『いとの森の家』ロケ地&福岡県糸島市の撮影場所、キャスト、あらすじ!【永作博美・樹木希林出演ドラマ】

いとの森の家
2018年9月30日(日)13時30分から14時56分までNHK BSプレミアムで前後編が放送される福岡発地域ドラマ『いとの森の家』。9月15日に逝去された樹木希林さんを忍び、2015年12月に放送されたドラマアンコールとして放送されます。そこで今回はスペシャルドラマ『いとの森の家』の舞台となる福岡県糸島市のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『いとの森の家』のあらすじ&原作

あらすじ

東京で満たされない日々を過ごす主婦・加奈子の元に、小4の1年間を共に過ごした親友・咲子から突然連絡が入る。ぜひ糸島に来て欲しいというのだ。

35年ぶりに訪れた糸島は、咲子と時を忘れて飛び回った思い出深い場所。生と死が交錯する糸島の風土を当時のように追体験していく中で、森の家に住み、自然の化身のようなオーラを放っていた老婦人“おハルさん”のことが、ふと思い出された。人知れず死刑囚との交流を続けていたおハルさん。死刑囚をどう思うか、人が死ぬとどうなるのか…さまざまな疑問を投げかけた、神秘の森での命のレッスンが加奈子の脳裏によみがえってくる。

そこに、突然、咲子が抱える問題が突き付けられる。予想もしなかった告白に言葉を失う加奈子・・・。さらに、自身が転校した後、突然おハルさんが村から姿を消していた事実が知らされる。「自殺した」と心ない噂が飛び交ったというが、真実は何だったのか・・・。

自分たちの生きる手がかりを見つけようと、「生と死」に向き合っていたおハルさんの足跡を追う加奈子。明らかになってきたおハルさんの秘められた過去と、自分たちに託したメッセージとは・・・。(公式ホームページから引用)

原作は東直子の小説

ドラマの原作は東直子の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『いとの森の家』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

加奈子(現在パート・45歳)/永作博美

永作博美

東京で暮らす主婦・加奈子は、かつての親友の咲子に呼ばれ、35年ぶりに糸島を訪れた。どこか満たされない日常に焦りを感じていた加奈子に、少女時代を過ごした森や海は当時のみずみずしい感性をよみがえらせてくれる。記憶を彩る小さな命たち、カエルやオケラ、シナモンの木。すると、おハルさんが過去から呼んでいる声が…。

咲子(現在パート・45歳)/渡辺真起子

渡辺真起子

加奈子の親友・咲子は、ふるさと糸島で緑に囲まれた素敵なカフェを営んでいる。35年ぶりに加奈子を呼び寄せたのは、分校時代の仲間たちと同窓会を開くためだというが…、それには語っていないもう一つの理由があった。そして、咲子は「あのころ」を取り戻す小さな旅をしようと加奈子をさそう。

永原院長(現在パート)/品川徹

品川徹

物語後半の鍵を握る地元病院の院長。

渡辺記者(現在パート)/須田邦裕

須田邦裕

物語後半の鍵を握る地元新聞社の記者。

カナコ(35年前パート・10歳)/濱田ここね

濱田ここね

東京から糸島へ転校してきた小学校4年生のカナコは、道ばたのカエルにびっくりして気を失う都会っ子。糸島の森や海で時を忘れて遊び回ったり、中津先生の習字教室で学んだりするうち、夢について、命について考えるようになっていく。そして、森の中の家でおハルさんが教えてくれた、いちばん大切なこととは…。

 

咲子(35年前パート・10歳)/戸高花暖

戸高花暖

糸島生まれで、糸島の分校の4年生のサキコは、転校してきたカナコとすぐにうちとけ、親友になる。二人はいつも一緒で、森や海で遊んだり、オケラをつかまえたり、おハルさんの家を訪ねたり、忘れられない時をすごす。

 

おハルさん(35年前パート・72歳)/樹木希林

樹木希林

深い森の中の一軒家に一人で住んでいる不思議なおばあさん。「ネコと子どもは出入り自由よ」というその家で、おハルさんは子どもたちと楽しい時間を過ごし、時に「命の尊さ」について語ってくれる。しかし、おハルさんの人生には、ある秘密があった…。

中津先生(35年前パート・25歳)/中村蒼

中村蒼

少女時代のカナコやサキコたちが通っていた習字教室の先生。自分が気に入った本を子どもたちに貸してくれる本好き。いつか子どもたちが読む物語を紡ぎたいと、作家になる夢を抱いている。

スタッフ情報

脚本/坂口理子

代表作にドラマ『私が恋愛できない理由』、『医師たちの恋愛事情』、『女子的生活』、映画『恋は雨上がりのように』、『フォルトゥナの瞳』など

演出/木寺一考

 

スポンサードリンク

 

『いとの森の家』ロケ地&撮影場所まとめ

『いとの森の家』は2015年10月下旬から11月初旬にかけて福岡県糸島市で撮影が行われたようですね。

西日本短期大学 二丈キャンパス

西日本短期大学 二丈キャンパス

 

GRASS BARNのロケ地はRUSTIC BARN(ラスティックバーン)

RUSTIC BARN RUSTIC BARN

ラスティックバーン

糸島市志摩にあるカフェ「ラスティックバーン」。ここは劇中に登場する「GRASS BARN」のロケ地になったようですね。お店が発表していました。

ラスティックバーンの住所:

 

二見ヶ浦

二見ヶ浦 二見ヶ浦

糸島市志摩にある二見ヶ浦。夫婦岩があることで知られています。きれいな海と美しい景色も素敵ですよね。ここも『いとの森の家』の撮影場所になったことがわかっています。

二見ヶ浦の住所:

 

糸島新聞社

糸島新聞社

糸島市前原東にある糸島新聞社。筑前前原駅と波多江駅の間にあります。ここも劇中に登場するようですね。

糸島新聞社の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!
福岡県がロケ地になったドラマや映画
【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。