを呼び出すも、目の前に現れたのた死んだように暗い顔をした、変わり果てた姿の5人だった。聞くと、3年前に大手事務所を移籍してから仕事が全く無くなり、ずっと活動休止状態だったという。

春はそんな5人に自らを重ね彼らと再起を誓うが、待っていたのは芸能界の厳しい洗礼だった−−。(公式ホームページから引用)

 

『星屑リベンジャーズ』キャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

楠木春/新川優愛

新川優愛

人気インスタグラマーとしてお金をもらいながら、そこそこ充実した生活を日々SNSに上げ続けている。見た目がよく、時には読者モデルとしても活動している。とある事件をきっかけに5人組男性アイドルをプロデュースすることになり、あらゆる手を使って、欲望と権力の渦巻く芸能界で0からのし上がっていく。「この世に要らないものなんてない、使い方が間違った場所に置かれているだけ」という信念を持つ。

間野あかり/生駒里奈

生駒里奈

「クリークプロモーション」の事務スタッフ。趣味は、ネットサーフィン。基本的に物事を客観的、そして引いた目で見ているため、時として春さえもグサっとなる発言をする。“18時には必ず退社”がモットー。労働に楽しみを感じたことはなく、“生きるために働いている”と本人は言っている。リアリストで、春と5人が夢に向かって熱くなっていたとしても、基本的には、「夢なんてそんな大層なものなくてよくない?」というスタンスである。

結城史人/森永悠希

森永悠希

基本的におっとりしていて、真面目な性格。一見気弱にも見えるが、実は芯が強く、時にはしっかりと意見を主張できる度胸もある。5人の中で唯一、下積みなくデビューした。故に最初はファンから“グループの足を引っ張っている”とバッシングを受けることもあったが、その芯の強さから、誰よりも努力をし、今では歌もダンスもグループ一の実力になった。

速水祐也/塩野瑛久(男劇団 青山表参道X)

塩野 瑛久

グループのセンター。クールで協調性はあまりないが、自分なりの信念を持っている。正直者だが、故に物凄く不器用。例えアイドルと言えど、自分の信念に背くこと(あからさまにファンに媚びを売るなど)はやらない主義であるが、ファンへの感謝の気持ちは強い。カリスマ性も持ち合わせ、グループのセンターとして完璧でいようという意識を高く持っている。

泉遼太郎/花沢将人

花沢 将人

最年長でグループの兄貴的存在。幼い頃から芸能界で活動し、昔は全く違うアイドルグループにも所属していた。そのグループの解散をきっかけに、グループに加入。業界の厳しさやグループを維持していく苦労も知っているため、スタッフや共演者にも丁寧に対応する。逆に空気を読みすぎて、自分の本心を押し殺すことも。

 

前沢 太一/内藤秀一郎

内藤 秀一郎

明るいムードメーカー。常に笑顔で、愛想も良いため、ファンからは可愛いキャラとして人気がある。憎めないキャラクターでお茶の間人気が高く、グループで一番アンチが少ない。しかし、褒められると調子に乗る単純な性格のため、時にトラブルメーカーとなることも。

 

小宮山陸/本田響矢

本田 響矢

グループ唯一の大学生。グループがまだ人気のある頃に進学を決めており、堅実な性格。育ちが良く所作が上品。それに加えて、見た目の好青年さと高学歴という肩書で主婦層の人気が高い。大学4年生の今、実はいくつかの内定をもらっており、就職かアイドル活動か、密かに悩んでいる。

 

新谷恭介/清水尚弥

清水 尚弥

有名音楽プロデューサーであるウチダタカヤスの元で、ゴーストライターをしている若きソングクリエイター。コミュニケーション能力は基本的に低いが、天才的な言葉のセンスと音楽性を持ち合わせている。

 

渡長秀一郎/光石研

光石 研

大手芸能事務所「渡長プロダクション」の代表取締役社長。 芸能界の重鎮で、今のポストに就くために、汚いことも沢山してきた。5人の育ての親だが「ステップアップのために」と移籍されてしまう。度量が大きく、義理人情にあついが、現実派。そのため容赦なく人を切り捨てる一面もある。昨今のエンターテイメント業界を取り巻く世間やメディアの風潮に危機感を抱いている。そこに春という希有な人物が現れ、彼らをプロデュースすることを知り、自身が信じるエンターテイメントの常識が崩壊するのではないかと危惧している。

牧野隆也/淵上泰史

淵上 泰史

ライブ配信サービス「17ライブ」代表取締役社長。基本的にビジネス最優先で、人を切り捨てる冷徹な部分もあるが、根本は人もサービスも、作られたものではなく、リアルを追い求めている。逆境に立たされた春の人間臭さに、ビジネスマンとして、そして男として惚れる。

黒田紗英/佐野ひなこ

佐野ひなこ

いわゆるモグラ(モデル&グラビア)女子。かつて、事務所主催のコンテストでグランプリを取り、当時は絶大な期待をされていたが、今は鳴かず飛ばずの状態である。春とは雑誌の企画で、知り合い、交友関係を続けている。しかし、実は春に対して、猛烈な劣等感や嫉妬心を持っており、のちにそれが爆発する。貧乏な環境で育ち、故にハングリー精神は強く、売れるためなら、どんな事でもできる度胸を持っている。

森真奈美/松田るか

松田るか

牧野の秘書。

人物相関図

相関図

スタッフ情報

監督/岩田和行、菊川誠

脚本/山岡潤平、仁志光佑、三浦希紗

 

スポンサードリンク

 

『星屑リベンジャーズ』ロケ地&撮影場所まとめ

『星屑リベンジャーズ』は2018年6月から撮影が行われたようですね。

山野美容専門学校

山野美容専門学校

東京都渋谷区にある山野美容専門学校。JR山手線代々木駅からすぐの場所にあります。この学校はドラマの撮影地としてよく使われており、少なくとも1クールに1度は何かしらのドラマロケ地として使われていると言っても過言ではないでしょう。

7月9日に新川優愛、本田響也、内藤秀一郎がドラマの撮影をしていたという目撃情報がありました。

山野美容専門学校の住所:

 

品川駅港南口

品川駅港南口

JR品川駅港南口もドラマや映画の撮影スポットとして有名ですね。山野美容専門学校に負けず劣らずの頻度で登場します。7月2日に品川駅港南口で新川優愛がロケをしていたという目撃情報がありました。

品川駅港南口の住所:

この他のロケ地が判明したら、更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

最後に

ココ最近はドラマでも存在感を高めつつあるAbema TV。新川優愛や生駒里奈は固定ファンも多いので、さらに注目度がアップしそうですね。

【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。