ドラマ『小さな巨人』キャスト、あらすじ、原作、相関図まとめ!

2017年4月からTBS日曜劇場で放送される春ドラマ『小さな巨人』。長谷川博己、岡田将生、安田顕ら豪華キャストが出演し、警察内部の確執を描いたストーリーということで話題になっています。

そこで今回は春ドラマ『小さな巨人』の気になるキャストや相関図、スタッフ情報、あらすじや原作、主題歌などについて紹介していきます。

2017春ドラマ特集

スポンサードリンク

ドラマ『小さな巨人』ロケ地&撮影場所、エキストラ募集情報

『小さな巨人』のメイン舞台になっているロケ地や撮影地を知りたい!長谷川博己や岡田将生の目撃情報が知りたい!エキストラに参加してみたい!という方は下の記事をCheck!

>>TBS日曜劇場『小さな巨人』ロケ地&撮影場所、エキストラまとめはこちら

 

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ&原作

あらすじ

【全体のあらすじ】

実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、捜査一課長を目指していた万年所轄刑事だった父・淳史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指してきた。しかしある日、取り調べの際に一つミスを犯してしまい、所轄へと左遷。そんな所轄では、小さな事件でも、己の正義を信じ事件に挑む同僚たちが。その姿を目にしたとき、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる…。

また、香坂と同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦(岡田将生)は東京大学法学部を卒業後、 本来東大出身者はキャリアといわれる警察庁に入庁することが多い中、警視庁に入庁。しかも、彼の父親は警察庁次官から内閣官房副長官という官僚のトップに上り詰めた人物。そんな山田がノンキャリと呼ばれる警視庁を選んだのには、現場の総指揮官である捜査一課長となり、ある“未解決事件”の捜査の指揮をとるという理由があった…。

【第1話のあらすじ】

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂は、祝勝会と称して前捜査一課長でいまは所轄の署長をしている三笠と料亭で会食していると、そこへ現捜査一課長・小野田が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。 会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を目撃して取り調べた際、偶然隆一の車を傷付けてしまう。


すると翌朝、大手ニュースサイトの見出しに“飲酒状態の刑事、 車を破損”と記事が掲載。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢に呼び出され、所轄への異動を命じられてしまう。 そして香坂が署にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生。捜査一課のときと同様に捜査をしようと する香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺されてしまう…。
(Cinemacafe.netから引用)

「自分が希望した会社に入った」、「自分がやりたいと思っていた仕事ができる会社に入った」としても、会社で悩むのは仕事内容ではなく人間関係がほとんど、という方は多いのではないでしょうか。組織の文化や風土、会社内の派閥や複雑な人間関係、、、こうしたしがらみは組織が大きくなればなるほど増えてきますよね。自分が正しいと思ったことと、組織の理屈が噛み合わなくて悶々とする。


とくに警察という超巨大な組織はその典型でしょう。単純な捜査能力だけでは評価されず、上司に取り入って気に入られたほうが出世に有利かもしれません。所轄と本庁の違いだけで、できる仕事や周りからの扱いがぜんぜん違うかもしれません。

この物語は警察内部の本庁と所轄の確執や警察内部の複雑な人間関係を克明に描いた物語。もちろん手に汗握るサスペンス的な楽しみもありますが、会社で働く人が思わず共感してしまうような組織のしがらみやルールがたくさん登場するかもしれませんね。

原作

ドラマ『小さな巨人』は原作なしのオリジナルストーリーです。ちなみに『小さな巨人』という名前で1970年に制作されたダスティン・ホフマン主演のアメリカの映画『小さな巨人』がありますが、こちらは西部劇的なストーリーなので全く関係ないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『小さな巨人』のキャスト&相関図&スタッフ情報

キャスト

香坂真一郎/長谷川博己

長谷川博己

実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事だったが、小さなミスで所轄へ左遷される。

【長谷川博己】

  • 1977年3月7日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はA型
  • 代表作に映画『シン・ゴジラ』、ドラマ『家政婦のミタ』、『デート~恋とはどんなものかしら~』、『雲の階段』など

長谷川博己出演の映画『散歩する侵略者』ロケ地まとめ

長谷川博己出演のドラマ『夏目漱石の妻』撮影場所まとめ

長谷川博己出演のドラマ『獄門島』撮影場所まとめ

山田春彦/岡田将生

岡田将生

東京大学法学部卒だが警察庁ではなくあえて警視庁に入所する。捜査一課長を目指しある未解決事件の捜査をすることが目標。

【岡田将生】

  • 1989年8月15日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はAB型
  • 代表作にドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』、ドラマ『オトメン(乙男)』、『平清盛』、『掟上今日子の備忘録』など

岡田将生出演の映画『何者』ロケ地まとめ

岡田将生出演の実写映画『銀魂』ロケ地まとめ

岡田将生出演のドラマ『不便な便利屋2016初雪』撮影場所まとめ

岡田将生出演のドラマ『北風と太陽の法廷』撮影場所まとめ

岡田将生出演のドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』撮影場所まとめ

岡田将生出演のドラマ『ゆとりですがなにか』スペシャル撮影場所まとめ

岡田将生出演の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険』ロケ地まとめ

渡部久志/安田顕

安田顕

香坂の異動先の所轄で同僚となる現場叩き上げの刑事。

【安田顕】

  • 1973年12月8日生まれ
  • 北海道室蘭市出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『ハケンの品格』、『SPEC』、『瞳』、『重版出来!』など

安田顕出演の映画『聖の青春』ロケ地まとめ

安田顕出演の映画『きょうのキラ君』ロケ地まとめ

安田顕出演の映画『銀魂』ロケ地まとめ

安田顕出演のドラマ『緊Q不倫速報』撮影場所まとめ

安田顕出演のドラマ『嘘の戦争』撮影場所まとめ

三島祐里/芳根京子

警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入庁したが、警務部の人事課に配属された新任職員。警察内部の人事情報に精通することで、やがてある決意をすることになる。

【芳根京子】

  • 1997年2月28日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はA型
  • 代表作に朝ドラ『べっぴんさん』、ドラマ『表参道高校合唱部』、『探偵の探偵』、映画『わさび』など

芳根京子出演の朝ドラ『べっぴんさん』撮影場所まとめ

芳根京子出演の映画『心が叫びたがってるんだ』ロケ地まとめ

芳根京子、駿河太郎出演の映画『散り椿』ロケ地まとめ>

三笠洋平/春風亭昇太

春風亭昇太

前捜査一課長で警察署の署長。

【春風亭昇太】

  • 1959年12月9日生まれ
  • 静岡県静岡市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『軍師官兵衛』、『花燃ゆ』、『下町ロケット』、映画『ふしぎな岬の物語』など

春風亭昇太出演の映画『ママ、ごはんまだ?』ロケ地まとめ

小野田義信/香川照之

香川照之

捜査一課長。高卒のノンキャリだが叩き上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主。香坂真一郎(長谷川博己)の刑事人生を大きく変えることになる。

【香川照之】

  • 1965年12月7日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はAB型
  • 代表作にドラマ『アンフェア』、『坂の上の雲』、『龍馬伝』、『半沢直樹』など

香川照之出演のドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』撮影場所まとめ

香川照之出演のドラマ『君に捧げるエンブレム』撮影場所まとめ

朝倉良一/駿河太郎

駿河太郎

捜査一課の刑事。

【駿河太郎】

  • 1978年6月5日生まれ
  • 兵庫県西宮市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『荒川アンダーザブリッジ』、『カーネーション』、『ラヴソング』、映画『真田十勇士』など

駿河太郎出演の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ロケ地まとめ

駿河太郎出演のドラマ『おかしな刑事15』撮影場所まとめ

駿河太郎出演の映画『いつまた、君と~何日君再来~』ロケ地まとめ

駿河太郎出演のドラマ『女の勲章』撮影場所まとめ

駿河太郎出演のドラマ『コードネームミラージュ』撮影場所まとめ

柳沢/手塚とおる

手塚とおる

警務部監察官。

【手塚とおる】

  • 1962年6月27日生まれ
  • 北海道出身
  • 血液型はB型
  • 代表作にドラマ『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『ゆとりですがなにか』、『下剋上受験』など

手塚とおる出演の映画『金メダル男』ロケ地まとめ

手塚とおる出演のドラマ『検事の本懐』撮影場所まとめ

手塚とおる出演のドラマ『特殊犯罪課・花島渉』撮影場所まとめ

手塚とおる出演のドラマ『雲霧仁左衛門3』撮影場所まとめ

中村俊哉/竜星涼

竜星涼

若手刑事。

【竜星涼】

  • 1993年3月24日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はA型
  • 代表作に映画『泣き虫ピエロの結婚式』、『Bros.マックスマン』、ドラマ『お迎えデス。』、『ひよっこ』など

竜星涼出演の映画『泣き虫ピエロの結婚式』ロケ地まとめ

竜星涼出演の映画『君と100回目の恋』ロケ地まとめ

竜星涼出演の映画『22年目の告白』ロケ地まとめ

竜星涼出演の映画『先生!』ロケ地まとめ

竜星涼出演の朝ドラ『ひよっこ』撮影場所まとめ

中田和正/桂文枝

桂文枝

日本経済界のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長。

【桂文枝】

  • 1943年7月16日生まれ
  • 大阪府堺市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『水戸黄門』、『満開ハッスル家族』、『真田丸』など

香坂 敦史/木場勝己

杉本学/池田 鉄洋

東山智之/加治将樹

石倉 慎之介/丸一太

神尾梢/夏緒

中田 隆一/加藤 晴彦

謎の女/佐々木希

佐々木希出演の映画『カノン』ロケ地まとめ

佐々木希出演の映画『一茶』ロケ地まとめ

佐々木希出演の映画『ラストコップTHE MOVIE』撮影場所まとめ

佐々木希出演のドラマ『福家堂本舗』撮影場所まとめ

佐々木希出演の映画『東京喰種』ロケ地まとめ

風見康夫/長江英和

風見京子/富永沙織

佐川勇人/好井まさお

 

相関図

スタッフ情報

脚本

丑尾健太郎(代表作に『無痛 訴える眼』、『HEAT』など)

八津弘幸(代表作に『下町ロケット』、『流星ワゴン』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『半沢直樹』など)

主題歌

平井堅「ノンフィクション」

 

『小さな巨人』を見逃してしまった方、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『小さな巨人』を見逃してしまった・・・。という方も少なくないはず。最新話のみとなりますが、放送日から7日以内ならTBSオンデマンドで無料で視聴できますよ。

7日以上経過してしまった方や、第1話からもう一度じっくり観たいという方は動画配信サービスがおすすめです。動画配信サービスは『小さな巨人』をはじめ、他のドラマの最新作や話題の映画、過去の名作が見放題!しかも今なら無料お試し期間があるので超ラッキーですよね。

『小さな巨人』を視聴できる動画配信サービスはこちら

『小さな巨人』を視聴できる動画配信サービスは次の2つです。

①dtv

★邦画

・無料お試し期間:初回は31日間→登録から31日以内に解約すれば無料
・月額:500円(税別)

作品数も多い割に月額料金も安い!満足度の高い動画配信サービスです。

おすすめ度:★★★★★

②U-NEXT

U-NEXT

・無料お試し期間:初回は31日間→登録から31日以内に解約すれば無料
・月額:2,480円(税別)→毎月1,000ポイントプレゼントがあるので実質1,480円(税別)

最新ドラマが早く対応し、作品数も最大級。とりあえず無料でお試しをするならU-NEXTがおすすめ!

おすすめ度:★★★★★

【2017春ドラマ】見逃し動画配信サービス視聴可能ドラマを一覧で比較

『小さな巨人』も含め、4月-6月期の全春ドラマを視聴可能な見逃し動画配信サービスを一覧で比較しました。『フラ恋』の他にも観たいドラマがあるという方は下をCheck!

【2017春ドラマ】見逃し動画配信の一覧表!主要5サービスを徹底比較!

2017.04.29

 

最後に

TBS日曜劇場は『半沢直樹』、『天皇の料理場』、『下町ロケット』、『99.9-刑事専門弁護士』、『A LIFE 愛しき人』など評価も視聴率も高い作品が数多く誕生した枠ですね。今回の『小さな巨人』もこれらに匹敵するような名作になることを期待しましょう。

次クールのTBS日曜劇場夏ドラマは長瀬智也主演の『ごめん、愛してる』
 
小さな巨人に関連する記事はこちら
 
2017春ドラマ特集

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。