月9『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』あらすじ、キャスト、相関図、主題歌!【沢村一樹と上戸彩が共演】

2018年7月からフジテレビ月9枠で放送スタートの夏ドラマ『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』。上戸彩主演で2010年と2011年に放送された『絶対零度』の続編となるシーズン3で、沢村一樹主演、上戸彩も出演することで話題になっています。

そこで今回は夏ドラマ『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

『絶対零度』に関連する記事↓↓
【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク

『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』のあらすじ

主人公の井沢範人は、ひょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物ながら、実は元公安のエリート刑事。ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、総務部・資料課に室長として転属しています。その資料課には、警察内で厄介払いされたトラブルメーカーたちが集められていました。“警視庁の吹きだまり”ともいうべき資料課ですが、実は秘密裏に進められている、ある重要なプロジェクトの任務を託されています。

そのプロジェクトとは、日本国民のあらゆる個人情報、日本全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データ、などが集約されたビッグデータを解析し、過去15年分のさまざまな犯罪データと照らし合わせ、AIが統計学的に、これから起こる重大犯罪、主に“殺人”を犯す可能性の高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”の実用化プロジェクトです。

資料課に課せられたミッションは“未然犯罪捜査チーム=ミハン”として、“ミハンシステム”の割り出した、未来の危険人物が起こすかもしれない重大犯罪(主に殺人)を阻止すること。データが示すのは危険人物の名前だけで、何が起こるかは分からず、いつ、どこで、誰が、なぜ、殺されようとしているのか? それらのことを潜入捜査しながら突き止めていきます。

しかし、現時点でこのような捜査は違法捜査。表向きは総務部・資料課として活動しており、警察内でも彼らの存在は秘密にされています。潜入捜査あり、アクションあり、エンターテインメント要素をふんだんに詰め込みながら、予想もつかない展開の連続で見る者の心をつかみます!(公式ホームページから引用)

AIが世界を劇的に変え始めている。

1990年代のIT革命以降、世界や人々の生活を変えてきました。とくに、2007年にi phoneが発売され、スマホを持つことが当たり前になってからは、その変化のスピートが加速度的に増したと言えるでしょう。また、2010年頃から騒がれていたクラウドやビッグデータはしばらく日の目を見ることはありませんでしたが、AIの進化によってようやく世の中に浸透し始めています。

とくにAIはこれからの世界を劇的に変えていくと言われており、私達の生活全般はもちろん、仕事や働き方をも変えてしまうと言われていますね。

AIが警察をも変えていくのは必然

そんなAIが警察の現場にも投入されることは必然であり、AIを活用することで、これまでできなかった「犯罪を未然に防ぐ」ことに大きな期待がかかっています。これは大いなる進歩ですよね。

しかし、まだまだ初期段階は問題や課題があるのも事実。まだあらゆる犯罪のパターンが認識されてないという問題や、それを扱う人たちのリテラシー、そして、ITを扱えない古い世代が残っていることなど・・・。進化の途上なのですから問題が起こるのは当然ですよね。

そこで、AIと人が協力することで、これまで絶対にできなかった角度からの捜査や問題解決ができるようになると思われます。そして、膨大な数の実例をこなしたその先には、、、「AIがすべてを解決する」そんな時代が来るかもしれません。

絶対零度の最新作は新しい刑事ドラマのカタチを提示する?

これまでの刑事ドラマは刑事の感や経験則、推理力を軸に構成が組まれてきましたが、『絶対零度』はAIを捜査の核に添えた物語が構成されています。そういった意味で今の時代を反映した内容になっているだけでなく、これからの刑事ドラマの新しいカタチのプロトタイプモデルになるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』のキャスト&相関図、スタッフ情報

メインキャスト

井沢範人/沢村一樹

沢村一樹

元公安のエリート。一見、ひょうひょうとしていて、どこか食えない性格の人たらしだが、たまに見せる表情に冷酷なものを宿すダークな一面も。若干、情けないところもあるため、出会った者は誰も彼が公安出身とは思わない。膨大な知識量と鋭い洞察力があり、公安時代の経験からか、成りすまして潜入するのは得意。とある事件をきっかけに、公安から総務部資料課に転属した。

【沢村一樹】

  • 1967年7月10日生まれ
  • 鹿児島県出身
  • 血液型はB型
  • 代表作にドラマ『浅見光彦シリーズ』、『ショムニシリーズ』、『警視庁失踪人捜査課』、『DOCTORS~最強の名医』、『ナポレオンの村』、『偽装の夫婦』、『ひよっこ』、『ユニバーサル広告社』など

桜木泉/上戸彩(特別出演)

上戸彩

「特殊犯罪捜査対策室」設立から7年、桜木は、山内とバディを組み、さまざまな事件を解決に導く一流の捜査官に成長していた。しかし、1年半前に極秘任務につき、その捜査中に突如失踪。以来一切の連絡がつかなくなっている。世間からバッシングされることを恐れた警視庁は、桜木の失踪を「不都合な真実」として公表することを避け、ろくな捜査もせずに事件を処理していた。彼女の失踪はミハンチームとどう絡んでいるのか―!?

【上戸彩】

  • 1985年9月14日生まれ
  • 東京都練馬区出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『3年B組金八先生』、『高校教師』、『義経』、『アテンションプリーズ』、『暴れん坊ママ』、『セレブと貧乏太郎』、『絶対零度』、『10年先も君に恋して』、『流れ星』、『半沢直樹』、『昼顔~平日午後3時の恋人たち』、『アイムホーム』、映画『あずみ』、『インストール』、『テルマエ・ロマエ』、『おしん』、『武士の献立』など

山内徹/横山裕(関ジャニ∞)

元特殊捜査班。1年前に山内の先輩であり、バディであった桜木泉が極秘任務中に失踪。それが引き金となり特殊捜査班は解散。その後、捜査一課に異動したが、桜木失踪の捜査をうやむやにしようとする警察組織への不信感から上司と衝突し、資料課に異動。生来の正義感があり、まっすぐであるがゆえに傷つきやすいところも。ミハン捜査の違法性や冤罪(えんざい)を引き起こす可能性に疑念を抱く。

【横山裕】

  • 1981年5月9日生まれ
  • 大阪府大阪市此花区出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『ザ・クイズショウ』、『左目探偵EYE』、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』など

小田切唯/本田翼

本田翼

元生活安全課の婦警。痴漢して逃走する容疑者を必要以上に暴行し、資料課に異動となった。ドSで、男性に異常に冷たく、粗暴な振る舞いをするが、その原因は、彼女の秘められた過去にある。強くなるために、あらゆる格闘技をかじり、我流ではあるが相当強く、金的が得意技。しかし、実際はピュアで、犯罪被害者の心に寄り添う。

【本田翼】

  • 1992年6月27日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『GTO』、『ショムニ2013』、『安堂ロイド』、『ヤメゴク』、『恋仲』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、『わにとかげぎす』、『奥様は、取り扱い注意』、映画『江ノ島プリズム』、『アオハライド』、『少女』、『土竜の唄香港狂騒曲』、『鋼の錬金術師』、『今夜、ロマンス劇場で』など

南彦太郎/柄本時生

柄本時生

入庁以来ずっと資料課におり、過去の事件資料をデータ入力し続けている。人付き合いが苦手で、パソコンに向かって引きこもり状態。資料課は自分の縄張りだと主張しており、“ミハン”チームがここに編成され、自分のペースが乱されることが面白くない。

【柄本時生】

  • 1989年10月17日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はB型
  • 代表作に映画『俺たちに明日はないッス』、『スラッカーズ』、『蟹工船』、ドラマ『4TEEN』、『Q10』、『侠飯~おとこめし~』、『増山超能力師事務所』など

田村薫/平田満

平田満

挙動不審で、「すみません」が口癖。そのため、周囲から煙たがられ、各部署をたらい回しにされることに。仲良くなった泥棒からピッキングの技術を習得していたり、鑑識の技術を持っていたりと、すべてを自分たちでやらなくてはいけない“ミハン”チームにとっては役立つ存在である。

【平田満】

  • 1953年11月2日生まれ
  • 愛知県豊橋市出身
  • 血液型はAB型
  • 代表作にドラマ『わが町シリーズ』、『タクシードライバーの推理日誌』、『神様、もう少しだけ』、『白夜行』など

東堂定春/伊藤淳史

伊藤淳史

最短で出世コースを歩む、警視庁キャリア。アメリカをはじめとする諸外国で、犯罪予測にビッグデータやAIの導入が試みられている現在、日本でも、犯罪を予測・解決できる“ミハンシステム”を早急に導入すべきだと考えている。彼の目的は、この“ミハンシステム”を公に認めさせ、法制化させること。

【伊藤淳史】

  • 1983年11月25日生まれ
  • 千葉県船橋市出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『春日局』、『渡る世間は鬼ばかり』、『電車男』、『チーム・バチスタ』、『MOZU』、『無痛 訴える眼』、『とと姉ちゃん』、『大貧乏』、『能にスマホが埋められた!』、『オー・マイ・ジャンプ 少年ジャンプが地球を救う』など

板倉麻衣/田中道子

田中道子

警視庁捜査一課刑事・巡査長。

早川誠二/マギー

マギー

警視庁捜査一課刑事・警部補。

ゲスト出演者

富樫伸生/武井壮(第1話のゲスト出演者)

有名クラブの経営者。しかしそれはあくまで表向きの顔で、実は裏でグレーゾーンのビジネスを手掛けるグループのひとり。

前川健司/山本浩司(第1話のゲスト出演者)

富樫と同じく闇ビジネスに手を染める。

西田俊/米村亮太朗(第1話のゲスト出演者)

富樫と同じく闇ビジネスに手を染める。

須藤修一/成河(第1話のゲスト出演者)

富樫と銃がらみで乱闘する。

藤井早紀/黒谷友香(第2話のゲスト出演者)

有名創作料理店の総料理長であると同時に、13年前から子どもたちに無料で食事を提供するこども食堂の運営にも取り組んでいる。独身。

若槻真帆/柴田杏花(第3話のゲスト出演者)

「ミハン」システムが割り出した未来の犯罪者。エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中。

湯川司/佐野岳(第3話のゲスト出演者)

名門私立栄明大学薬学部4年生。湯川家は大手繊維メーカーの経営者一族で、司も自身でカフェバーを経営するなど、学生起業家としての顔も持ち合わせている。

佐伯卓郎/小野了(第4話のゲスト出演者)

ミハンチームが割り出した危険人物。わかば銀行勤続36年。妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男。だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。

岡崎直樹/道枝駿佑(ジャニーズJr.)(第5話のゲスト出演者)

高校生。バスケ部のエースで成績優秀なエリートだが、相次ぐ動物殺傷事件の犯人としてミハンチームに割り出された危険な人物。

岡崎治/吉満寛人(第5話のゲスト出演者)

直樹の父。文科省の次期事務次官候補と言われるエリート。

川上邦明/近藤公園(第5話のゲスト出演者)

大手新聞社の元記者で、凶悪犯罪のルポを何冊も出版しているジャーナリスト。

小松原/中丸新将(第6話のゲスト出演者)

元最高裁判所長官。点検中のエレベーターに転落して死亡する。

新谷啓一/小柳友(第7話のゲスト出演者)

ミハンが選び出した新たな危険人物。実体のつかめない麻薬密売組織に関わっている疑いがあり、2ヵ月前に任意の取り調べを受けていた。

涼子/青柳楓(第7話のゲスト出演者)

新谷の妻。

ユキオ/山城琉飛(第7話のゲスト出演者)

新谷たちの上階に住む7歳の少年。

宇佐美/奥野瑛太(第7話のゲスト出演者)

自らの妻子を殺しながらも立証されず、別件逮捕されていた男。まもなく出所する。

砂田繭美/白石麻衣(乃木坂46)(第8話のゲスト出演者)

市役所の戸籍住民課で働く25歳の女性。一週間後に結婚を控えているものの、近いうちに殺人を犯すとされる“危険人物”として未然犯罪捜査システム・通称“ミハン”に割り出された人物。女性としての幸せと、抑えがたい殺人衝動の二つの感情に揺れる。

神谷統一郎/入江甚儀(第8話のゲスト出演者)

繭美の婚約者。慶徳大学の教務課に勤務。

神谷竜太郎/羽場裕一(第8話のゲスト出演者)

統一郎の父。慶徳大学の理事長。

長島/北大路欣也(第8話のゲスト出演者)

井沢の元上司。

石塚辰也/高橋努(第9話のゲスト出演者)

「ミハン」がリストアップした危険人物。警護課の捜査員。

滝本健三/山田明郷(第9話のゲスト出演者)

国家公安委員長。

グエン/フォンチー(最終回のゲスト出演者)

ベトナムにいる桜木の事件を担当した元刑事。

谷口正博/斉藤佑介(最終回のゲスト出演者)

証券会社社員。

由紀子/桜井ユキ(最終回のゲスト出演者)

日本からベトナムに赴任した証券会社の支店長の娘。

赤川武志/須田邦裕(最終回のゲスト出演者)

井沢の妻の元同僚だった刑事。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/浜田秀哉

代表作にドラマ『絶対零度シリーズ』、『医龍』、『ナオミとカナコ』、『Chef 三ツ星の給食』、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』、映画『プラチナデータ』など

演出/佐藤祐市、城宝秀則、光野道夫

主題歌/家入レオ「もし君を許せたら」

 

FODプレミアム

 

『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』を見逃してしまった、もう一度最初から観たい方へ

楽しみにしていた『絶対零度』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は、見逃し動画で視聴することができますよ!詳しくは下をCheck↓↓

絶対零度,2018,月9

月9『絶対零度2018』見逃し動画の無料視聴&再放送日程!【1話から最終回まで】

2018年6月6日

『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』の期待度に関するアンケート結果

『絶対零度』最新作の期待値に関する視聴者アンケートを実施しました。期待する声が続々届いていますよ!

シーズン1からずっと見ていて大好きなドラマ(30代女性・会社員)

絶対零度はシーズン1からずっと見ていて大好きなドラマだったのでまたドラマがスタートするのが今からとても楽しみですあらすじで上戸彩さん演じる桜木が失踪した書かれていたのでかなり動揺していますがそこからドラマが広がっていくのかな思っています前シーズンからの横山くんも出演が決定とあったので今までの絶対零度もありつつ新しいキャストの皆さんで作る新しい絶対零度を楽しみにしています。正直、主演は上戸彩さんがよかったです前作から本当に上戸彩さんの桜木が好きだったので成長した桜木が見られることを希望してたんですが。。。残念ですでも沢村一樹さんも好きな俳優さんなのでそれはそれでいいかな、と思っています

ミハンシステム、実現してしまったら、マジで怖いなぁ…(40代女性・主婦)

このドラマの鍵となりそうなミハンシステム、実現してしまったら、マジで怖いなぁ思いますでも、だからこそ、もしこんな未来だったらという、SF的な楽しみ方もできるかなぁ、なんて期待しています脇を固める俳優さんも魅力的なのも楽しみですとくに、関ジャニの横山くんが気になりますいちど消息を絶った主人公が再登場するなら、再び主人公で、というよりは、今回のようなミステリアスな設定のほうがより楽しめそうな気がします。

沢村一樹が演じるのは物凄く似合っているけど(20代女性・学生)

ょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物を沢村一樹が演じるというのは物凄く似合っているので楽しみだと感じたまた元公安だったということでなぜ公安をやめたかという理由が明らかになってくるのと沢村一樹が演ずる役のタイプまた桜木泉はどうしているかというのが明らかになるようなストーリーに期待している上戸彩が出演する絶対零度というドラマの印象が強いから、主演は上戸彩が良かったかも。

旧来のファンにも新規視聴者にも楽しめるものになってそう(30代男性・アルバイト)

これから起こるかもしれない犯罪を予測して未然に防いでしまおうというのは数ある刑事ドラマの中でも珍しいタイプの話だと思うので楽しみです現実にも実現されてほしいシステムに思えますが実際の所どんな感じになるのか 早く放送を見て確かめてみたいですね主人公が上戸彩さんから沢村一樹さんに交代していますが前シーズンから何年も経っての新作スタートですから新規視聴者も多いと思うので大丈夫かと上戸さんのキャラも何らかの形で出るようですしね旧来のファンにも新規視聴者にも楽しめるものになってそうです

IT社会に対するアンチテーゼも含まれるのでは(40代男性・無職)

ビッグデータを用いた捜査とは現代風で設定は面白そうですねただしビッグデータが万能なら面白くないので数話するとビッグデータの裏をかく犯罪もしくは予見できない事件がおきそうな気がしますそういうとき主人公井沢がどういう判断をするのか?事件に直面する部下にどういう指示をするのかがポイントでしょう万全にみえてビッグデーターのもろさが露呈し一種のIT社会に対するアンチテーゼも含まれるのではと思います。主演は沢村一樹でいいと思います今までのシリーズと違う主人公を軸としたストーリーも面白そうです沢村一樹の独特な雰囲気は他の俳優では出せませんお調子者の顔としっかりものの今回の役はそんな2面性がありそうですがイメージ的にどちらも演じることができると思います

最後に

過去2シーズンの平均視聴率は14.4%と13.1%と人気だった『絶対零度』シリーズ。今回もかなり高視聴率が期待できるのではないでしょうか。『コード・ブルー』に続く、月9の続編シリーズの成功パターンになってほしいですね。

『絶対零度』に関連する記事↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。