『グッドワイフ』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【常盤貴子主演ドラマ】

グッドワイフ
2019年1月13日(日)21時からTBS日曜劇場枠で放送スタートの冬ドラマ『グッドワイフ』。アメリカの人気ドラマ「The Good Wife」を原作とした日本リメイク作品であり、常盤貴子、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海ら豪華キャストが出演することで話題になっています。そこで今回は『グッドワイフ』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『グッドワイフ』に関連する記事はこちら↓↓

『グッドワイフ』のあらすじ&原作

あらすじ

仕事のブランク、夫への疑惑、そして、同期との再会。子どものために、“覚悟を決めて”数々の困難に諦めず立ち向かう爽快な姿を描く。リーガルヒューマンエンターテインメントが日曜劇場に誕生!!

16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子(はすみきょうこ)。杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日突然、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻”として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変することに。

夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。そして司法修習生時代の同期の助けでその同期が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。(公式ホームページから引用)

原作はアメリカの人気ドラマ「The Good Wife」

グッドワイフ

ドラマの原作はリドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された「The Good Wife」。アメリカのエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞した超人気作品です。今回の日本リメイク版の放送を機に、一度は視聴しておきたいものですね!

「The Good Wife」のシーズン1からシーズン7がU-NEXTで配信中!

「The Good Wife」が動画配信サービスU-NEXTで配信中!シーズン1からシーズン7まで配信されていますよ↓↓

🔻【31日間無料お試し】U-NEXTはこち

U-NEXT

31日間の無料お試し期間あり!(600円分のポイントももらえる!)
・動画配信本数120,000本以上!

・最新ドラマの配信が早くて豊富!
・『リーガルV』や『ぎぼむす』、『おっさんずラブ』などの人気ドラマも配信中!
・70誌以上の雑誌が読み放題!
・おすすめ度:★★★★★

『グッドワイフ』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

蓮見杏子(はすみ・きょうこ)/常盤貴子

常盤貴子

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の弁護士。エリート検事の夫・壮一郎のスキャンダルにより、16年ぶりに主婦から弁護士に復帰。真面目な性格で、行動力があり明るく社交的。完璧主義者ゆえに、人を頼ることが苦手で、自分だけで抱えてしまうことが多々ある。大学を卒業後、現役で司法試験に合格し、司法修習時代をトップで卒業。若手弁護士として高い評価を受けている中、壮一郎と知り合い結婚。長男が病弱だったこともあり専業主婦になる。幸せな生活の最中に、夫のスキャンダルが発覚。弁護費用と、息子と娘を守るため、16年ぶりに弁護士復帰を決意。しかし、長いブランクもあり、雇い先が見つからない中、司法修習時代の同期の多田の誘いもあり、『神山多田法律事務所』 で働くことに。妻として、母として、弁護士として、そしてひとりの女として――杏子の大いなる戦いが始まる。

多田征大(ただ・まさひろ)/小泉孝太郎

小泉孝太郎

『神山多田法律事務所』 の共同代表。頭脳明晰で頼りになる性格。端正なルックスと誠実な立ち振る舞いから女性に好かれ、依頼人からの信頼も非常に厚い。だが自分の弱い部分を見せることができず、真の友人、真の恋人を作ったことがない。司法修習時代に杏子と出会い、彼女の美しさと人柄に惹かれるが、成績優秀だった杏子に見合う男になってから想いを伝えようと気持ちを胸にしまっていた。将来有望な若手弁護士として、法曹界で注目されるようになった頃、杏子の結婚の話を聞き、落ち込む。杏子の結婚後は、弁護士としてこれまで以上に仕事に打ち込むように。時は過ぎ、杏子の夫・壮一郎のスキャンダルを知り、10数年ぶりに彼女と会い、事務所に誘う…

円香みちる(まどか・みちる)/水原希子

水原希子

『神山多田法律事務所』 のパラリーガル。訴訟に勝つ上で重要な証言を取ってくるために、幅広い交友関係を駆使して、手段を一切選ばない。あらゆることに精通しており、弁護士たちのまさに右腕的存在。その仕事ぶりから多田や神山からも絶大な信頼を得ている。一方でプライベートは謎に包まれていて、どこに住んでいるのかさえ知られていない。唯一わかっていることは、前職が検察事務官で、壮一郎によって、その職を辞したということだけである。

朝飛光太郎(あさひ・こうたろう)/北村匠海

北村匠海

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の若手弁護士。勤勉タイプで知識も豊富。ロースクール時代は成績優秀だった。上司に物おじせずにズバズバ意見するため、一見生意気に見られるが、抑えるべきところは抑え、自然と人の懐に入り込んでくる子犬のような性格。事務所でも、神山と多田に可愛がられている。イケメンであり、本来ならモテるのだが、本命の円香には全く相手にされていない。しかし、めげない。

佐々木達也(ささき・たつや)/滝藤賢一

滝藤賢一

東京地方検察庁特別捜査部員。壮一郎の8期下。同期内では抜きんでた優秀さで、将来の検察庁幹部候補生として、壮一郎も目をかけていて、若い頃から検察官のイロハを叩き込まれた壮一郎の腹心。その正義感は壮一郎譲りで、特に検察官として崇高な理想と高い誇りを持ち、検察が日本の正義を守るものだと自負している。壮一郎が逮捕されて、取り調べを担当することになる。

神山佳恵(かみやま・よしえ)/賀来千香子

賀来千香子

『神山多田法律事務所』 の共同代表。大手法律事務所でやり手弁護士として名をあげ、男性が活躍する業界の中で、女性として肩を張り合ってきた自負があり、プライドが高い。豪快な性格で、自分の人を見る目に間違いはないと信じ、多田にパートナーとしての絶大な信頼を寄せている。プライベートもなく、仕事に捧げてきた分、専業主婦から復帰した杏子に対して、懐疑的な態度をとる。

脇坂博道(わきさか・ひろみち)/吉田鋼太郎

吉田鋼太郎

東京地方検察庁特別捜査部の新部長。検事として優秀ながら、2期下に蓮見壮一郎という自分を上回る優秀な検事がいたことで、2期に一人しか選ばれない検事総長への道は厳しいと目されてきた。やがて、将来の検事総長が座るとされる特捜部長の席を壮一郎がとり、脇坂は横浜地検に異動。壮一郎は、脇坂にとって目の上のたんこぶであり、壮一郎の脱落を心底願っていた。壮一郎の逮捕により後釜として特捜部長に就任。再び手にしたチャンスをなんとしても掴むために、壮一郎の前に立ちはだかる。

蓮見壮一郎/唐沢寿明

唐沢寿明

杏子の夫で東京地方検察庁特別捜査部の元部長。現在は収賄容疑で拘留中。学生時代から成績優秀で、リーダー気質で後輩思いだった。押しが強く、どんな相手でも決してひるまず、不正や犯罪を絶対に許さないが、その反面、時には強引な手段を使ってでも徹底的に戦う。ある事件の捜査をしていた壮一郎は、ひとりの女性記者と知り合い、情報提供を通して信頼関係を築いている中である日、酔ってその女性記者と朝を迎えてしまう。この一件でマスコミが壮一郎の汚職疑惑と不倫関係を報じ、壮一郎は職を追われることに。スキャンダル報道後の記者会見で、汚職疑惑は強く否定するものの、女性スキャンダルは認め、杏子の信頼を失ってしまう…。

林幹夫(はやし・みきお)/博多華丸

博多華丸

壮一郎の顧問弁護士。真面目で堅実な性格。知人の紹介で壮一郎の疑惑を晴らすために弁護を務めることになる。人当たりがよく、柔和な雰囲気ではあるが、時折見せる目の奥の鋭さから、優秀さを感じさせる。壮一郎に関して、その後釜についた脇坂との関係や事情もよく把握しており、検察庁内部の人間関係で誰が味方で敵かどうか共に見極めようとする。

蓮見隼人(はすみ・はやと)/小林喜日

小林喜日

杏子と壮一郎の息子。高校1年生。物心ついたときから、平日休日問わず家に父親がいない生活だったが、父・壮一郎を誇りに思っていた。しかし、そんな父が逮捕され、その事実に誰よりも傷つく。母・杏子が働き始めてからは、母を思いやり、家事を率先して手伝う。料理が得意。

蓮見綾香(はすみ・あやか)/安藤美優

安藤美優

杏子と壮一郎の娘。中学1年生。母譲りの社交的な明るい性格で、家庭でも両親や兄から可愛がられて育った。杏子が弁護士復帰してからは、家での話し相手はもっぱら兄の隼人。ただ、学校で起きたことは中学に上がってからは家庭内であまり話さなくなってきている。たまに来るようになった祖母・幸枝は少し苦手で、祖母の対応は母や兄に任せがち。

蓮見幸枝(はすみ・さちえ)/高林由紀子

高林由紀子

壮一郎の母。いつも着物を着ており、人から “ちゃんと” して見えるよう心がけている。息子の危機を家族で支えながら気丈に乗り越えなければと意気込んでいる。義理の娘の杏子にも、スキャンダルは申し訳なく思うものの、今は検事の妻としてしっかり息子を支えて欲しいと思って、たびたび口うるさく杏子に言う。働き始めた杏子に代わって、孫たちの面倒をみようとお節介を焼く。

ゲスト出演者

日下部直哉/武田鉄矢(第1話のゲスト出演者)

武田鉄矢

浜口直樹/泉澤祐希(第1話のゲスト出演者)

泉澤祐希

市原賢吾/横田栄司(第1話のゲスト出演者)

横田栄司

伊達安奈/伊藤さおり(第1話のゲスト出演者)

伊藤さおり

相原友祐/古山憲太郎(第1話のゲスト出演者)

古山憲太郎

保坂昌也/井本貴史(第1話のゲスト出演者)

井本貴史

神山大輔 /橋爪功(第2話のゲスト出演者)

橋爪功

吉村祐介/矢柴俊博(第2話のゲスト出演者)

矢柴俊博

牧原哲也/竹井亮介(第2話のゲスト出演者)

竹井亮介

曽野節子/松本紀保(第2話のゲスト出演者)

松本紀保

高井明/木本武宏(第2話のゲスト出演者)

木本武宏

宝飾店店員/村上佳菜子(第2話のゲスト出演者)

村上佳菜子

追加キャストは随時追加していきます。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/篠﨑絵里子

代表作に朝ドラ『まれ』、『いま、会いに行きます』、映画『あしたのジョー』など

演出/塚原あゆ子 ほか

代表作にドラマ『中学聖日記』、『アンナチュラル』、『リバース』、『砂の塔』、『重版出来!』、『ナポレオンの村』、『Nのために』、『アリスの棘』など

主題歌/BUMP OF CHICKEN「Aurora」

『グッドワイフ』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『グッドワイフ』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

『グッドワイフ』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019.01.13
『グッドワイフ』に関連する記事はこちら↓↓
【2019冬ドラマ特集】

常盤貴子、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海らの出演作品がTSUTAYA TVで多数配信中!

『とんび』や『20世紀少年』、『愛していると言ってくれ』、『ブラックペアン』、『名もなき毒』、『踊る大捜査線 THE MOVIEシリーズ』、『進撃の巨人』、『ノルウェイの森』、『君の膵臓をたべたい』、『勝手にふるえてろ』、『セーラー服と機関銃 卒業』など、常盤貴子、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海の出演作品がTSUTAYA TVで多数配信中!

【30日間無料お試し】TSUTAYA TVはこちら!

TTV

・月額933円(税別)
初回30日間無料お試し期間あり!
・登録はクレジットカード決済が必要!
・『今日から俺は!!』、『中学聖日記』、『義母と娘のブルース』、『グッド・ドクター』など、人気の最新ドラマも配信中!

・安心のTSUTAYAブランド!
動画見放題プランで新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルが見放題
・新作・準新作を視聴するための1,080円分の動画ポイントがもらえる!
・動画配信なのでDVDやBlue-rayレンタルのように「全部借りられて見られない」ということがない!
・おすすめ度:★★★★★

【TSUTAYA TVで配信中の常盤貴子出演作品】

  • 『だれかの木琴』(常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美):2016公開の映画
  • 『とんび』(内野聖陽、佐藤健、常盤貴子):2013冬ドラマ
  • 『月に祈るピエロ』(常盤貴子、谷原章介、八千草薫):2013秋のスペシャルドラマ
  • 『CUT』(西島秀俊、常盤貴子、笹野高史):2011公開の映画
  • 『20世紀少年』(唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子):2008公開の映画
  • 『アフタースクール』(大泉洋、堺雅人、常盤貴子):2008公開の映画
  • 『魂萌え!』(風吹ジュン、三田佳子、常盤貴子):2007公開の映画
  • 『地下鉄(メトロ)に乗って』(堤真一、岡本綾、常盤貴子):2006公開の映画
  • 『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』(柳楽優弥、常盤貴子、蒼井優):2005公開の映画
  • 『ゲロッパ!』(西田敏行、常盤貴子、岸部一徳):2003公開の映画
  • 『千年の恋 ひかる源氏物語』(吉永小百合、天海祐希、常盤貴子):2001公開の映画
  • 『美しい人』(田村正和、常盤貴子、内山理名):1999秋ドラマ
  • 『理想の結婚』(常盤貴子、竹野内豊、榎本加奈子):1997冬ドラマ
  • 『ひとり暮らし』(常盤貴子、高橋克典、永作博美):1996秋ドラマ
  • 『愛していると言ってくれ』(豊川悦司、常盤貴子、余貴美子):1995夏ドラマ

【TSUTAYA TVで配信中の小泉孝太郎出演作品】

  • 『警視庁ゼロ係 生活安全課なんでも相談室 3rdシーズン』(小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実):2018夏ドラマ
  • 『ブラックペアン』(二宮和也、内野聖陽、小泉孝太郎):2018春ドラマ
  • 『警視庁ゼロ係 生活安全課なんでも相談室 2ndシーズン』(小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実):2017夏ドラマ
  • 『Chef 三ツ星の給食』(天海祐希、小泉孝太郎、川口春奈):2016秋ドラマ
  • 『死の臓器』(小泉孝太郎、小西真奈美、武田鉄矢):2015夏ドラマ
  • 『エイジハラスメント』(武井咲、瀬戸康史、小泉孝太郎):2015夏ドラマ
  • 『ペテロの葬列』(小泉孝太郎、長谷川京子、高橋一生):2014夏ドラマ
  • 『名もなき毒』(小泉孝太郎、深田恭子、真矢ミキ):2013夏ドラマ
  • 『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』(佐々木希、小泉孝太郎、えなりかずき):2012春ドラマ
  • 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(織田裕二、深津絵里、小泉孝太郎):2012公開の映画
  • 『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』(織田裕二、深津絵里、小泉孝太郎):2010公開の映画
  • 『リアル・クローズ』(香里奈、西島秀俊、小泉孝太郎):2009秋ドラマ
  • 『ハケンの品格』(篠原涼子、加藤あい、小泉孝太郎):2007冬ドラマ
  • 『スローダンス』(妻夫木聡、深津絵里、小泉孝太郎):2005夏ドラマ
  • 『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』:2003公開の映画

【TSUTAYA TVで配信中の水原希子出演作品】

  • 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(妻夫木聡、水原希子、新井浩文):2017公開の映画
  • 『高台家の人々』(綾瀬はるか、斎藤工、水原希子):2016公開の映画
  • 『信長協奏曲』(小栗旬、柴咲コウ、水原希子):2016公開の映画
  • 『進撃の巨人』(三浦春馬、長谷川博己、水原希子):2015公開の映画
  • 『心がポキッとね』(阿部サダヲ、水原希子、藤木直人):2015春ドラマ
  • 『トリック劇場版 ラストステージ』(阿部寛、仲間由紀恵、水原希子):2014公開の映画
  • 『I’M FLASH!』(藤原竜也、松田龍平、水原希子):2012公開の映画
  • 『ヘルタースケルター』(沢尻エリカ、大森南朋、水原希子):2012公開の映画
  • 『ノルウェイの森』(松山ケンイチ、水原希子、菊地凛子):2010公開の映画

【TSUTAYA TVで配信中の北村匠海出演作品】

  • 『OVER DRIVE』(東出昌大、新田真剣佑、北村匠海):2018公開の映画
  • 『勝手にふるえてろ』(松岡茉優、北村匠海、渡辺大知):2017公開の映画
  • 『君の膵臓をたべたい』(浜辺美波、北村匠海、小栗旬):2017公開の映画
  • 『恋と嘘』(森川葵、北村匠海、佐藤寛太):2017公開の映画
  • 『ディストラクション・ベイビーズ』(柳楽優弥、菅田将暉、北村匠海):2016公開の映画
  • 『セーラー服と機関銃 卒業』(橋本環奈、長谷川博己、北村匠海):2016公開の映画
  • 『あやしい彼女』(多部未華子、倍賞美津子、北村匠海):2013公開の映画

※配信情報は2018年11月25日時点のものです。すでに配信が終了している可能性もあるので、登録前にTSUTAYA TVでご確認ください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。