『真犯人』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&撮影場所!【上川隆也主演のWOWOWドラマ】

真犯人
2018年9月23日(日)22時からWOWOWで放送スタートの秋ドラマ『真犯人』(全5話)。翔田寛のミステリー小説を原作に、上川隆也、小泉孝太郎、内田有紀、高嶋政伸らが出演することで注目されています。そこで今回は『真犯人』のロケ地となる撮影場所、登場人物の相関図やスタッフ情報、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『真犯人』のあらすじ&原作

あらすじ

平成20年、静岡県の国道高架下で須藤勲(尾美としのり)の殺人事件が発生。
この事件を捜査する静岡県警富士裾野署の刑事・日下悟(小泉孝太郎)は、須藤が昭和49年に離婚した妻との間にできた、当時 静岡在住の幼い息子・尾畑守を誘拐殺人事件で亡くしていたことを知る。

この事件は時効成立の1年前となる昭和63年に、静岡県警本部長の榛康秀(高嶋政伸)の指示により特別捜査班を編成。ノンキャリアながら警視にまで 昇進した重藤成一郎(上川隆也)が管理官となり、有能な刑事6人を率いて再捜査が行なわれた。

それから20年後に東京在住の須藤が静岡で殺されたことを不可解に感じる日下は、昭和の誘拐殺人事件を掘り下げることが須藤殺害の解明につながると直感し、警察から離れて久しい重藤を訪ねて事件解決の手掛かりを探る。さらに、日下は尾畑守の遺族である母親の小枝子(長野里美)や姉の理恵(内田有紀)にも接触、次第に真相へと近づ いていく。(公式ホームページから引用)

原作は翔田寛の小説

ドラマの原作は翔田寛の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

ドラマ『真犯人』キャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

重藤成一郎/上川隆也

上川隆也

昭和49年に起きた誘拐殺人事件を捜査する刑事。事件の時効が目前に迫る昭和63年、特別捜査班の有能な刑事6人を率いて事件解決に心血を注いだ。

日下悟/小泉孝太郎

小泉孝太郎

平成20年に起きた殺人事件を捜査する刑事。事件を解決する糸口は、昭和の誘拐殺人事件にあると踏んで警察を引退した重藤に捜査協力を依頼する。

尾畑理恵/内田有紀

内田有紀

誘拐殺人事件の被害者遺族。事件によって軋轢が生じた家族の絆を再び取り戻したいと願う健気な女性。事件当時は7歳だった為、記憶が曖昧で長い間、苦悩し続けている。

榛康秀/高嶋政伸

高嶋政伸

未解決事件という汚名を残さぬよう、叩き上げで警視に出世した重藤を特別捜査班の管理官に任命する。重藤に重圧をかける、冷徹で出世欲の強い男。

小比木晴彦/甲本雅裕

勝田久作/田中要次

庄司修/浜田学

間嶋健二/森岡龍

白石聡/清水伸

尾畑小枝子/長野里美

寺嶋正志/モロ師岡

佐藤文也/近藤芳正

須藤勲/尾美としのり

尾畑清三/北見敏之

辰川忠雄/でんでん

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

監督/村上正典

代表作にドラマ『白鳥麗子でございます!』、『17歳』、『勝利の女神』、『いいひと。』、『ソムリエ』、『WATER BOYS』、『白い巨塔』、『1リットルの涙』、『絶対零度』、映画『電車男』、『一週間フレンズ。』など

脚本/池田奈津子

代表作にドラマ『桜蘭高校ホスト部』、『黒の女教師』、『アリスの棘』、『アルジャーノンに花束を』、『砂の塔 知りすぎた隣人』、『宮沢賢治の食卓』など

 

ドラマ『真犯人』ロケ地&撮影場所まとめ

『真犯人』は2018年1月頃に撮影が行われたと発表がありました。上川隆也の目撃情報もありました。

ただ、残念ながら具体的なロケ地がわかる目撃情報はありませんでした。新たなロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

 

【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。