静岡発地域ドラマ『プラスティック・スマイル』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、相関図!【ももクロ・百田夏菜子主演】

2018年11月21日(水)21時からNHK BSプレミアムで放送の静岡発地域ドラマ『プラスティック・スマイル』。ももいろクローバーZの百田夏菜子主演ということで話題になっています。そこで今回は『プラスティック・スマイル』の舞台となる静岡県静岡市のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

静岡県地域ドラマ『プラスティック・スマイル』のあらすじ

舞台は静岡県静岡市。静岡県はプラモデル産業が盛んで、「世界の模型首都」とも称され、全国一の出荷額を誇ります。そんな静岡市内のプラモデルメーカー・島田模型の総務課に勤務する紬(つむぎ)は、仕事とプライベートをきっちり分け、仕事は完璧にこなしつつ、プライベートでは趣味でコスプレを楽しむ25歳。

ある日、完璧主義の紬に社長から「働き方改革」推進の特命が下ります。ところが、そんな紬の前に、残業で徹夜もいとわないという“プラモ一筋”の先輩・翔があらわれ、あろうことか新製品開発のチームを組むことに!

“趣味を仕事にしない女” と “趣味をそのまま仕事にした男” 正反対の二人は正面衝突。「仕事って何? 趣味って何? 本当の自分って何?」働き方改革の時代に送る、青春お仕事ドラマです!(公式ホームページから引用)

 

静岡県地域ドラマ『プラスティック・スマイル』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

林田紬(はやしだ つむぎ)/百田夏菜子

百田夏菜子 百田夏菜子

コスプレが趣味の25歳。プラモデルメーカー総務部勤務。大好きな漫画のキャラクターのコスプレを完璧にすることが生きがい。仕事は仕事と割り切っており、会社では労働時間管理のリーダーを担当。

望月翔/青柳翔

青柳翔

紬の同僚。プラモデルメーカー企画部勤務。大好きなプラモデル製作を仕事にしたくて入社。「仕事は人生」がモットー。寝食を忘れるほど仕事に没頭してきたが、働き方の見直しを迫られる。

島田浩一 /武田真治

武田真治

プラモデルメーカー社長。働き方改革の波が押し寄せる中、社員の残業時間削減と効率重視の経営に舵を切る。紬を労働時間管理のリーダーに任命する。

岡田勉/中村靖日

中村靖日

プラモデルメーカー総務部長。紬の実務能力を高く評価している上司。

ジェン/片山萌美

片山萌美

人気コスプレイヤー。紬の昔のコスプレ仲間。現在は東京で有名コスプレイヤーとして活動している。

望月環/杉野希妃

杉野希妃

翔の妻。東京でフラワーアーティストの仕事をしている。

八木沢聖也/安齋肇

安齋肇

漫画家。劇中漫画「リエゾン・ディア―ヴォロ」の原作者。

 

ノーテン・ミクラ・ミユ・サーヤ/ROSARIO+CROSS

ROSARIO+CROSS

紬のコスプレ仲間。

 

林田遥/田中美里

田中美里

紬の母。紬が幼いころに家を出ていく。

林田晃/マキノノゾミ

マキノノゾミ

紬の父。清水港でクレーン操縦の仕事をしている。紬と2人暮らし。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/黒沢久子

代表作にドラマ『蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ』、『東京女子図鑑』、『民衆の敵 世の中、おかしくないですか?』、映画『誘拐ラプソディー』、『お父さんと伊藤さん』など

演出/大橋守

 

スポンサードリンク

 

静岡県地域ドラマ『プラスティック・スマイル』ロケ地&撮影場所まとめ

『プラスティック・スマイル』は2018年8月上旬から8月20日頃まで静岡県静岡市で撮影が行われたました。

清水駅前銀座商店街

清水駅前銀座商店街

静岡県静岡市清水区にある清水駅前銀座商店街。その名の通り、JR清水駅前にあります。ここが『プラスティック・スマイル』のメイン舞台の撮影地になったと発表がありました。

実際、8月の中旬に百田夏菜子や青柳翔らがロケ地をしていたという目撃情報が相次いでいます。

清水駅前銀座商店街の住所:

 

久能山東照宮

久能山東照宮

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!
【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。