『遙かなる山の呼び声』ロケ地&北海道・中標津町の撮影場所、キャスト、あらすじ!【阿部寛&常盤貴子出演ドラマ】

2018年11月24日(土)21時からNHK BSプレミアムで放送されるスペシャルドラマ『遥かなる山の呼び声』。山田洋次監督の名作映画のドラマ化作品であり、阿部寛と常盤貴子が出演することで話題になっています。そこで今回は『遥かなる山の呼び声』の舞台となる北海道標津郡中標津町のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『遥かなる山の呼び声』のあらすじ

日本映画の名作「遙かなる山の呼び声」が、38年の年月を経て、テレビドラマとしてよみがえります。夫を失いながらも酪農に夢と生涯を掛ける女性と、悲運な宿命を負った男との出会いと別れを、北海道の大自然を舞台に、ダイナミックかつ感動的に描きます。

北海道の中標津という小さな町で、風見民子(常盤貴子)は、息子・武志を育てながら、義父の吉雄(中原丈雄)と共に完全放牧の酪農を続けていた。夫の精二が数年前に交通事故で亡くなってから牧場の規模を縮小し、家族3人何とか生計を立てている。

遥かなる山の呼び声

2018年春。その日は夕方から激しい嵐に見舞われた。親戚の葬儀に出かけていた吉雄がずぶ濡れになって帰って来た。路上でバイクが故障し難儀してた見ず知らずの男を車に乗せて来たらしい。

遥かなる山の呼び声

今夜だけ納屋にでも泊めてやってくれと言う。訝しがる民子。果たして、玄関に現れたのはびしょ濡れの大男(阿部寛)であった。嵐がウソのように晴れた翌朝。忙しい家事を終えて牛舎に向かった民子が見たのは、慣れた手つきで牛の世話をする男の姿であった。(公式ホームページから引用)

 

『遥かなる山の呼び声』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

田島耕作/阿部寛

阿部寛

北海道をバイクでツーリング中に嵐に見舞われるが、吉雄に声を掛けられ九死に一生を得る。孤独で寡黙な大男は、民子と運命的な出会いをするが、人に言えない秘密を抱えていた。

風見民子/常盤貴子

常盤貴子

厳しい北海道の地で義父と共に完全放牧を続ける一方、グラスフェッドミルクで新商品の開発を企画考案中。ひとり息子である武志を厳しくも愛情豊かに育てている。

虻田太郎/筧利夫

筧利夫

道東を中心に不動産から新規事業まで手掛ける実業家。派手で女好きであるが、北海道人らしく、大らかで面倒見も良い。未亡人となった民子に何度もプロポーズをするが・・・。

風見武志/佐藤優太郞

佐藤優太郞

小学3年生になる民子のひとり息子。引っ込み思案の処もあったが、耕作と出会ったことで、少しづつ活発になって行く。今は春の市民文化祭りに向けてピアノの練習に励んでいる。

 

大沢鈴江/高畑淳子

高畑淳子

吉雄の妹で民子の叔母さん。大規模酪農で成功し、未だに完全放牧に拘る吉雄の方針に疑問を頂きつつ応援している。民子がなんでも相談できる頼れる叔母でもある。

風見吉雄/中原丈雄

中原丈雄

完全放牧と言う理念を掲げ中標津の地で半世紀以上、酪農を営むもなかなか赤字から脱却できない。今年が勝負の年と思っている。お人好しで、大のお酒好き。

スタッフ情報

原作/山田洋次

脚本/山田洋次、坂口理子代表作にドラマ『私が恋愛できない理由』、『医師たちの恋愛事情』、『女子的生活』、映画『恋は雨上がりのように』、『フォルトゥナの瞳』など)

演出/朝原雄三

 

スポンサードリンク

 

『遥かなる山の呼び声』ロケ地&撮影場所まとめ

『遥かなる山の呼び声』は2018年5月に北海道標津郡中標津町で撮影が行われました。

風見牧場のロケ地は中標津町の阿知波牧場

阿知波牧場 阿知波牧場

北海道標津郡中標津町にある阿知波牧場。ミルクロードや開陽台の近くにあります。ここが『遥かなる山の呼び声』の舞台となる風見牧場のロケ地になりました。実際、5月に阿部寛や常盤貴子らが撮影をしていたという目撃情報がありました。

阿知波牧場の住所:北海道標津郡中標津町開陽

 

中標津町総合文化会館 しるべっと

中標津町総合文化会館 しるべっと 中標津町総合文化会館 しるべっと1

中標津町総合文化会館しるべっと。大ホールがある文化会館として知られています。ここが『遥かなる山の呼び声』の撮影地になったと発表がありました。実際、5月20日にエキストラを募集してロケが行われたようですね。

中標津町総合文化会館しるべっとの住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。