『いつかこの雨がやむ日まで』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&撮影場所!【渡辺麻友主演ドラマ】

いつかこの雨がやむ日まで
2018年8月4日(土)23時40分から放送スタートの夏ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』。渡辺麻友、堀井新太らが出演することで注目されています。そこで今回は『いつかこの雨がやむ日まで』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、登場人物の相関図について紹介していきます。

スポンサードリンク

『いつかこの雨がやむ日まで』に関連する記事はこちら↓↓

『いつかこの雨がやむ日まで』のあらすじ

このドラマは15年前の不幸な出来事によって絶望に突き落された一人の女性を取り巻く、愛と罪と狂気を描くラブサスペンスです。

森村ひかりは、ミュージカル女優を夢見る天真爛漫な女の子でした。しかし、親しくしていたミュージカル女優が殺害される事件が起き、事態は一変します。逮捕されたのは殺された女優の恋人でひかりの兄。加害者の家族となったひかりは逃げるように故郷を去ることになります。苗字も母方の姓に変え、北園ひかり(渡辺麻友)となって――

それから15年――世の中の残酷な敵意にさらされ続けたひかり。唯一の救いは追い続けていたミュージカル女優の夢でした。そんなひかりの元に、兄の出所の情報が入ります。全てを壊した兄に決別を告げに行くひかり。そこで兄は思わぬ言葉を発します。「俺は無実だ……」

15年の時を経てあぶり出されるそれぞれの罪と秘密、そして愛……そんな中、ある男と再会するひかり。それは現場から逃走する兄を目撃し逮捕に至らしめた男、そして、かつて“ある約束”を交わした幼馴染の谷川和也(堀井新太)でした。

人は、誰しも狂気を抱えています。それは愛のためであり、夢のためであり、守るべき自己のためでもあります。ひかりもまた愛に苦しみ、狂気に堕ちていくことに……!?真実は何か? ひかりに救いは訪れるのか!? 慟哭のラストまでノンストップでお届けします!

世の中は不条理に満ち溢れている――それでも、ひとすじの光があれば生きていける――(公式ホームページから引用)

 

『いつかこの雨がやむ日まで』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

北園ひかり/渡辺麻友

渡辺麻友

キャバクラ嬢。6年前からミュージカル劇団『ウミヘビ』に所属。15年前、実の兄が恋人殺害の容疑で逮捕されて有罪判決を受け、現在も服役中。幼少時代はよく笑う快活な性格だったが、「殺人犯の妹」となり人生が一変した。高校時代に母が精神を病んで引きこもりの生活となったことで、やむなくひかりがバイトをしながら家計を支え、母の面倒も見て来た。殺人という罪を犯し、家族の人生を変えた兄を、ひかりは今も恨んでいる。そして人殺しの妹である自分は、誰かを愛することも、愛されることも許されないと思っている。唯一、好きなミュージカルに携わっている時だけは苦しい現実を忘れられる。

谷川和也/堀井新太

堀井新太

ひかりの幼馴染み。実家の老舗料亭『たにがわ』で板前をしており、後継ぎとして期待されている。母親は既に亡くなっており、現在の母親は父の後妻。『たにがわ』の経理面を担っている兄は、義母の連れ子である。15年前、当時『たにがわ』で修業していたひかりの兄・國彦には可愛がってもらっていた。ところが15年前、和也は國彦が殺人現場から走り去るのを目撃。殺害された國彦の恋人・麻美の死体第一発見者となった。事件後、ひかりの家族は追われるように引っ越して行った。最後の日、駆けつけた和也を見た冷たいひかりの眼差しが和也の脳裏に深く刻まれている。

天竺要/吹越満

吹越満

劇団『ウミヘビ』の天才肌の演出家。15年前、劇団に所属していた矢吹麻美の才能に気付き、『ロミオとジュリエット』のジュリエット役にも抜擢したが、麻美は体調不良で降板。直後に麻美が死に、それ以来、『ロミオとジュリエット』は封印している。現在スランプ中。ひかりを見て『ロミオとジュリエット』の再演を決める。

三上沙耶/筧美和子

筧美和子

和也の恋人。銀行員の娘。1年前から和也と結婚を前提に付き合っている。過去につらい経験をしている。

天竺芽衣/宮澤エマ

宮澤エマ

天竺の娘。劇団『ウミヘビ』の女優。ミュージカルが恋人と話す、真面目な女性。音大を出ており、劇団で誰よりも高い技術を持ち合わせているが、キャリアのある看板女優がいるため、今は二番手に甘んじている。

 

矢吹千尋/星野真里

星野真里

矢吹麻美の姉。麻美から信頼されていた優しい姉。15年前の事件の事で何か秘密を握っているようで…

矢吹麻美/三倉茉奈

三倉茉奈

國彦の元恋人。15年前、ナイフで胸を刺され殺害される。ミュージカル劇団「ウミヘビ」の女優だった。ひかりにとってはミュージカル女優への夢を抱くきっかけになった憧れの女性。

花田舞子/紺野まひる

紺野まひる

劇団「ウミヘビ」の看板女優。15年前上演された「ロミオとジュリエット」では主演を務めた。以来、劇団でトップに君臨し続けてきたが、最近は声の衰えなどに悩んでいる。舞台にすべてを捧げる女性で、主役への思いは誰よりも強い。

キャバクラの店長/斉藤慎二(ジャングルポケット)

ひかりが勤めるキャバクラ「Swans」の店長。訳アリ女たちを束ねる手腕の持ち主。女たちに深入りせず、ひかりの抱える事情にも興味はない。

森村國彦/桐山漣

桐山漣

ひかりの兄。15年前、交際していた恋人・麻美を別れ話のもつれの末、殺害した容疑で有罪判決を受け、服役中。事件を起こす二年前から、料亭『たにがわ』で修業していた。

剛田仁志/木村祐一

木村祐一

15年前の事件を担当した所轄の刑事。國彦の出所を機に、ひかりや和也の周辺を嗅ぎまわるようになる。

北園由布子/斉藤由貴

斉藤由貴

ひかりの母。引きこもり状態で、ひかりに依存している。殺人犯の家族の汚名を着せられ精神的に病んでしまったが、國彦さえ戻れば昔の幸せな日々が戻ると盲目的に信じている。そのことがひかりの苛立ちを助長するがそのことには気付いていない。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/髙橋麻紀、佐藤奈央、鈴木裕那

演出/金子与志一、雫石瑞穂

主題歌/東方神起「Jungle」

 

スポンサードリンク

 

『いつかこの雨がやむ日まで』のロケ地&撮影場所まとめ

『いつかこの雨がやむ日まで』は2018年6月上旬にクランクインし、撮影が行われているようですね。

料亭「たにがわ」のロケ地は川越の割烹 佐久間

割烹佐久間

埼玉県川越市にあった割烹佐久間。現在は閉店しているようです。ここは舞台の一つとなる料亭「たにがわ」の外観撮影地になっています。

割烹 佐久間の住所:

 

菅沼キャンプ村

菅沼キャンプ村

 

劇団グスタフのスタジオ

劇団グスタフ

第2話に登場したスタジオは東京都狛江市にある劇団グスタフのスタジオが撮影地になっています。

劇団グスタフの住所:

 

この他、いくつかまゆゆがロケをしていたという目撃情報があるものの、具体的な撮影地の特定までに至っておりません。

渡辺麻友の目撃情報まとめ

  • 6月17日 神奈川県横浜市中区 シティ近くで渡辺麻友の目撃情報
  • 6月21日 埼玉県川越市にある教会で渡辺麻友と桐山漣の目撃情報
    川越キリスト教会?(調査中)
  • 7月17日 どこかの河川敷 渡辺麻友の目撃情報

 

調査中のロケ地

  • 北園ひかり(渡辺麻友)が働いているキャバクラ「Swans」
    新宿にある老舗のクラブ(詳細は調査中)
  • 渡辺麻友と桐山漣が話していた池

メイン舞台のロケ地も判明したら更新します。

<『いつかこの雨がやむ日まで』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ↓↓>

『いつかこの雨がやむ日まで』見逃し動画の無料配信&再放送日程!【1話から最終回まで】

2018.08.04

最後に

まゆゆ主演なので鼻息を荒くしているファンの方も多いのではないでしょうか。卒業後初となる連続ドラマ主演作なので、どんな演技を魅せるのか?注目ですね。

『いつかこの雨がやむ日まで』に関連する記事はこちら↓↓
【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク
ラブサーチ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。