昼ドラ『越路吹雪物語』キャスト、あらすじ、原作、相関図、主題歌まとめ!

越路吹雪物語

2018年1月8日(月)12時30分からテレビ朝日の帯ドラマ劇場としてスタートする昼ドラ『越路吹雪物語(こしじふぶきものがたり)』。シャンソンの女王と呼ばれた昭和の歌姫・越路吹雪の一代記ということで話題になっています。

そこで今回は昼ドラ『越路吹雪物語』のキャストや人物相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

2018冬ドラマ特集

[ad]

『越路吹雪物語』のあらすじ

名曲『愛の讃歌』を世に送り出した大スター・越路吹雪×稀代の作詞家・岩谷時子!出会うべくして出会った2人の偉大な天才がたどる、数奇な運命を描く!!

越路吹雪物語

越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が大好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだけど、とても純粋な女の子でした。
 そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に…。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行きます。

退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、『愛の讃歌』などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となりました。

そして、越路のマネージャーとして彼女を終生支え続けた大親友・岩谷時子は『愛の讃歌』の訳詞や、加山雄三の『君といつまでも』、ピンキーとキラーズの『恋の季節』など数多くのヒット曲を作詞。さらに、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などの上演訳詞も手掛け、日本のミュージカルの歴史を作った訳詞家でもあります。“落ちこぼれ”といわれた宝塚時代、生涯の友・時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が新しい歌の世界を切り拓き、二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡…。

昭和という激動の時代を背景に、誰もが耳にしたことのある名曲をちりばめながら、華やかなるものの“光と影”を紡いでいきます。(公式ホームページから引用

2017年4月からスタートしたテレビ朝日の帯ドラマ劇場枠。往年の名スターが数多く登場した『やすらぎの郷』、黒柳徹子の半生を描いた『トットちゃん!』のいずれも面白い!と評判になってきました。中にはNHKの朝ドラより昼ドラの方が好きという方もいるほどです。

今回描かれるのは宝塚出身の大スター・越路吹雪の激動の人生を描いた物語です。現在は黒木瞳や天海祐希、大地真央、檀れい、真矢ミキら数多くの宝塚出身女優が活躍していますが、越路吹雪はある意味、宝塚出身スターの先駆的なモデルになったと言えますよね。

そんな越路吹雪はどんな幼少時代を送り、どのようにしてスターになっていったのか?彼女が抱いていた想いや苦悩、それらを余すことなく伝えてほしいですよね。

原作なしのオリジナルストーリー

『越路吹雪物語』は原作なしのオリジナルストーリー。脚本や役者の腕の見せどころですね。

 

スポンサードリンク

 

『越路吹雪物語』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

河野美保子=越路吹雪/瀧本美織(青年期)

幼い頃から歌うことが大好きで、13歳で宝塚音楽歌劇学校に入学。落ちこぼれだったが、男役のスターとして一世を風靡する。新しい世界を求めて退団してからは女優として活躍する一方、歌手としての活動に情熱を傾け、日本のエンターテインメント史に燦然とその名を刻む大スターへとのぼりつめていく。歌劇団時代からの付き合いである岩谷時子は、生涯の親友であり、絶対無二のパートナー。

瀧本美織出演のドラマ『ラストコップ』撮影場所まとめ

瀧本美織出演のドラマ『キャリア』撮影場所まとめ

瀧本美織出演のドラマ『アキラとあきら』撮影場所まとめ

河野美保子=越路吹雪/大地真央(絶頂期)

越路吹雪の絶頂期時代。

大地真央出演のドラマ『そして誰もいなくなった』撮影場所まとめ

大地真央出演のドラマ『ドクターX2017』キャストまとめ

河野美保子=越路吹雪/岩淵心咲(少女期・子役)

越路吹雪の少女時代。

 

岩谷時子/木南晴夏

5歳の頃、兵庫県西宮市へと移り住み、母・秋子の影響で宝塚歌劇団のファンになった。物静かな文学少女で、歌劇団が発行する雑誌『歌劇』に投稿を続けていた。その文才が目に留まり、歌劇団の文芸部から誘われて大学卒業後に入団。そこで当時まだ落ちこぼれ団員だった越路吹雪と出会い、友情を育み、越路吹雪の退団とともに自らも退団し、彼女のマネージャーとなる。一方で作詞家として数々のヒット曲を生み出し、ミュージカルの訳詞家としても活躍。

木南晴夏出演の映画『グッドモーニングショー』ロケ地まとめ

木南晴夏出演の映画『ママ、ごはんまだ?』ロケ地まとめ

木南晴夏出演のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『キッドナップ・ツアー』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『女の勲章』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『先に生まれただけの僕』キャストまとめ

河野益代/濱田マリ

美保子の母。病弱な長女・真佐子の看病に付きっきりになることが多く、美保子らほかの子どもたちには申し訳なく思っている。しかし強い者が弱い者をいたわるのは当たり前だという思いから、決して美保子を甘やかしたりはしない。当初は、美保子の宝塚入りを反対していた。

濱田マリ出演のドラマ『司法教官・穂高美子5』撮影場所まとめ

濱田マリ出演のドラマ『ヒポクラテスの誓い』撮影場所まとめ

濱田マリ出演のドラマ『4号警備』キャストまとめ

濱田マリ出演のドラマ『3人のパパ』撮影場所まとめ

濱田マリ出演のドラマ『過保護のカホコ』キャストまとめ

濱田マリ出演のドラマ『無用庵隠居修行』撮影場所まとめ

濱田マリ出演の映画『アンフェア the movie』ロケ地まとめ

濱田マリ出演の映画『愚行録』ロケ地まとめ

濱田マリ出演の映画『いぬやしき』ロケ地まとめ

河野友孝/尾美としのり

美保子の父。転勤が多く、家族のそばにいられないことを辛く思っていたが、その分、家族を心から愛していた。無口で無骨ではあるが、心根はやさしく周囲の人からの信頼は厚い。幼い頃から美保子のよき理解者で、芸名“越路吹雪”の名付け親でもある。

尾美としのり出演のドラマ『女の中にいる他人』撮影場所まとめ

尾美としのり出演のドラマ『返還交渉人 -いつか、沖縄を取り戻す-』撮影場所まとめ

尾美としのり出演の映画『めがみさま』ロケ地まとめ

河野真佐子/渡邉このみ

美保子の姉。幼い頃から病弱で入退院を繰り返している。思うように学校にも通えず、友人もいない。いつも元気いっぱいで友人に囲まれる妹・美保子をうらやましく思っている。

 

岩谷秋子/原日出子

時子の母。明治生まれのモダンな女性。夫の事業の失敗や病気で苦労が続くが、持ち前の明るさで頑張ってきた。宝塚歌劇団のファンで、時子が幼い頃からその手を引いて劇場に通っていた。夫の死後は時子と2人でつましく暮らすが、そのおおらかで包容力のある性格から、家にはタカラジェンヌたちがよく集ってきた。終戦後から宝塚退団まで居候していた美保子を、我が娘のようにかわいがる。

原日出子出演の映画『怒り』ロケ地まとめ

原日出子出演の映画『トマトのしずく』ロケ地まとめ

原日出子出演のドラマ『社長室の冬』撮影場所まとめ

原日出子出演のドラマ『帰ってきた家売るオンナ』撮影場所まとめ

原日出子出演のドラマ『マザーズ2017』撮影場所まとめ

原日出子出演のドラマ『新・浅見光彦シリーズ 漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者』撮影場所まとめ

村上静/宮崎美子

新潟転勤に伴って美保子と父・友孝が2人で身を寄せた、下宿の主。親子を温かく迎え入れてくれた。美保子にとって、“新潟の母”ともいうべき存在。

宮崎美子出演の映画『金メダル男』ロケ地まとめ

宮崎美子出演の映画『雪女』ロケ地まとめ

宮崎美子出演のドラマ『孤独のグルメ正月SP』撮影場所まとめ

宮崎美子出演のドラマ『立花登青春手控え2』撮影場所まとめ

宮崎美子出演のドラマ『名駅1丁目1番1号』撮影場所まとめ

宮崎美子出演のドラマ『1942年のプレイボール』撮影場所まとめ

宮崎美子出演のドラマ『赤かぶ検事奮戦記7』撮影場所まとめ

片桐八重子/市川由衣

美保子の新潟での小学校時代の親友。美保子が宝塚に入団してからも手紙などを通じてつきあいは続く。昔から美保子の歌が大好きで、いわば越路吹雪のファン第一号。

市川由衣出演の映画『愚行録』ロケ地まとめ

市川由衣出演の映画『月と雷』ロケ地まとめ

伊東登/中村俊介

宝塚音楽舞踊学校(現・宝塚音楽学校)の声楽教師。入学試験で美保子の歌声を聴き、「この子は宝塚を変える!」と確信。美保子のやる気を引き出そうと、ある人物に引き合わせる…。

中村俊介出演のドラマ『天才バカボン2』撮影場所まとめ

中村俊介出演のドラマ『警視庁捜査一課9係シーズン12』撮影場所まとめ

中村俊介出演のドラマ『巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』撮影場所まとめ

近江丈一郎/篠井英介

宝塚音楽舞踊学校の日本舞踊の教師。踊りのセンスに乏しく、あまりに進歩のない美保子にあきれ、落第させるべきと主張する。

篠井英介出演のドラマ『IQ246』撮影場所まとめ

篠井英介出演のドラマ『無用庵隠居修行』撮影場所まとめ

篠井英介出演の映画『探偵はBARにいる3』ロケ地まとめ

大塚弥一/宇梶剛士

宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)の教務責任者。自由奔放で、門限を破ってばかりの美保子をよく叱っている。

宇梶剛士、古田新太出演のドラマ『逃げ恥』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演のドラマ『所轄刑事10』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演の大河ドラマ『おんな城主直虎』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演のドラマ『さすらい署長風間昭平スペシャルほくと函館湾殺人事件』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演の映画『ドクター彦次郎3』撮影場所まとめ

宇梶剛士出演のドラマ『ROAD TO EDEN』撮影場所まとめ

庄司義男/駿河太郎

宝塚少女歌劇団所属の脚本家。美保子(=越路吹雪)主演の舞台で脚本家デビューする。実は、美保子に淡い恋心を抱いており…!?

駿河太郎出演の映画『真田十勇士』ロケ地まとめ

駿河太郎出演の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ロケ地まとめ

駿河太郎出演の映画『いつまた、君と~何日君再来~』ロケ地まとめ

駿河太郎出演の映画『散り椿』ロケ地まとめ

駿河太郎出演のドラマ『おかしな刑事15』撮影場所まとめ

駿河太郎出演のドラマ『女の勲章』撮影場所まとめ

駿河太郎出演のドラマ『小さな巨人』キャストまとめ

駿河太郎出演のドラマ『コードネームミラージュ』撮影場所まとめ

駿河太郎出演のドラマ『アカギ 竜崎・矢木編&市川編』撮影場所まとめ

高城幸子=天代麗/音月桂

美保子の先輩で宝塚歌劇団のトップスター。宝塚音楽歌劇学校で落第しかかった美保子に、刺激を与え、やる気を引き出した恩人。無類の読書家で、時子によく本を借りる。

音月桂出演の映画『パンとバスと2度めのハツコイ』ロケ地まとめ

旭爪明子=月丘夢路/早織

宝塚歌劇団での美保子の同期生。娘役で愛称はツメ。落ちこぼれの美保子のことを気にかけ、励ましてくれる存在。

早織出演の映画『キセキ-あの日のソビト-』ロケ地まとめ

追加キャストが随時更新していきます。

スタッフ情報

脚本/龍居由佳里

代表作にドラマ『星の金貨』、『バージンロード』、『婚カツ!』、映画『ストロベリーナイト』、『四月は君の嘘』など

主題歌/不明

最後に

今回は越路吹雪の人生を描くということで、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。絶対に見逃したくない作品ですよね。

2018冬ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。