『ルパンの娘』第10話のロケ地&撮影場所まとめ!ワープステーション江戸など【9月19日放送分】

ルパンの娘,10話
2019年9月19日(木)22時からフジテレビ系で放送の夏ドラマ『ルパンの娘』第10話。今回は60年前の学生時代のシーンでワープステーション江戸が登場しますね。そこで今回は『ルパンの娘』第10話のロケ地を紹介していきます。

スポンサードリンク

『ルパンの娘』に関連する記事はこちら↓↓

【メイン舞台】『ルパンの娘』ロケ地&撮影場所まとめ

まずはメイン舞台のロケ地を観ていきます。

華(深田恭子)が働くひまわりの図書館は埼玉県飯能市の飯能市立図書館

飯能市図書館

埼玉県飯能市にある飯能市立図書館。ここが華(深田恭子)が図書館司書として働く図書館のロケ地になりました。

飯能市立図書館の住所:

警視庁本庁舎

警視庁

地下鉄桜田門駅からすぐの場所にある警視庁本庁舎。ドラマの警視庁シーンの定番の外観撮影地ですよね。最近では山田涼介主演の『もみ消して夏』、波瑠主演の『未解決の女』、井ノ原快彦主演の『特捜9』、そして内藤剛志主演の『警視庁捜査一課長』のロケ地になってきました。

ここは和馬(瀬戸康史)が働く警視庁の外観ロケ地になっています。

警視庁本庁舎の住所:東京都千代田区霞が関2-1-1

松本記念音楽迎賓館

松本音楽迎賓館

東京都世田谷区にある松本音楽迎賓館。ドラマの撮影地でよく登場しますよね。最近では真木よう子主演の『よつば銀行』、ディーンフジオカ主演の『モンテ・クリスト伯』のロケ地になりました。

ここは岸井ゆきのが住む家の豪邸の門の撮影場所になりました。

松本音楽迎賓館の住所:

桜庭家の外観は?

和馬(瀬戸康史)らが住む桜庭家の外観は和風建築の一軒家ということがわかっています。こちらのロケ地は調査中です。こちらは判明したら更新します。

スポンサードリンク

【第10話】『ルパンの娘』ロケ地&撮影場所まとめ

9月19日放送の第10話のロケ地を見ていきます。

ワープステーション江戸

ワープステーション江戸 ワープステーション江戸

茨城県つくばみらい市にあるワープステーション江戸。時代ものの撮影所の定番ですよね。ここは第10話で登場した深田恭子や瀬戸康史、柄本時生が学生服を着ていた60年前のシーンのロケ地になりました。

ルパンの娘,10話 ルパンの娘,10話

ワープステーション江戸の住所:

<ワープステーション江戸で撮影された作品>

 

第10話のロケ地まとめ一覧

  1. 深田恭子や瀬戸康史、柄本時生が歩いていた60年前の街並み
    ワープステーション江戸(

第10話の撮影協力一覧

第10話の放送終了後に更新します。

『ルパンの娘』各話のロケ地まとめ一覧

『ルパンの娘』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『ルパンの娘』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!

<『ルパンの娘』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓>

【1ヶ月無料お試し】FODプレミアムはこちら

詳細は下をCheck↓↓

ルパンの娘

『ルパンの娘』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年7月11日
『ルパンの娘』に関連する記事はこちら↓↓
【2019夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。