NHK『昭和元禄落語心中』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ!【岡田将生主演ドラマ】

昭和元禄落語心中
2018年10月12日(金)22時からNHK総合のドラマ10枠で放送スタートの秋ドラマ『昭和元禄落語心中』。雲田はるこの人気マンガを原作とした実写化作品で、岡田将生が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は秋ドラマ『昭和元禄落語心中』の舞台となる茨城県つくばみらい市群馬県富岡市館林市のロケ地や栃木県宇都宮市埼玉県深谷市千葉県木更津市の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『昭和元禄落語心中』に関連する記事はこちら↓↓

『昭和元禄落語心中』のあらすじ&原作

あらすじ

昭和元禄落語心中

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。(公式ホームページから引用)

原作は雲田はるこの人気コミック

ドラマの原作は雲田はるこの同名コミック。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『昭和元禄落語心中』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

八代目 有楽亭八雲(菊比古)/岡田将生

岡田将生

戦前から戦後、平成まで長く活躍した落語家。前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進。その後、落語の大名跡である「八雲」を襲名した。クールでじっくり聞かせる噺を得意としている。弟子を取らない主義だが、何故か与太郎だけ、弟子入りを許した。

有楽亭与太郎/竜星涼

竜星涼

刑務所に服役中、八雲の落語に触れて、弟子入りを決意する。弟子を取らないことで有名な八雲に、体当たりで入門を直訴。何故か許された。刑務所に入る前はヤクザと付き合いがあったらしい。

小夏/成海璃子

成海璃子

八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家、有楽亭助六の娘。子供頃から落語に親しんで育ち、落語への造詣が深い。子供の頃、両親が事故死。八雲のことを「親の仇」と憎んでいる。

みよ吉/大政絢

大政絢

八雲が、菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。菊比古のことを献身的に支えながら、菊比古の親友である助六と添い、一人娘の小夏を生んだ。助六とともに、若くして事故死。

有楽亭助六(初太郎)/山崎育三郎

山崎育三郎

八雲の親友であり、憧れの落語家であり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。少年の頃、八雲と同じ師匠に、同じ日に弟子入り。ともに前座修行に勤しんだ。笑わせる噺、聞かせる噺、何でもできる天才落語家であり、真打ち昇進前から人気を博し、芸者みよ吉との間に小夏をもうけた。だがその後、若くして事故死してしまった。

スタッフ情報

脚本/羽原大介

代表作に映画『パッチギ!』、『フラガール』、『BLEACH』、ドラマ『銀狼怪奇ファイル』、『なっちゃん家』、『明日があるさ』、『とんび』、『マッサン』、『黒革の手帖』など

演出/タナダユキ、清弘誠、小林達夫

主題歌/ゆず「マボロシ」

▶次ページ 『昭和元禄落語心中』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。