『夕凪の街 桜の国2018』ロケ地&広島、大分、滋賀、東京の撮影場所、キャスト、あらすじ、相関図!【常盤貴子&川栄李奈主演ドラマ】

夕凪の街 桜の国2018
2018年8月6日(月)19時30分からNHKで放送されるスペシャルドラマ『夕凪の街 桜の国2018』。NHK広島放送開局90年を記念したドラマであり、常盤貴子、川栄李奈、工藤阿須加、浅利陽介ら豪華キャストが出演することで話題になっています。そこで今回は『夕凪の街 桜の国2018』の舞台となる広島県のロケ地や滋賀県、大分県、東京都の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、登場人物の相関図について紹介していきます。

スポンサードリンク

『夕凪の街 桜の国2018』のあらすじ

出版社で編集者として働く石川七波(46)。悩みの種は編集部のリストラと、認知症の疑いのある79歳の父親・旭。ある日、行き先も言わず家を出て行った旭を追いかけていると、いつもかわいがっている姪の風子(17)も合流。どうやら家出をしてきたらしい・・・

旭の行き先は広島。風子と一緒に尾行する七波。旭がある人の足跡を尋ねていることに気づく。そのある人とは、原爆によって亡くなった旭の姉。七波の伯母にあたる人物だった。
その、伯母の名は平野皆実。13歳のとき広島で被爆したが、昭和30年、23歳になるまで広島で暮らしていた。心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ち、小さな一歩を踏み出しかけたとき、忘れかけていた“原爆”が再び皆実を襲う。

皆実の弟・旭と七波と風子の広島への旅は、それから63年後の平成30年夏。この不思議な旅の中で、これまで明かされていなかった様々なドラマが明らかになっていく・・・(公式ホームページから引用)

 

原作はこうの史代のコミック

ドラマの原作は『この世界の片隅に』の作者として知られるこうの史代のコミック。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

『夕凪の街 桜の国2018』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

石川七波/常盤貴子

常盤貴子

主人公。勤める出版社ではリストラの危機、家では二人暮らしの父親の行動が心配、恋人とはなかなか結婚に踏み切れない…なにかと人生の岐路に立たされている40代。フラフラと家を出て行った父親を追いかけていくところから予期せぬ旅が始まる。

石川旭/橋爪功

橋爪功

建設会社を定年退職して以来、悠々自適の日々。娘の七波からは認知症を疑われているが、飄々とした性格は生来のもの、本人はまったく気にしていない。七波には隠しているようだが、人生の締めくくりにどうしてもやりたいことがあるらしい。

石川風子/平祐奈

平祐奈

七波の弟・凪生の娘。幼い頃から七波を慕っていて、相談事があると必ず七波のもとに駆け込んでくる。今回もなにやら父の凪生ともめたようで、家を飛び出してきたが・・・

平野皆実/川栄李奈

川栄李奈

舞台は昭和30年、広島市内の建設会社で働く23歳。茨城の親戚の元で暮らす弟と再会するため節約に励む日々を送っていた。会社の同僚の青年と恋に落ちるが、一歩前に踏み出すことがなかなかできない。

平野フジミ/キムラ緑子

キムラ緑子

皆実の母。広島市内で被爆し、生死の境をさまよった。なによりも娘の皆実の幸せを願っている。

打越アキラ/工藤阿須加

工藤阿須加

皆実の同僚。皆実とは軽口を叩き合う仲だったが、いつしか飾らない皆実の人柄に魅かれていく。

太田京花/小芝風花

小芝風花

平野家の近所に暮らす原爆で両親を亡くした少女。旭とフジミを慕って、しばしば平野家を訪れる。

石川旭/浅利陽介

浅利陽介

皆実の弟。戦時中、茨城に疎開して、親戚の養子となった。のちに広島の大学に通うために、平野家に戻ってくることになる。

谷原章介

石川七波(常盤貴子)の上司。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/森下直

代表作にドラマ『瑠璃の島』、『必殺仕事人』、『相棒』、『刑事7人』、『遺留捜査』など

演出/熊野律時

▶次ページ ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。