『未解決の女2019スペシャル』ロケ地&京都の撮影場所、キャスト、あらすじ!【波瑠&鈴木京香ドラマ】

未解決の女,2019,スペシャル
2019年4月28日(日)21時からテレビ朝日系で放送のスペシャルドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』。波瑠と鈴木京香らが出演した『未解決の女』のスペシャルということで話題になっています。そこで今回は『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』の舞台となる京都のロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『未解決の女2019スペシャル』に関連する記事はこちら
【2019春ドラマ特集】

『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』のあらすじ

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係に所属する熱血刑事・矢代朋 (波瑠)はある日、文字フェチの先輩刑事・鳴海理沙 (鈴木京香)と主任・草加慎司 (遠藤憲一)とともに、京都府警を訪ねる。実は3日前、京都市内で喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)の遺体とともに、「男」という漢字が3つ連なる赤インク文字が発見されるという、異様な事件が発生。奇しくも、5年前には東京都内でもIT業界の人間がふたり相次いで殺され、それぞれの現場に「蟲」と「品」という赤インク文字が残されていたのだが、いずれも未解決のまま時が流れていたのだ。

未解決の女,2019,スペシャル

事件現場に残された、同じ漢字が3つ連なる“品字様”の文字――朋と理沙はこの奇妙な共通点に注目。5年の時を経て同一人物が犯行を再開した可能性を主張する。だが、上司である「特命捜査対策室」室長・古賀清成 (沢村一樹)からは「こじつけだ」と一蹴され、京都府警の捜査一課刑事・国木田哲夫(谷原章介)からも文書捜査に対する懐疑心を丸出しにされてしまうことに…。それでもめげずに、3つの事件をつなぐ“真実の欠片”を探し出そうと奮起する朋と理沙。だが、被害者3人の接点すら見つからず、捜査はなかなか思うようには進まない。

未解決の女,2019,スペシャル

その矢先、武村の過去を洗い直した国木田は、彼が4~5年前まで東京の最大手ソフトウェア企業「Wテクノス」で働いていたという情報を入手。しかも、武村が殺される2日前に、「Wテクノス」の社長・涌井徹(中村俊介)と会っていたことも判明したのだ! さらなる手がかりを求め、朋は国木田とともに「Wテクノス」へ。ところが、応対した社長秘書・米須雅人(武田真治)から門前払いを食らってしまい…。

そんな中、都内で新たな殺人事件が発生! 現場に残された赤インクの品字様を見た理沙は、にわかに目の色を変える――。(公式ホームページから引用)

スポンサードリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』のキャスト&スタッフ

キャスト

矢代朋(28)/波瑠

波瑠

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。幼少期から刑事ドラマの刑事に憧れ、高校卒業後そのまま警察官になった。空手家である父親譲りの体力と柔術には自信がある。もともとは捜査一課の強行犯係に所属、犯罪捜査の最前線に身を置いていた。考えるより行動が先に出るたちで、上司から「熱血バカ」とか「単純バカ」と言われることも多々ある。「特命捜査対策室」第6係へ異動した後は、上司・鳴海理沙が膨大な捜査資料の中から見つけた手掛かりをもとに、未解決事件を次々と解決。今では、文字を糸口に謎を解く捜査方法のとりこになっている。

古賀清成(50)/沢村一樹

沢村一樹

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。全6係ある未解決専門の特命対策室を束ねる。叩き上げからの成り上がりで、刑事としてのプライドがものすごく高い。もとは捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜擢された。だが、本人は閑職に追いやられた屈辱感でいっぱい…。結果を残して再び一課の花形部署に返り咲こうと意欲を燃やし、いつも部下の刑事たちを怒鳴りつけている。特に第6係(文書解読係)を不要の係と見下し、矢代朋のことも大人げないほど嫌味たっぷりな態度で叱責する。

岡部守(32)/工藤阿須加

工藤阿須加

警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。巡査部長。矢代朋とは同期。「特命捜査対策室」第6係に異動した朋の代わりに、強行犯係へ配属となった。川奈部孝史の下で、刑事らしい正統派の捜査を行う。やっと念願の捜査一課の刑事になり、川奈部や桑部に認められようと必死だが、朋には強行犯係の捜査状況を伝えることもある。

財津喜延(58)/高田純次

高田純次

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の係長。警部。矢代朋と鳴海理沙、草加慎司の直属の上司。温厚な人柄で、人格がバラバラすぎる第6係メンバーを上手くまとめる。眼鏡越しの目の奥で何を考えているかよく分からないが、実は切れ者で雄弁。特命捜査対策室の室長・古賀清成にも一目置かれている。文書捜査専門である第6係が表に出るのを快く思わない他部署からの苦情ものらりくらりとかわし、朋たちの防波堤となる。理沙の才能を見出して引き抜き、朋と理沙にバディを組ませようと思いついた張本人。私生活では恐妻家。

川奈部孝史(55)/光石研

光石研

警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の係長。警部。矢代朋にとっては元・直属の上司。警視庁の中でも花形とされる強行犯係において、エース格の刑事として活躍している。捜査現場で特命捜査対策室のメンバーと鉢合わせるたび、少々目障りな存在だと思っている。その一方で、時に鳴海理沙の文書捜査能力を利用し、捜査を進めることもある。

草加慎司(53)/遠藤憲一

遠藤憲一

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、ついでに超早飯。足を使った我慢強い捜査を厭わない刑事だったが、第6係に異動してからは現場に出ることも少なく、主に文書箱を運んだりしている。「倉庫番のフランケン」と呼ばれていたが、矢代朋が異動してきてからは、文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活し、朋を熱心に教育してきた。かつては捜査熱心すぎて、妻子に逃げられた過去も…。実は、鳴海理沙に密かに思いを寄せており、振り回されることに多少のときめきも感じている。

鳴海理沙(48)/鈴木京香

鈴木京香

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。警部補。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、ひっそりとした地下にある第6係の文書室にこもっており、周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれている。文書の解読によって未解決事件捜査の突破口を見いだす一方、心理学用語やそこから導き出される突飛な推理で周囲をあ然とさせることもしばしば。いつも冷静に見えて、予想外のことが起きると激しく動揺する可愛い面もある。クセ字が大好き。口癖は「文字の神様が下りてきた!」。

ゲスト出演者

国木田哲夫/谷原章介

谷原章介

品字様連続殺人事件の捜査で、朋&理沙が所属する警視庁「特命捜査対策室」第6係と連携を取る京都府警の捜査一課刑事。第6係が従事する”文書捜査”に対し、当初は懐疑心を丸出しにしながらも捜査に協力。品のある京都弁を操り時折ちょっぴり鼻につく言葉を放ちながらも、やがては朋に好意を寄せていくなど、どこか憎めないツンデレ気質な男。

 

米須雅人/武田真治

武田真治

走査線上に浮かび上がる東京の最大手ソフトウェア企業「Wテクノス」で社長秘書をしている男。社長のボディーガードも兼務している米須は、聞き込みにやってきた朋と国木田を門前払いするなど一分の隙もない男。

 

涌井徹/中村俊介

中村俊介

米須が奉仕する「Wテクノス」の社長。被害者との接点が疑われている。サッカーチームを買収したり、常にモデルなどの美女と交際しているなど羽振りがよくてイケすなかい男。

 

大岩純一/内藤剛志(警視庁捜査一課長とのスペシャルコラボ出演)

内藤剛志

警視庁捜査一課長。400名以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。“ヒラから成り上がった叩き上げの刑事”として捜査員たちからの信頼も厚い。

 

小山田大介/金田明夫(警視庁捜査一課長とのスペシャルコラボ出演)

金田明夫

警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく。

 

スタッフ情報

脚本/大森美香

代表作にドラマ『未解決の女』、『あさが来た』、『この声をきみに』、『ハングリー!』、『風のハルカ』、『不機嫌なジーン』、『きみはペット』、『二千年の恋』、映画『インストール』、『カイジ 人生逆転ゲーム』、『宇宙兄弟』など

演出/田村直己

代表作にドラマ『ドクターX』、『リーガルV』、『刑事ゼロ』、『特捜9』など

主題歌/平井堅「知らないんでしょ?」

スポンサードリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』ロケ地&撮影場所まとめ

『未解決の女2019SP』は2019年2月頃に撮影が行われたようですね。

矢代朋(波瑠)らが所属する警視庁の外観は警視庁本庁舎

警視庁

東京・霞が関にある警視庁本庁舎。ここは矢代朋(波瑠)や鳴海理沙(鈴木京香)らが所属する「特命捜査対策室第6係」がある警視庁の外観の撮影地になりました。

今回のスペシャルでも登場するのではないでしょうか。

警視庁本庁舎の住所:

 

京都の清水坂

清水坂

京都の清水寺近くにある清水坂はまさに京都らしい風情溢れる観光スポットとして世界的に有名です。現在は外国人で溢れているので、もっとも日本らしい場所でるが故に異国情緒溢れる場所になっています。

予告動画からこの清水坂がロケ地になったことがわかっています。波瑠が男を追いかけた後に、一本背負いしたシーンですね。

未解決の女

実際、2月6日に波瑠が清水坂で撮影をしていたという目撃情報がありました。

清水坂の住所:

 

京都の二条大橋

二条大橋

川端二条から鴨川にかかる二条大橋。予告動画からここも撮影場所いなったことがわかっています。波瑠と鈴木京香が歩いているシーンですね。

未解決の女

二条大橋の住所:京都府京都市

 

鴨川の河川敷(二条と御池の間)

鴨川の河川敷

川端御池と川端二条の間あたりの鴨川河川敷で波瑠や遠藤憲一らがロケをしていたという目撃情報がありました。

「吉岡里帆を見た」という目撃情報もありましたが、恐らく波瑠と見間違えたのでしょう。

下の場面カット写真は鴨川で撮られたものだと思います。

未解決の女

鴨川の河川敷の住所:

 

南禅寺

京都市左京区にある南禅寺。場面カット写真からここも撮影地になったことがわかっています。

未解決の女

南禅寺の住所:

 

水路閣

水路閣

京都市左京区のにある水路閣は1890 年代に建造されたレンガ造りの水道橋です。アニメ「けいおん」の聖地にもなりました。

ここで遠藤憲一がロケをしていたという目撃情報がありました。

水路閣の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

『未解決の女2019スペシャル』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『未解決の女2019スペシャル』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

未解決の女,2019,スペシャル

『未解決の女2019スペシャル』見逃し動画の無料配信はこちら!【4月28日放送分】

2019年4月28日
『未解決の女2019スペシャル』に関連する記事はこちら

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。