『ベトナムのひかり』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!【濱田岳主演NHKドラマ】

ベトナムのひかり
2019年1月12日(土)21時からNHK総合で放送のスペシャルドラマ『ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~』。ベトナムを舞台に、濱田岳、国仲涼子らが出演することで注目されています。そこで今回は『ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~』のあらすじ

眼科医・服部匡志氏の実話をもとにした、ハートフルストーリー!

ベトナムで15年以上にわたって、無償医療を続けている眼科医がいます。名前は服部匡志医師。苦学の末、医大に合格、その後、スキルを積み上げ、30代で内視鏡を使った網膜手術では比類ない腕前となった彼は、ひょんなことからベトナムで無償医療を行うことに・・・。

ひと月のうち半分は日本でフリーの眼科医としてお金を貯め、あとの半分はそのお金をベトナムの医療につぎ込み、ベトナム各地で手術を行う・・・。そんな彼のモチベーションは、亡き父の言葉でした。「人は人を助けるようにできている」

ドラマでは、彼の実話を基にしながら、主人公・羽鳥志郎が「医者の仁」を体現し、実践するまでの姿を描いていきます。日越外交関係樹立45周年を迎える本年、国や人種を越え、お互いに助け合う大切さを伝えるドラマをお届けします。

【ストーリー】

眼科医・羽鳥志郎(濱田岳)は、ある学会でベトナム人医師から「私たちを助けて欲しい」と呼び止められる。志郎は熱意に負け、ボランティアとしてベトナムに赴くことを決意する。あきれる妻・結衣(国仲涼子)に、「3ヶ月だけ」と説得する志郎。志郎はベトナムへと旅立つことに。しかし志郎を待っていたのは、ベトナムの医療環境の悪さと文化の違い。同僚のサン医師(ビン・アン)とはなにかと反目しあう仲…。そんなある日、失明寸前の少年が現れ、志郎は何とか治療を試みようと自費で内視鏡を購入。少年を失明から救う。そして、約束の3ヶ月は終わりを告げようとしていた…。(公式ホームページから引用)

「仕事はお金よりやりがいだ!」と言う方はたくさんいますが、実際に「無給で仕事をしてください、あるいは給料を半分にします」と言われたら仕事をやめてしまう方がほとんどではないでしょうか。極論だと言われそうですが、極論にしたときこそ真実が見えるのが世の常。極論にしてはじめて、自分はお金のために働いていたんだ、という真実に気づかされるのです。

むしろ、「自分はお金のために働いている」とはっきり宣言している方が嘘がないですよね。

そんな現実の中、人の役に立ちたいという信念を持ち、それを実際に行動に移せるごく僅かの人がいます。こうした人は本当に強い信念や動機がないとできないものです。そんな生き方を「素敵だ」、「憧れる」という人は多くいますが、実際に行動に移せる人はごく僅かなのですから。

この物語はそんな強い信念を持った一人の意思の物語。自分の信念を貫くことで家族との軋轢や葛藤が生まれますが、そんな危機をどう乗り越えていくのか?非常に興味深いドラマです。

 

スポンサードリンク

 

『ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

羽鳥志郎/濱田岳

濱田岳

眼科医。日本で屈指の網膜硝子体の専門医で、その治療技術は世界的に高い評価を得ている。グェン医師に懇願され、ボランティアでベトナムに赴き無償医療を行うことに。しかし志郎を待っていたのは、ベトナムの医療環境の悪さと文化の違い、そして貧しさのなか適切な医療を受けられない患者たちだった…。

羽鳥結衣/国仲涼子

国仲涼子

明るく優しい性格の志郎の妻。志郎のベトナムでの医療活動も応援していたが…。自宅でピアノ教室を開いている。

羽鳥和子/キムラ緑子

キムラ緑子

志郎の母。ベトナムで医療活動を行うという志郎にあきれつつ、志郎と結衣をそばで見守る。

グェン院長/レ・クォン

レ・クォン

ベトナムにある眼科病院の院長。志郎の腕を見込み、ベトナムでの治療をお願いする。

 

サン医師/ビン・アン

ビン・アン

腕も良く英語も堪能な医師。志郎のお世話係となるが、何かと反目し合う仲に…。

 

ティエン看護師/レ・チ・ナ

レ・チ・ナ

ベトナムの医療現場や文化になじめない志郎をサポートする看護師。日本語が話せる。

 

ハイ/ティエン・ゴー

ティエン・ゴー

増殖硝子体網膜症を患った少年。治療を求め父と病院にやって来る。

 

ミン/ラム・クィン

ラム・クィン

白内障を患った、失明寸前の少女。病院にやって来るが、高額の手術費用を払うことができずいなくなってしまう。

 

森上巧/本田博太郎

本田博太郎

大学医学部教授。志郎の医学生時代からの恩師で、ベトナムから帰国した志郎から、ある頼み事を受ける。

羽鳥慈夫/生瀬勝久

生瀬勝久

志郎の父。市役所に勤めよく働き、志郎が中学生のとき胃がんで亡くなる。慈夫が生前に残した言葉が、後に志郎の人生に大きな影響を与えることに。

スタッフ情報

脚本/後藤法子

代表作に映画『ホームレス中学生』、『神様のカルテ』、『僕だけがいない街』、ドラマ『イノセント・デイズ』、『嘘の戦争』、『家族ノカタチ』、『銭の戦争』、『チーム・バチスタシリーズ』、『ブラックジャックによろしく』、『伝説の教師』など

演出/本木一博

『ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~』ロケ地&撮影場所まとめ

このドラマは2018年11月頃に撮影が行われたようですね。舞台は日本とベトナムのフエ。いまのところ、具体的なロケ地や目撃情報がありません。こちらは判明したら更新します。

【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • ベトナムの光のロケ地ですが、ロケに使った病院は
    フエのキムロン通りにあるバンビエン病院、食べていた鳥は病院の近くのアヒル専門店の鳥、
    出てくる塔はティエン・ムー寺の塔、大きな施設はグエン帝廟です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。