『母、帰る~AIの遺言~』キャスト、あらすじ、ロケ地&富山県の撮影場所!【柳楽優弥主演NHKドラマ】

母帰る,AIの遺言
2019年1月5日(土)21時からNHKで放送されるスペシャルドラマ『母、帰る~AIの遺言~』。柳楽優弥主演ということで注目されています。そこで今回は『母、帰る~AIの遺言~』の舞台となる富山県のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『母、帰る~AIの遺言』に関連する記事はこちら↓↓

『母、帰る~AIの遺言~』のあらすじ

病死した母が、夫や息子の精神的な助けになるよう、自分の記憶をAIに移植して遺(のこ)した。AIは仲の悪い父子を取り持とうとあれこれお節介を焼き始めるが…。“介護AI”が普及する近未来を舞台にした切ないホームドラマ。

母帰る,AIの遺言

直人は許せなかった。病気に苦しむ母・ゆりが亡くなる際、養父の誠二は酒屋にいたという。愛想を尽かし、誠二との関係を解消しようとした直人は、「養子離縁届」に署名させるため実家を訪れる。しかし、そこで誠二から差し出されたスマホから聞こえてきたのは、「ただいま」と言うゆりの声だった…! 生前、ゆりは自分の記憶を“介護AI”に移植していたと言うのだ。

AIは直人と誠二の仲を取り持つように明るく話題を絶やさない。一家団欒のような、直人には妙に居心地の悪い時間が流れる。するとAIから直人と誠二は“実の親子”だという驚愕の言葉が投げかけられる。

母帰る,AIの遺言

戸籍上の実父は別人で、直人が生まれる前に亡くなっている。忌み嫌う誠二と血がつながっているわけはない。しかし、ゆりの記憶をAIに移植した医師は「人工知能は嘘をつくことができない」と言う。誠二と実の親子と言うのは本当なのか? それとも嘘をつくはずのないAIが嘘をついたのか? 混乱する直人は誠二と大喧嘩になってしまう…。(公式ホームページから引用)

 

『母、帰る~AIの遺言~』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

柳楽優弥

岸本加世子

市川実日子

野間口徹

奥田瑛二

ほか

スタッフ情報

脚本/三國月々子

演出/小谷高義

スポンサードリンク

『母、帰る~AIの遺言~』ロケ地&撮影場所まとめ

『母、帰る~AIの遺言~』は2018年9月に富山県高岡市・黒部市・富山市・射水市で撮影が行われました。

富山県射水市の新庄川橋

新庄川橋

富山県射水市にある新庄川橋。嵐の松本潤や有村架純、坂口健太郎らが出演した映画『ナラタージュ』のロケ地になったことで知られています。

ドラマの予告動画からここが『母、帰る~AIの遺言~』の撮影地になったことがわかっています。

母、帰るAIの遺言

実際、9月19日にここで柳楽優弥と奥田瑛二が撮影をしていたという目撃情報がありました。

新庄川橋の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

『母、帰る~AIの遺言~』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『母、帰る~AIの遺言~』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は再放送や見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

母帰る,AIの遺言

『母、帰る~AIの遺言~』見逃し動画の配信&再放送日程はこちら!【柳楽優弥主演NHKドラマ】

2019年1月5日

 

『母、帰る~AIの遺言』に関連する記事はこちら↓↓
【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。