月9『SUITS/スーツ』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

SUITS スーツ
2018年10月8日(月)21時フジテレビ系で放送スタートの秋ドラマ『SUITS スーツ』。織田裕二、中島裕翔、鈴木保奈美、新木優子、中村アン、今田美桜らが出演する月9ことで話題になっています。そんな『SUITS スーツ』を見逃してしまった、、、という方もいるはず。そこで今回は『SUITS スーツ』の見逃し動画を視聴する方法や再放送日程、感想や評価に関する視聴者アンケート結果を紹介していきます。
『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

『SUITS スーツ』の再放送日程について

『SUITS スーツ』の再放送があるかどうか?放送されるとしたらいつなのか?まだ明らかになっていません。これまでの傾向では見逃し動画での配信がメインになると思われます。

今すぐ『SUITS スーツ』を視聴したい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

『SUITS スーツ』の見逃し動画は最新話の放送から1週間以内まで完全無料で視聴できる

最新話から1週間以内ならば民放テレビポータルTveとFOD(フジテレビオンデマンド)で無料視聴できますよ!

<1週間以内の最新話の無料動画視聴は↓↓>

 動画配信サービス配信状況
Tver最終回の見逃し動画はこちら
(配信期間:12/17(月)22:15~12/24(月)22:09)

第1話から最終回までの見逃し動画を通しで視聴したい方は下をCheck↓↓

TverやFODの注意点

  • 最新話の放送から1週間以内しか視聴できない
  • 30秒から1分程度のコマーシャルが2~3回程度流れる

最新話から1周間以上経過してしまった方、最初からじっくり何度も観たい方、コマーシャルなしで観たい方は下をCheck↓↓

『SUITS スーツ』の最新話の放送から1週間以上経過してしまった場合に見逃し動画を視聴する方法

この場合はTverやFOD(フジテレビオンデマンド)では視聴できませんが、動画配信サービスで視聴することができますよ。

動画配信サービス配信状況
FODプレミアム
dTV
TSUTAYA TV
配信情報は2018年12月17日時点のものです。すでに配信が終了している可能性があるので、登録前にご確認ください。

現在はFODプレミアムdTVTSUTAYA TVで配信されています。

それぞれの特徴を見ていきます↓↓

FODプレミアムのポイント

FODプレミアム

1か月間の無料お試し期間あり!
・フジテレビ系の最新ドラマやテレビ番組、過去の名作が視聴できる!
・『SUITS スーツ』が視聴できる!
・見放題対象作品のフル動画は見放題で視聴可能!
・人気雑誌の最新号を読み放題!
・おすすめ度:★★★★★

>>FODプレミアムはこちら

【FODプレミアムで視聴できる最新ドラマ】

  1. 『SUITS スーツ』(織田裕二主演):2018秋ドラマ
  2. さくらの親子丼2』(真矢ミキ主演):2018秋ドラマ
  3. 僕らは奇跡でできている』(高橋一生主演):2018秋ドラマ
  4. 黄昏流星群』(佐々木蔵之介主演):2018秋ドラマ
  5. 結婚相手は抽選で』(野村周平主演):2018秋ドラマ
  6. Love or Not2』(山下健二郎主演):2018秋ドラマ
  7. いつかこの雨がやむ日まで』(渡辺麻友主演):2018夏ドラマ
  8. グッド・ドクター』(山﨑賢人主演):2018夏ドラマ
  9. 絶対零度2018』(沢村一樹主演):2018夏ドラマ
  10. 健康で文化的な最低限度の生活』(吉岡里帆主演):2018夏ドラマ
  11. 限界団地』(佐野史郎主演):2018夏ドラマ
  12. いつまでも白い羽根』(新川優愛主演):2018春ドラマ
  13. コンフィデンスマンJP』(長澤まさみ主演):2018春ドラマ
  14. モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐』(ディーン・フジオカ主演):2018春ドラマ
  15. シグナル 長期未解決事件捜査班』(坂口健太郎主演):2018春ドラマ
  16. グッドモーニング・コール our campus days』(福原遥主演):2018春ドラマ
  17. 家族の旅路』(滝沢秀明主演):2018冬ドラマ
  18. 隣の家族は青く見える』(深田恭子主演):2018冬ドラマ
  19. FINAL CUT』(亀梨和也主演):2018冬ドラマ
  20. 海月姫』(芳根京子主演):2018冬ドラマ
  21. 彼氏をローンで買いました』(真野恵里菜主演):2018冬ドラマ
  22. 不倫食堂』(田中圭主演):2018冬ドラマ
  23. 民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~』(篠原涼子主演):2017秋ドラマ
  24. 刑事ゆがみ』(浅野忠信&神木隆之介主演):2017秋ドラマ
  25. 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  26. パパ活』(渡部篤郎&飯豊まりえ主演):2017秋ドラマ
  27. 花にけだもの』(中村ゆりか主演):2017秋ドラマ
  28. 『僕たちがやりました』(窪田正孝主演):2017夏ドラマ
  29. 『コード・ブルー3』(山下智久主演):2017夏ドラマ
  30. 『セシルのもくろみ』(真木よう子主演):2017夏ドラマ
  31. 『警視庁いきもの係』(渡部篤郎主演):2017夏ドラマ

など、フジテレビ系列の最新ドラマや過去の名作を多数配信中!

※2018年12月17日現在の情報です。配信が終了している可能性があるので、FODプレミアムのホームページをご確認ください。

フジテレビ系のドラマが好きな方や過去のドラマで観たい作品がある方はFODプレミアムがおすすめです!

【FODプレミアムで視聴できる織田裕二出演ドラマ】

  • 『Oh,My,Dad!!』(織田裕二、田中奏生、長谷川京子出演):2013夏ドラマ
  • 『外交官 黒田康作』(織田裕二、柴咲コウ、香川照之出演):2011冬ドラマ
  • 『東京ラブストーリー』(織田裕二、鈴木保奈美、江口洋介出演):1991冬ドラマ
  • 『ボクの妻と結婚してください』(織田裕二、吉田羊、原田泰造出演):2016年公開の映画
  • 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里出演):2012年公開の映画
  • 『アンダルシア 女神の報復』(織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香出演):2011年公開の映画
  • 『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』(織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里出演):2010年公開の映画
  • 『アマルフィ 女神の報酬』(織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香出演):2009年公開の映画
  • 『県庁の星』(織田裕二、柴咲コウ、佐々木蔵之介出演):2006年公開の映画
  • 『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里出演):2003年公開の映画
  • 『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸史上最悪の3日間!』(織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里出演):1998公開の映画

【FODプレミアムで視聴できる鈴木保奈美出演ドラマ】

  • 『カノン』(比嘉愛未、佐々木希、鈴木保奈美出演):2016年公開の映画
  • 『この世の果て』(鈴木保奈美、三上博史、桜井幸子出演):1994冬ドラマ
  • 『愛という名のもとに』(鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介出演):1992冬ドラマ
  • 『東京ラブストーリー』(織田裕二、鈴木保奈美、江口洋介出演):1991冬ドラマ
  • 『ハートに火をつけて!』(浅野ゆう子、柳葉敏郎、鈴木保奈美出演):1989春ドラマ
  • 『君が嘘をついた』(三上博史、麻生祐未、鈴木保奈美出演):1988秋ドラマ

【FODプレミアムで視聴できる新木優子出演ドラマ】

  • 『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命3rd』(山下智久、新垣結衣、新木優子出演):2017夏ドラマ
  • 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(小栗旬、西島秀俊、新木優子出演):2017春ドラマ
  • 『悪と仮面のルール』(玉木宏、新木優子、吉沢亮出演):2018公開の映画

【FODプレミアムで視聴できる今田美桜出演ドラマ】

  • 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?』(篠原涼子、高橋一生、今田美桜出演):2017秋ドラマ

【FODプレミアムで視聴できる中村アン出演ドラマ】

  • 『突然ですが、明日結婚します』(西内まりや、山村隆太、中村アン出演):2017冬ドラマ
  • 『営業部長 吉良奈津子』(松嶋菜々子、松田龍平、中村アン出演):2016夏ドラマ
  • 『お義父さんと呼ばせて』(遠藤憲一、蓮佛美沙子、中村アン出演):2016冬ドラマ
  • 『5→9 私に恋したお坊さん』(石原さとみ、山下智久、中村アン出演):2015秋ドラマ
  • 『ミックス。』(新垣結衣、瑛太、中村アン出演):2017公開の映画

※2018年12月17日現在の情報です。配信が終了している可能性があるので、FODプレミアムのホームページをご確認ください。

dTVのポイント

国内ドラマ

31日間の無料お試し期間あり!
・動画配信本数120,000本以上!
・『SUITS スーツ』が視聴できる!
・月額料金が安い!
・ドコモユーザー以外も視聴可能!
・おすすめ度:★★★★✩

>>dTVはこちら

【dTVで配信中の最新ドラマ】

  1. 『SUITS スーツ』(織田裕二主演):2018秋ドラマ
  2. リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』(米倉涼子主演):2018秋ドラマ
  3. 獣になれない私たち』(新垣結衣・松田龍平主演):2018秋ドラマ
  4. 今日から俺は!!』(賀来賢人主演):2018秋ドラマ
  5. 僕らは奇跡でできている』(高橋一生主演):2018秋ドラマ
  6. 黄昏流星群』(佐々木蔵之介主演):2018秋ドラマ
  7. さくらの親子丼2』(真矢ミキ主演):2018秋ドラマ
  8. この恋はツミなのか!?』(柏木由紀&伊藤健太郎主演):2018秋ドラマ
  9. あなたには渡さない』(木村佳乃主演):2018秋ドラマ
  10. 忘却のサチコ』(高畑充希主演):2018秋ドラマ
  11. ハラスメントゲーム』(唐沢寿明主演):2018秋ドラマ
  12. PRINCE OF LEGEND』(片寄涼太主演):2018秋ドラマ
  13. ブラックスキャンダル』(山口紗弥加主演):2018秋ドラマ
  14. Love or Not2』(山下健二郎主演):2018秋ドラマ
  15. このマンガがすごい!』(蒼井優主演):2018秋ドラマ
  16. いつかこの雨がやむ日まで』(渡辺麻友主演):2018夏ドラマ
  17. 文学処女』(森川葵主演):2018秋ドラマ
  18. グッド・ドクター』(山﨑賢人主演):2018夏ドラマ
  19. 高嶺の花』(石原さとみ主演):2018夏ドラマ
  20. ハゲタカ』(綾野剛主演):2018夏ドラマ
  21. 絶対零度2018』(沢村一樹主演):2018夏ドラマ
  22. 健康で文化的な最低限度の生活』(吉岡里帆主演):2018夏ドラマ
  23. ヒモメン』(窪田正孝&川口春奈主演):2018夏ドラマ
  24. dele』(山田孝之&菅田将暉主演):2018夏ドラマ
  25. 遺留捜査2018』(上川隆也主演):2018夏ドラマ
  26. インベスターZ』(清水尋也主演):2018夏ドラマ
  27. マジで航海してます。Season2』(飯豊まりえ&武田玲奈主演):2018夏ドラマ
  28. 限界団地』(佐野史郎主演):2018夏ドラマ
  29. いつまでも白い羽根』(新川優愛主演):2018春ドラマ
  30. シグナル 長期未解決事件捜査班』(坂口健太郎主演):2018春ドラマ
  31. コンフィデンスマンJP』(長澤まさみ主演):2018春ドラマ
  32. モンテ・クリスト伯』(ディーンフジオカ主演):2018春ドラマ
  33. おっさんずラブ』(田中圭主演):2018春ドラマ
  34. 崖っぷちホテル!』:(岩田剛典主演):2018春ドラマ
  35. ヘッドハンター』(江口洋介主演):2018春ドラマ
  36. 孤独のグルメSeason7』(松重豊主演):2018春ドラマ
  37. 宮本から君へ』(池松壮亮主演):2018春ドラマ
  38. 声ガール!』(福原遥主演):2018春ドラマ
  39. 警視庁捜査一課長Season3』(内藤剛志主演):2018春ドラマ
  40. 『花にけだもの』(福原遥主演):2018春ドラマ
  41. 家族の旅路』(滝沢秀明主演):2018冬ドラマ
  42. トドメの接吻』(山崎賢人主演):2018冬ドラマ
  43. anone』(広瀬すず主演):2018冬ドラマ
  44. FINAL CUT』(亀梨和也主演):2018冬ドラマ
  45. 隣の家族は青く見える』(深田恭子主演):2018冬ドラマ
  46. ホリデイラブ』(仲里依紗主演):2018冬ドラマ
  47. 明日の君がもっと好き』(市原隼人主演):2018冬ドラマ
  48. 海月姫』(芳根京子主演):2018冬ドラマ
  49. 彼氏をローンで買いました』(真野恵里菜主演):2018冬ドラマ
  50. 配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』(吉村界人主演):2018冬ドラマ
  51. 民衆の敵~世の中、おかしくないですか?』(篠原涼子主演):2017秋ドラマ
  52. ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ』(米倉涼子主演):2017秋ドラマ
  53. 科捜研の女17シーズン』(沢口靖子主演):2017秋ドラマ
  54. 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  55. オーファン・ブラック七つの遺伝子』(知英主演):2017秋ドラマ
  56. 奥様は、取り扱い注意』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ
  57. 刑事ゆがみ』(浅野忠信&神木隆之介主演):2017秋ドラマ
  58. 新宿セブン』(上田竜也主演):2017秋ドラマ
  59. オトナ高校』(三浦春馬主演):2017秋ドラマ
  60. 今からあなたを脅迫します』(ディーン・フジオカ主演):2017秋ドラマ

などの最新ドラマや過去の名作、映画も配信中!

※2018年12月17日時点の情報です。動画の配信が終了している可能性があるので、最新の配信状況はdTVでご確認ください。

dTVは月額料金が安いので、はじめて動画配信サービスを試してみたい!という方におすすめです!

TSUTAYA TVのポイント

TTV

・月額933円(税別)
初回30日間無料お試し期間あり!
・登録はクレジットカード決済が必要!
・安心のTSUTAYAブランド!
・『SUITS スーツ』が視聴できる!

動画見放題プランで新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルが見放題
・新作・準新作を視聴するための1,080円分の動画ポイントがもらえる!
・動画配信なのでDVDやBlue-rayレンタルのように「全部借りられて見られない」ということがない!
・おすすめ度:★★★★★

これまでTSUTAYAでDVDやBlue-rayのレンタルで930円以上使っていた方は絶対にこっちの方がお得ですよね!初回30日間の無料お試し期間があるので、とりあえず使ってみるのも◎!

【30日間無料お試し】TSUTAYA TVはこちら!

【TSUTAYA TVで視聴できる最新ドラマ】

  1. 『SUITS スーツ』(織田裕二主演):2018秋ドラマ
  2. リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』(米倉涼子主演):2018秋ドラマ
  3. 中学聖日記』(有村架純主演):2018秋ドラマ
  4. 今日から俺は!!』(賀来賢人主演):2018秋ドラマ
  5. 獣になれない私たち』(新垣結衣・松田龍平主演):2018秋ドラマ
  6. 僕らは奇跡でできている』(高橋一生主演):2018秋ドラマ
  7. 僕とシッポと神楽坂』(相葉雅紀主演):2018秋ドラマ
  8. 黄昏流星群』(佐々木蔵之介主演):2018秋ドラマ
  9. さくらの親子丼2』(真矢ミキ主演):2018秋ドラマ
  10. この恋はツミなのか!?』(柏木由紀&伊藤健太郎主演):2018秋ドラマ
  11. あなたには渡さない』(木村佳乃主演):2018秋ドラマ
  12. 深夜のダメ恋図鑑』(馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実主演):2018秋ドラマ
  13. ハラスメントゲーム』(唐沢寿明主演):2018秋ドラマ
  14. 忘却のサチコ』(高畑充希主演):2018秋ドラマ
  15. ルームロンダリング』(池田エライザ主演):2018秋ドラマ
  16. このマンガがすごい!』(蒼井優主演):2018秋ドラマ
  17. ブラックスキャンダル』(山口紗弥加主演):2018秋ドラマ
  18. 義母と娘のブルース』(綾瀬はるか主演):2018夏ドラマ
  19. チア☆ダン』(土屋太鳳主演):2018夏ドラマ
  20. 『グッド・ドクター』(山﨑賢人主演):2018夏ドラマ
  21. 『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』(沢村一樹主演):2018夏ドラマ
  22. 『この世界の片隅に』(松本穂香主演):2018夏ドラマ
  23. 『ハゲタカ』(綾野剛主演):2018夏ドラマ
  24. 『探偵が早すぎる』(滝藤賢一主演):2018夏ドラマ
  25. 『高嶺の花』(石原さとみ主演):2018夏ドラマ
  26. 『dele』(山田孝之&菅田将暉主演):2018夏ドラマ
  27. 『ヒモメン』(窪田正孝&川口春奈主演):2018夏ドラマ
  28. 『いつかこの雨がやむ日まで』(渡辺麻友主演):2018夏ドラマ
  29. 『ラストチャンス 再生請負人』(仲村トオル主演):2018夏ドラマ
  30. 『健康で文化的な最低限度の生活』(吉岡里帆主演):2018夏ドラマ
  31. 『マジで航海してます。Season2』(飯豊まりえ&武田玲奈主演):2018夏ドラマ
  32. 『覚悟はいいかそこの女子』(中川大志主演):2018夏ドラマ
  33. 『刑事7人 Season4』(東山紀之主演):2018夏ドラマ
  34. 『遺留捜査 Season5』(上川隆也主演):2018夏ドラマ
  35. 『GIVER 復讐の贈与者』(吉沢亮主演):2018夏ドラマ
  36. 『インベスターZ』(清水尋也主演):2018夏ドラマ
  37. 『限界団地』(佐野史郎主演):2018夏ドラマ
  38. 未解決の女 警視庁文書捜査官』(波瑠主演):2018春ドラマ

※配信情報は2018年12月17日時点のものです。すでに配信が終了している可能性もあるので、登録前にTSUTAYA TVご確認ください。

『SUITS スーツ』の見逃し動画配信状況一覧(毎週更新)

各話放送日Tver・FODFODプレミアムdTVTSUTAYA TV
1話10月8日
2話10月15日
3話10月22日
4話10月29日
5話11月5日
6話11月12日
7話11月19日
8話11月26日
9話12月3日
10話12月10日
最終回12月17日

【見逃し動画視聴は↓↓】

>>FODプレミアムはこちら(配信中)

>>dTVはこちら(配信中)

>>TSUTAYA TVはこちら(配信中)

配信2018年12月17日時点のものです。すでに配信が終了している可能性があるので、登録前にご確認ください。

『SUITS スーツ』各話のあらすじ

第1話のあらすじ

甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。

SUITS,1話

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている。

SUITS,1話

事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。

SUITS,1話

そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

SUITS,1話

(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

第2話のあらすじ

甲斐正午(織田裕二)は、クライアントである『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。部長の谷川好昭(長谷川公彦)が預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるというのだ。

SUITS,スーツ,第2話

同じころ、鈴木大輔(中島裕翔)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それ断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。今日子に同情した大輔は、法廷で闘うべきだと彼女に告げると、甲斐にもその旨を伝えた。

SUITS,スーツ,第2話

甲斐は、クライアントに同情するなと言って一度は反対した。だが、相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう命じる。海部は日本医師協会の次期会長候補。スキャンダルを嫌って示談に応じるはず、という甲斐の読みだった。

SUITS,スーツ,第2話

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)は、甲斐の予想通り、大輔が提示した金額での示談に応じる。交渉成功を喜ぶ大輔。だが、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、物事が上手くいきすぎているときは必ず不吉なことが起こる、と大輔に告げる。

その予言通り、大輔は、アソシエイトを監督する立場でもある蟹江貢(小手伸也)から、仕事に関しては逐一報告書を提出するよう命じられる。さらに、海部のセクハラ疑惑を報じるネットニュースが流れてしまい……。(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

第3話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

SUITS,3話

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていた。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。

SUITS,3話

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。困惑する大輔。しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろす。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。

SUITS,3話

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが……。(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

第4話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることだった。何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

SUITS,4話

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。実は辛島は、チカの元夫だった。

SUITS,4話

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

SUITS,4話

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案するが……。(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

第5話のあらすじ

『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われた。甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1だった。チカ(鈴木保奈美)は、甲斐と蟹江にある賞品を手渡す。

SUITS,5話

そんな折、大輔(中島裕翔)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入る。大輔は、祖母の結衣(田島令子)が転倒して怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。
大輔は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かった。ところがその途中、赤城がトラックと追突事故を起こしてしまう。事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう告げる。

SUITS,5話

大輔は、遊星の身柄を引き受ける。遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしい。店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。しかし遊星は、マンションや車を失った上、まだ借金も抱えているという。

SUITS,5話

甲斐は、赤城から、糸井が示談を拒否しているとの報告を受ける。甲斐は、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大輔を非難すると、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じるが……。(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

第6話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

SUITS,6話

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

SUITS,6話

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

SUITS,6話

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。(公式ホームページから引用)

第7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。

SUITS,7話

そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

SUITS,7話

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

SUITS,7話

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

SUITS,7話

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。(公式ホームページから引用)

第8話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

SUITS,8話

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。

SUITS,8話

それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

SUITS,8話

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

SUITS,8話

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。(公式ホームページから引用)

第9話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

SUITS,9話

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

SUITS,9話

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

SUITS,9話

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。(公式ホームページから引用)

第10話のあらすじ

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

SUITS,最終回

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。

SUITS,最終回

柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

SUITS,最終回

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

SUITS,最終回

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。(公式ホームページから引用)

最終回のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、澤田和志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

SUITS,最終回

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。甲斐は栗林の再審請求することを決意する。自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

SUITS,最終回

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。果たして2人の結末は……。(公式ホームページから引用)

『SUITS スーツ』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

※FODプレミアムで織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』、織田裕二出演の『踊る大捜査線 THE MOVIE』、鈴木保奈美出演の『愛という名のもとに』、『この世の果て』、新木優子出演の『コード・ブルー3』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』なども配信中

FODプレミアム

月9『SUITS スーツ』の感想や評価に関する視聴者アンケート結果

『SUITS スーツ』の感想についての視聴者アンケートを実施しました。その声を紹介します。

第1話の感想

これからが楽しみになる1話(30代男性・アルバイト)

原作となる海外ドラマについては名前を知っているだけだったのでこのリメイク版は新鮮な気持ちで見られて楽しかったですダーティーなベテランと才能溢れる新人がコンビとなって事件にあたるみたいですね今後織田裕二さん演じる甲斐の強引なやり方に中島裕翔さん演じる鈴木がどこまで染まっていくのか それとも反発しながら事件を追っていくのか 二人の関係性がこれからどのように変化していくのか楽しみになる1話でした

面白かった(30代女性・会社員)

まず鈴木の頭の良さが興味深かったです2回読んだだけで六法全書を全て暗記できて名前が一字違いの鈴木大輔になりきるために1度資料を読んだり母校に行くだけで完璧に把握できるところがすごかったですまたその甲斐の犯罪歴で気づいて問題解決したのにはさすがだなと思いました甲斐の秘書の玉井は甲斐のことを理解し過ぎて面白かったです若手弁護士の採用試験の際の合否を面接前に甲斐にジェスチャーで教えていたのも面白かったです

一癖も二癖もある甲斐とのやりとりもユニーク(20代女性・自営業)

外国のドラマのリメイクということもありセリフは海外ドラマの字幕をそのまま日本語のセリフにして喋らせているという印象が強かったです一見なんの取り柄もないフリーターの大貴がひょんなことから弁護士として働くことになるというのはドラマならありがちな設定ですが全くそんなふうに見えないのに頭脳明晰という設定には驚かされかなり意外性がありましたしかしスムーズに弁護士として働くことはできないというのも面白さの1つで一癖も二癖もある甲斐とのやりとりもユニークでした

斬新なストーリー展開(20代女性・学生)

甲斐と鈴木この2人には共通する部分があるので良いパートナーになるのではないかと考えさせられたまず甲斐は鈴木のように頭が賢いというわけではないがそれなりの知識は持っており違法行為であれば本領発揮をするという方であるのに対し鈴木はともかく頭が賢いのだという人物であるこの2人は頭の回転があるのだと感じた次に2人とも負けず嫌いであるこのように似た同士だとお互いの考え方に不満はあっても理解を示すことができているのではないかと感じた斬新なストーリー展開で非常に面白くて来週以降の話にも期待したい

いいコンビになりそうな予感(40代女性・主婦)

悪友のせいで人生設計が大きく狂ってしまった鈴木の不運にはつい同情したくなりましたでも騙されたとはいえ犯罪に手を染めたことは自業自得だし甲斐という最悪な上司に出会ってしまったことはその報いなのかもしれないと思いましたでも甲斐にとってはピンチを凌ぐ隠し玉になっているので今後鈴木を大いに利用しそうだと感じました人生綱渡りという意味ではふたりとも似た同士だしお互いに潰し合う秘密を握っているという滑稽な間柄ではあるけど今後いいコンビになりそうな予感を感じさせるラストは良かったです

犯罪スレスレ?(30代女性・主婦)

大貴は一回見ただけで全て記憶出来る天才的な頭脳を持っているのに、犯罪ばかり起こしておりもっと有効に頭脳を活用出来れば良いのにと思いました甲斐に犯罪歴をまとめて持って来た時にかなり大量にあったのが面白かったですなんの犯罪をしたのか興味深かったです甲斐の勝つための姿勢は素晴らしいとは思いますが彼の行動は犯罪スレスレ若干犯罪の様な印象を受けましたなので今後2人の犯罪が他の人達にいつバレるのかハラハラドキドキしながら楽しみに観賞していきたい思いました

笑ってしまいました(20代女性・アルバイト)

放送が始まる前から甲斐と大貴がどのようにして出会うのかワクワクしていました放送を見てまさか面接会場に潜り込んでしまうなんて思っても見なかったので笑ってしまいましたしかも面接の採用のまるサインあれは大貴が仕事できるか出来ないかの判断で決めてるのではなくどう見ても玉井さんの好みなのではないかなと思いました大貴がシーッってやったときの仕草にやられたんだなと一目散に気付きましたこれからこのコンビがどう活躍していくか楽しみです

思っていたよりも相当悪い弁護士(40代女性・主婦)

甲斐正午(織田裕二さん思っていたよりも相当悪い弁護士で驚きました犯罪に次ぐ犯罪これは許されていいのか 見ていてドキドキします鈴木大貴中島裕翔さんまさか大麻の取引に利用されてしまうとは思いませんでしたこの友達に何度も騙されてるのに何で信じてしまうのかとお説教をしたい気分になりますでも一番のくせものは 幸村チカ鈴木保奈美さんだと思います甲斐が犯罪まがいのことをしても目をつむっているし昇進を餌に逆に利用しているのではないでしょうかいろんなどんでん返しがありそうでとても楽しみにしています

第1話は中島裕翔主演にも感じられる内容(40代女性・主婦)

正直織田裕二と鈴木保奈美のコンビのドラマなんて今更って思いながら見ましたが二人のコンビはあまり大きな問題ではないのだと分かりましたこのドラマは織田裕二と中島裕翔とのコンビがポイントなのだと初めて知りましたドラマの予備知識なく見るのも面白いなと思いますよくある正義の味方の弁護士ドラマではなく違法行為ギリギリというか中島裕翔演じる鈴木大輔という弁護士は本物ではないのにこのままうまくいくのか気になりますきっとドラマの回数を経てもこの二人は違法行為ギリギリで仕事を成功していくのだろうと想像しますが最後に中島裕翔演じる鈴木大貴は不幸で終わらないといいなと心配になります私は勝手に織田裕二単独主演なのだと思っていましたが中島裕翔との主演ということでいいのでしょうかでも1話は中島裕翔主演にも感じられる内容でしたので今後の織田さんの活躍に期待します

第2話の感想

経験がやはり重要になってくる(20代女性・学生)

弁護士としての仕事をすることになった鈴木は天才的頭脳により仕事をうまくいくことができるのではないだろうかと感じていたのですが何らかのアクシデントが発生したり自分の思い通りにならないという場合は迅速に対応しきれないという部分があるのだと感じましたそのような鈴木の様子を見ると頭がいいだけで弁護士は務まらないものだと感じたのと経験がやはり重要になってくるのだと思いましたまた本気を出していない鈴木に対し本気を出すようにと要求した甲斐が非常に良かったです

3話も楽しみ(30代女性・主婦)

今回は内部告発とセクハラ疑惑で不正に解雇された女性の示談を成立するまでの話でした内部告発のところは探偵を雇い尾行して写真をとり見せつけたら銀行の部長が困惑して降参し見事勝利しましたこのところはなんかあっさりした解決だと思いました2話では甲斐(織田裕二)簡単に解決できたけど鈴木(中島裕翔)セクハラ疑惑で不正解雇され旦那さんも亡くなりこれからの将来どうしたらいいかわからず相談に来て法廷で戦うべきと言ってましたが一旦は院長側の弁護士は訴訟をおこし示談なくなることになりますが鈴木が甲斐に示談を成立させる方法を実施し見事に成功甲斐は改めて鈴木を部課として受け入れたことで2人のバディが今後どんな活躍になるのかが期待して3話も楽しみにしてます甲斐と蟹江(小手信也)絡みも面白いとこで鈴木をあまり厳しくするなと水道の水をかけてるところが面白かったです

さすが甲斐先生(40代女性・主婦)

どんな事件でも物証がないと難しいですがセクハラ事件はなおさらですね新人の鈴木先生は 優しい人なのでつい依頼を受けてしまいますが初期対応をしっかりてなかったのでかなり追い込まれてしまいます甲斐先生はスパルタ教育のように見えますが実は結構優しくてさりげなくアドバイスもしてあげるところが意外でした銀行の不正を暴く事とセクハラ事件がどうつながっているのかと思っていたのですが最後の説得材料として使われたのですねさすが甲斐先生と感心しました鈴木先生ともいいパートナーになってきているようだしこれからがもっと楽しみです

値段よりも枚数で選んだ大貴はさすがだな(20代女性・アルバイト)

甲斐にスーツをダメ出しされて買ったのに値段よりも枚数で選んだ大貴はさすがだなと思いましたそれもこれもおばあちゃんのもったいない精神から来ているのだなとおばあちゃんとの会話で確信しましたまた買い直しになって仕立て屋に行ったら窄らしい格好だったせいか追い出されそうになって甲斐の名刺出したらコロッと態度が変わった店員さんやっぱり人は外見なのかなーと思ってしまいましたでもおばあちゃんに念願だったスーツ姿見せてあげれてよかったなと思います

第3話の感想

甲斐先生は意外に伝統を重んじる人(40代女性・主婦)

甲斐先生は次々とせめていく改革者だと思っていたら意外に伝統を重んじる人で驚きましたKAMIYA時計をとても愛していたのですね会社を一番愛して大事にしている工場長の岡林さんを新社長に建てようと言い出した鈴木先生の先見の目も立派でした全くの素人で甲斐先生のやられっぱなしの鈴木先生が少しずつ甲斐先生をやり込めていく様子が見えてきましたね頭脳明晰すぎる鈴木先生は戦略さえ覚えてしまえばすぐに甲斐先生に追いついてしまいそうな所がどうなるのかとても楽しみです

お祖母ちゃんが不憫(50代女性・主婦)

ハーバード大学って名前が出る度にバレないかヒヤヒヤして見てます経歴詐称で捕まったらどうしよう?思って大輔本人も顔見た事ないね,とかアルバムと顔が違うとか言われたら,いつも思ってるでしょうね常に爆弾か変えてる感じですね今回は記憶力に加え大輔の意外な特技ゲーマーでピンチを乗りきりましたね藤ヶ谷がKAMIYAの時計のファンだった事もラッキーでした大輔と藤ヶ谷が意気投合した事が勝利に繋がったと思いますそう考えると立派な甲斐のアシスタントの仕事してると思いますよただ孫が弁護士で相続の事を相談されて嬉しそうにホームで話してるお祖母ちゃんが不憫です自慢の孫ですけど本当の弁護士になって本当の自慢の孫になって欲しいです

大貴がとても可愛かった(20代女性・アルバイト)

大貴に対して事細かくダメ出しする甲斐先生そして仕事を自分で探せなんて私が甲斐先生の下で働いていたら速攻逃げ出すと思いますそんな大貴が嫌になって仕事を逃げ出すか甲斐先生が参るかで賭けをするなんて有り得ないと思いましたそのことに対して玉井さんの無駄なことに運を使わないようにてるのって言うセリフがめちゃめちゃかっこよかったですそして真琴がどっちに賭けたか気になっている大貴がとても可愛かったです

職人気質を大事にする(30代男性・自営業)

今回は勝手に海外生産に移そうとする取締役の目論見から時計メーカーを守るというストーリーで国内生産にこだわるという前社長との約束を守る甲斐の意外な一面が見れて良かったと思います一見そんなことには興味がなさそうな感じですが職人気質を大事にするというのは意外な感じで正義感が強い役になってきた感じがしました越権行為な気もしますが正しいことだと思いますそして鈴木保奈美さんとの対立があらわになってきたので今後のどういうふうになっていくのか展開がとても楽しみです

第4話の感想

これを見るためにまた1週間頑張ろうと思える(20代女性・アルバイト)

今週はまさにどんでん返しといったかんじ毎週スカッとしますそしてこのドラマ見終わるたびに思うのがやっぱり仕事をする上でやりがいってとても大事だなと思わせてくれますそしてやはりファンにとってたまらないのがゆとゆこコンビ!見ていてほっこり幸せな気分になりますまさかのビンタは強烈でしたが…。笑そして初めてにしてはよかったでしょ?」一言はなんだかいろいろな意味でキュンとしましたそして録画しておいた副音声もとても最高でしたこれを見るためにまた1週間頑張ろうと思えます

甲斐は最後にパパっとうまくまとめるのが上手(40代女性・主婦)

何かを企んでるときだと言われた甲斐だった甲斐は風評被害についての事件副作用で被害者は苦しみ続けているなのでお見舞金は50億だと甲斐は薬を開発した会社の資料がぬけているものがあってたと相手弁護士な言われてしまったそしてドクター橘とちかと話してほしいと甲斐には心を開いてくれないとそしてちかは橘を呼んだ包み隠さず話してもらわないとと辛島が入院してるときもちかは連絡してこなかった別居状態だったからと腹をわって話したからもう大丈夫だと甲斐に言った橘博士を提訴してほしいと認可段階ではちゃんとしていたと辛島も難病だった出してないデーターは自分のだったと橘が辛島を愛していたことの努力の映像を出したところが感動しましたそれで事件も解決し甲斐が勝ちました甲斐は最後にパパっとうまくまとめるのが上手ですやり手なんでしょう

大苦戦(30代女性・主婦)

今回は甲斐が薬物訴訟と大輔はマンションのオーナーから訴えられた依頼者の弁護を2つの依頼を法廷で闘うお話です大輔は蟹江さん主催のハーバード大学のクイズ大会に参加するけどけっし結果は2位という結果にでもその賞品はボランティア案件その案件はマンションのオーナーから訴えられた女性の弁護という仕事でしたこの時は賞品は何もないと思ったけど大輔はいい仕事をもらって今日は蟹江さんはいいことしたねと思いました甲斐の薬物訴訟の弁護は大輔とタッグを組み立挑みますが被害者の会側の弁護士に大苦戦でしたこの2つの弁護はとても困難で甲斐と大輔は苦戦してしまいますが上司のチカから助けを甲斐から話したところは薬物訴訟を受けている製薬会社の代表がチカの元旦那さんだったとは驚きでした

真琴と大貴の偽装ラブラブ夫婦にキュンキュン(20代女性・アルバイト)

真琴と大貴の偽装ラブラブ夫婦にキュンキュンしました真琴も騙されていても大貴が無理やり手をつないだとき嫌がってなかったし本当にお似合いだと思いました砂里のことを彼女だと思ってる真琴自分が大貴のネクタイの曲がりを直してあげて再度砂里が大貴のネクタイを直してあげる姿を見て少し嫉妬している真琴が可愛かったです砂里も可愛いですけどちょっと幼い部分があって大貴とはちょっと不釣り合いかなーと思ってしまいました

甲斐のキャラがわかりやすくていい(30代女性・主婦)

甲斐が担当した訴訟の勝ち方いうか完全に負けだと思われていた裁判で50億の見舞金を請求されていたのを被告の製薬会社代表の辛島自身が同じ病にかかっていて自身に効果のあった薬だから同じ病に苦しむ人を救いたいという思いでいることを伝えて理解を得るという展開が意外性があって良かったです相手側の弁護士が高級腕時計をしているのを見て弱者救済は建前の金儲け主義者だと見抜き徹底的に戦うスイッチが入る甲斐のキャラがわかりやすくていいです

第5話の感想

遊星は自業自得(40代女性・主婦)

鈴木がいくら腹を立てていても遊星を見捨てられないところが彼の欠点でありいいところだと思いました何度痛い目に遭っても懲りない遊星は自業自得という感じがするし自分が危ない目に遭うのがわかっていても助けに行く鈴木は側から見たらバカかもしれませんでも頭で考えるより体が動いてしまうというか時々理屈に合わないことをするのが人間の奥深さなのかも知れないと改めて思いました最後に断腸の思いで遊星を見限った鈴木は立派だと思いましたが見ていてとても心苦しかったです

大貴と遊星の関係にひとまずけりがついた(40代女性・主婦)

今回は一話から引きずっていた大貴と遊星の関係にひとまずけりがついたようでホッとしました大貴が遊星を救い出すのに何か姑息で違法な手を使うのではなくて堂々と法律で対峙して見せたのは少しスカッとしましたようやく自分の能力の正しい使い方を発揮してくれたなという感じですそして遊星を突き放しながらもそんな自分に反発を感じているような大貴の姿が彼の誠実さが見えるようでよかったです甲斐先生の過去の仕事も相手の立場も考えてやったことが理解されず恨まれてしまっていたんですね甲斐先生はああいう態度だから他にも山のような誤解が生まれてそうです今回は頭のすぎる主役二人の寂しさのようなものが見えて興味深かったです

大輔の優しさが遊星をダメにしている(50代女性・主婦)

警察に捕まった遊星の身柄を引き受けに行った大輔甲斐に嘘をついてまで今まで何度も裏切られたのになぜ見捨てることが出来ないのかちょっと理解できません大輔の優しさが遊星をダメにしているのではないかと思いました甲斐の言うように関係を絶つことが正しいはずです連れ去られた遊星は助けに来てくれた大輔に真面目に働くと更正を口にしますが俺のいないところでやってくれ言う大輔大輔の中では心を鬼にしてというところなのでしょうね本当の友情について考えさせられました堂々と大輔に会えるように遊星の更正期待したいです

胸が痛くなりました(20代女性・アルバイト)

遊星が大貴と再会して愚痴ったら大貴が自分の家に招き入れていたことに驚きましたやっと縁が切れたと思ったのに大貴は優しすぎると思いました遊星と飲みに行って弁護士のことがバレて書類で闇金みたいな人に仕事場に来られて追いかけ回されて本当に可哀想だなと思いましたでも甲斐先生に喝を入られてもう今後一切関わらないでほしいと言った大貴は遊星にその言葉を告げたとても後悔してるみたいでこっちまで胸が痛くなりました

大輔甘いですよね。(50代女性・主婦)

大輔甘いですよね甲斐が言った通り中途半端な同情は友達をダメにするってその通りですいつまでも大輔が手を差しのべてくれるのを待ってる遊星も甘いしその場しのぎで助けようとする大輔も遊星をダメにしてます今回初めて遊星は大輔が自分にとってどれだけ大事な友達か感じたと思いますしかし気が付くのが遅かった大輔は恩を感じているなら俺に近づくな最後通告を告げますその言葉をどんな気持ちで遊星は聞いたでしょうか?更正するチャンスは今まで何度もあったのではないでしょうか?

第6話の感想

爽快なラスト(30代女性・アルバイト)

鈴木大輔の経歴詐称をあっさり見破った華名只者ではなさそうです彼女の様に有能な人物というのは敵になれば脅威だし味方になれば強いと思いますどうやら華名は後者のタイプだった様です彼女は母の闘病中に勝手にホテルを建設した父を恨んでいましたしかしそれは誤解だったと大輔から聞かされます華名のギクシャクした親子関係を修復してくれた事が大輔にとっても良い結果に繋がったのだと思いますその後チカに匿名の手紙が届きついにバレてしまうのかとヒヤヒヤする展開となりますこのピンチを救ってくれたのが華名だと分かり顔を見合わせ微笑む大輔と甲斐爽快なラストだったと思います

蟹江と甲斐がタッグを組む日がくるなんて(20代女性・アルバイト)

蟹江と甲斐がタッグを組む日がくるなんて思いもしませんでした最初は単独行動みたいなことをしていて甲斐の提示したルールの朝からおれの前に現れるなやる気が失せるっていうのはなんだか気持ちがわかるなと思いました衝突していた2人だけど依頼人の娘の華名の力を借りて証拠を掴んで相手をギャフンと言わせたのにはスカッとしました大貴のことがバレそうになって帳簿を華名がハッキングしてるときにハーバードの大輔の写真を変えて欲しいなと思っていたら最後の最後で変わってて本当に良かったですでもあれは一時的か永久なのか気になりました

ハラハラドキドキ(30代女性・主婦)

娘のかんなさんと父親(大澄けんや)とのやり取りが面白かったです今回は蟹江さんの回と言っても過言ではない蟹江回です鈴木大貴の正体が経歴詐称だとバレてしまうのではないかとハラハラドキドキの回でもありました小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことをつかんでいた蟹江さんが彼を厳しい口調で責め立てて小堺は急に体調を崩してそのまま死んでしまって奥さんに責められてビンタされたところが色々考えさせられました

二人の粘り勝ち(50代女性・自営業)

蟹江と甲斐がタッグを組んで20億円の回収に成功したことは良かったです途中で依頼人が勉強したつもりで20億円の回収を諦めると言っていましたがそれに対して二人ともNOと答えていましたどちらも勝つ弁護士かしないという点では気が合ったようです二人の粘り勝ちとも言える今回の案件でしたこのドラマを観ていると勝つまでやる精神が凄いと感じていますもしかしたら負けてしまうというのは途中で諦めてしまっているのだと思いますその点については私も見習いたいと思っています

第7話の感想

私的にショック(20代女性・アルバイト)

真琴の父親敬一郎の顔を真琴は所長と甲斐先生を足して蟹江先生で割った感じ言っていましたが予想を遥かに超えてきたと思ったのは私だけでしょうか真琴はその父親みたいな弁護士になりたいと頑張っていたけど試験は苦手と言っていて知的そうな感じがしていただけに真琴でも苦手なものがあるのだと驚きましたでも替え玉した子が真琴の親友で真琴に大貴が替え玉の相手だととうとうバレてしまったのが私的にショックでどうなってしまうのか楽しみです

ヒヤヒヤしました(40代女性・主婦)

大きな会社の合併の裏に弁護士さんが大きく関わっている事を始めて知りました駆け引きや騙し合いその中で腕のいい弁護士さんが付いている会社が有利な結果になるなんて弁護士さんの役目が重要だという事に驚きました大貴が聖沢さんの親友の替え玉で司法試験に合格させてあげていた事危うく聖沢さんの替え玉をやる事になりそうだったヒヤヒヤしましたそして聖沢さんに替え玉をやった事がバレてしまったがこの先どうなってしまうのか今まで通りの仲でいられるのかお父さんのファームに行ってしまうのか気になります

一体何者(30代男性・自営業)

今回のストーリーで一番気になったのはチカに追放された上杉という人物です一体何者で過去にチカとの間で何があったのかがとても気になりますまた追放したのに何故ファームの名前に残っているのかがわからないので今後描いて欲しいと思いますひょっとしたら最後の敵として登場するのかもしれませんそして誰が演じるのかが興味があり気になりますまた鈴木の正体に聖澤が気づいてきてしかも次回解雇されることになるということでこちらも気になります

可愛そう(30代女性・主婦)

面接官を蟹江が引き受けることとなり実施した結果SNSにカニだかエビだか悪口が書き込まれていたところ毎回蟹江のする事が面白いですファーム名が幸村上杉なっているのが最初から気になっていたがここに来てようやく過去の出来事が明らかになり始めたところ上杉と幸村の間に何があったのかが気になります過去に大貴が替え玉受験をした女性が出て来た替え玉を依頼した女性も聖澤も親が弁護士で子供である自分も当然弁護士になる運命を背負っており子供の頃からプレッシャーを与えられていたことは可愛そうだと思った敷かれたレールの上を走るのは容易いと思っていたがそうはいかない現実もあると考えさせられた

第8話の感想

すっきりした気分(60代男性・自営業)

有害塗料を使った被告の建設会社が勝訴しましたチカは和解金を見込み控訴審を担当すると言います建設会社の富永専務が横領していると蟹江が掴みますしかし畠中と社長が辞任させ事実を公表すると言います弱みを掴んだ筈が逃げられたのは残念でした一方畠中が原告と甲斐の前で一人百万円で和解に応じると言いますチカが負けたと言いましたしかし原告の一人の水原は被告企業の塗料を使って家を建てたとわかります甲斐は富永専務と原告を集めます原告は和解に応じないと畠中に言います塗料は有害と2013年に認められたのに2014年以降も会社が使い続けたとがわかり富永専務が暴露したと判ります建設会社は有害塗料の使用を認め金銭補償を申し出ます原告の弱みを突く畠中に復讐すべく甲斐が原告の水原と会社に切られた富永専務を上手く取り込み土壇場で勝利した鮮やかな展開にすっきりした気分になりました

よくある様な事なのか(60代女性・主婦)

情報漏洩の疑いを掛けられたアソシエイトの聖澤さんを信じている鈴木君は、彼女の無実を証明し、甲斐先生のサポートを、毎日徹夜で本当によく頑張りましたお陰で真実が突き止められ疑いが晴れて本当に良かったと思いますが犯人がアソシエイトの時は即刻クビで弁護士だとおとがめなしと言うのは納得いきませんがよくある様な事なのかと、蟹江には、がっかりしましたそんな事より徹夜続きの鈴木君に差し入れを持ってきた雄星の妹にキスをされそれを聖澤さんに見られてしまいましたがこれからどうなる事でしょうか楽しみが増えました

なんて良い人なのだ(20代女性・アルバイト)

真琴が情報漏洩したということになりみんな集められて責められて誰も庇わなかったのにはそれまでの会社なのだなと感じました結局みんな自分を守りに入ってそれでもみんなに白い目で見られても真琴を信じてると言い切った大貴は本当にかっこよかったです真琴の無実を探そうと奮闘する大貴に手を差し伸べてくれた玉井さん自分の手を汚してまでも大貴に協力してくれてなんて良い人なのだと感動してしまいました今回の件でもっともっと玉井さんのことが好きになりました

目まぐるしく形勢が変わった(40代男性・自営業)

烏丸建設の有害性塗料が原因の健康被害の集団訴訟で甲斐の後輩で美智瑠というやり手の女性弁護士にチカの事務所にスパイがいると振り回され瀬川という原告女性に訴訟を取り下げさせたり100万円の和解金で原告団を解散させようとしたり先回りされてばかりの甲斐が苦戦しながらも美咲との会話から2013年以降も国から禁止された有害性塗料を使用していた事実を突き付け最後は美智瑠に勝つという展開がジェットコースター的で目まぐるしく形勢が変わりとても軽快な印象を受け最後まで面白く見られたのが良かった

砂里の気持ちに気づかない鈴木は鈍感すぎる(30代男性・自営業)

建設業界の害がある材料問題はアスベストなど以前に本当にあったのでそういう問題を扱っていることは興味深いと思いましたがやはりアメリカ原作のドラマということで日本人からするとあまり興味をそそられないようなストーリーになっていたと思いますまた大手はやりたいように商売を行っていて不幸になるのは立場が弱いものばかりだと思いますそして情報漏洩を疑われた聖澤が鈴木の努力によって解雇を免れて良かったと思いますそれにしても砂里の気持ちに気づかない鈴木は鈍感すぎると思いました

第9話の感想

大輔からいい加減離れてほしい(50代女性・主婦)

大輔は大河原のことが自分のことのように思えてどうしても簡単な解雇ですませたくなかったのでしょう探っていくうちに財界をも動かす大事件が隠れてうたとは驚きでした仕事をしていく上で資格ってそんなに大事なんでしょうか資格がなくても大河原や大輔のように有資格者以上の仕事をする人もいるのにでも資格があるからこそ他の人からの信頼を得る言うこともありますから必要なステータスなんでしょうか大輔が仕事も恋愛も順調なところへまた出てきた遊星大輔からいい加減離れてほしい

独自の判断基準を感じた(50代男性・無職)

幸村上杉法律事務所の顧問会計事務所でありクライアントであるYURI綜合会計事務所の西村さん演じる大河原会計士に経歴詐称の問題が持ち上がり解雇するための依頼をシニアパートナーに昇格した甲斐が引き受けますその一方経歴詐称という内容に動揺した大輔が自分の立場と重ね合わせ甲斐が自分にいかに対応するのかが気になっていたシーンが面白かったと思います大輔が大河原のために不可解な証拠を掴むために会計事務所へ深夜潜り込んで警備員に発見され甲斐が揉み消しをはかりそれに応じた警備員の対応には人間の業の深さが感じられました経歴詐称での解雇という仕事をした上にペーパーカンパニーの存在を突き止め許容範囲を超えた悪事を追求した甲斐の行動に独自の判断基準を感じました

ますます目が離せません(30代女性・アルバイト)

今回は偽の会計士大河原が登場しました優れた記憶力を持つ上に偽りの経歴という点でも大輔と共通する部分が多いです彼が大河原を助けようと必死になっていたのは自分と似た境遇だからという理由もあったと思います自分も偽の弁護士だと言いそうになる場面からも大輔が彼に共感していた事が窺えます結局大河原は会計士を辞める事になりましたが彼の頭の良さを活かせるなら転職した方が賢明だと思います大河原が本物の弁護士と褒めてくれたことで大輔もまた自信がついたのではないでしょうかしかし遊星がチカに大輔の素性をばらそうとするのです大輔こと大貴の今後ますます目が離せません

砂里の気持ちは気づくと思います(30代男性・アルバイト)

今回は鈴木と関係がある経歴詐称の問題ということで甲斐と鈴木が決裂してしまいどうなることかと思っていましたが色々と問題はありましたが最終的に解決して良かったと思いますそしてなんだかんだ言っていますが甲斐は鈴木のことを守っている感じがして良かったですまた鈴木と聖澤の気持ちが通じ合い振られてしまった砂里のことが可哀想に思えましたいくら鈍感といっても鈴木は好き好きアピールしている砂里の気持ちは気づくと思います

危ないというのに…(50代女性・主婦)

会計士としての能力はあるけれど経済的な理由で大学に行けず資格のとれなかった大河原さん自分も同じく経歴査証をして資格もないのに弁護士をしている鈴木大輔(本当は)にはひとごととは思えなかったに違いないもちろん誰にでも出来る仕事ではないしそれ相応の資格をとるためには試験も受けなければならない替え玉受験の手伝いなどして試験さえ受けられなかったのは本当にもったいないそれにしても甲斐弁護士はよく弁護士資格のない大輔を雇う気になったものだしばれたら自分の身も危ないというのに資格より実力なのは明らかでも統治国家としてはそれを良しとはできないのは仕方ないだろう

第10話の感想

柳は最高検事を辞めるべき(40代女性・主婦)

柳が甲斐の案件まで証拠隠しをしていたことです自分自身の案件の証拠を隠したのなら自分が責任を追及されるだけだから自業自得ですがなぜかわいい部下の案件にまで手をだしてしまったのか許せないです柳のせいで甲斐も悪いことをしたと思われてしまいます柳は正義ぶっているかもしれませんが無実の人を牢獄に入れることは検事という被害者の立場に立って仕事をする人のやることではありません柳は最高検事を辞めるべきです

甲斐の正義感は素敵(40代女性・無職)

甲斐が大輔のためにチカを説得したり蟹江にかみついたりしたシーンでは深い親心のようなものを感じました大輔も自分の存在を認めてもらえるよう蟹江との解決に全力を注いでいたし甲斐も応援していて二人が信頼感でしっかり結ばれていると感じました自分をしっかり持っていて無敵のように見えた甲斐もかつて検事時代には権力には勝てず弁護士になった事実を知って意外だと思いました今頃検事時代に担当した昔の事件についての問題が発覚し見て見ぬふりはできない甲斐の正義感は素敵です

甲斐の目の輝きこそ正義なのに違いない。(50代女性・主婦)

最高検事による過去の裁判での証拠隠し本当にこんなことがあっていいのだろうか確かに被害者に寄り添えるのは検事しかいないのはわかるしかし加害者を挙げるために証拠を隠すとかあり得ないそこに正義あるのだろうか甲斐弁護士が担当した裁判でも同じように隠ぺいが行われていたため冤罪事件にまてなっているという無実の人間が13年もの間獄中にいなければならないなんてこうやって冤罪は起こるのかもしれない甲斐弁護士が必ず助け出すと幸村に見せた目の輝きこそ正義なのに違いない

出世欲のため(50代女性・自営業)

柳は不正を働いていることが分かっているのに出世欲のために今でも検察庁にしがみついているように見えましたおそらく自分でも分かっているのだと思いますが何とかそれを自分で正当化しようとしているような気がしますしかも以前甲斐が検察官時代に担当した案件にまで手を出しているということもやはり自分の出世のために部下の案件にまで介入しているような感じです最終回では柳が最終的にどのようになるのかまた甲斐や鈴木の今後も併せてきになるところです

結局雛子は法外な値段に苦しめ続けることになるのだろうか?(20代男性・学生)

藤代と雛子がお互い話し合う上で仲良くすることはできないのだろうか興味深かった蟹江と鈴木はお互い話すことが出来ているからこそ藤代と雛子は聴取役を通して自分の言いたいことはぶつけるとの気持ちは無かったのだろうかと思った藤代と雛子それぞれの要望に答えるのは良いが本来依頼者は与謝野社長である鈴木も蟹江も与謝野社長の要望に耳を傾けた方が良いのでは気になった結局雛子は法外な値段に苦しめ続けることになるのだろうか気になった

最終回の感想

最後のボストン行きはもしかして?(40代女性・主婦)

自分の信念をかけて冤罪を晴らすために奮闘していくが色々な圧力でかなり険しい道のりになっていくそれぞれが考える正義は違うけど目的は同じでどう形にしていくのかが気になりました本当は不法行為だとしても冤罪を晴らす為の手段として選ばざるを得なかったがそれによって事態が動いていい方向に向かったのでホッとしましたラブの部分が濃く出るのか気になっていましたが薄めのラブが見えました立場が違う上司との信頼や友情がとてもよく現れていた様に思いました最後のボストン行きはもしかして勘繰りたくなる終わり方でした

この二人の最強コンビがまた復活するのを期待(30代男性・アルバイト)

かつて柳が言った時には小さな悪を見逃してでも自分の正義を貫くあちこちで実践されていく展開にちょっと笑ってしまいました甲斐も大貴も所長のチカもそれぞれの目的や思惑のために大なり小なり不正を働いちゃいましたねその辺の柔軟さというか何が何でも目的を達成してみせる力が彼らの凄いところなんでしょうがこれが悪事に使われたらと思うとゾッとしますね甲斐が(一応は)正義の弁護士で本当に良かった……。これからも勝利街道を邁進していきそうな甲斐といったんはファームを離れることになった大貴この二人の最強コンビがまた復活するのを期待しています!

少しモヤっとする最終回(20代女性・アルバイト)

不正に眼をつぶることを条件に大貴の復活を提示するなんてさすが甲斐先生だなと思いました砂里は真琴に大貴を説得するようにお願いしていたけどきっと大貴への気持ちが整理ついたのかなと思いました甲斐先生はまた大貴へボストンに行ってこいとチケットを渡しましたがこれは留学して資格を取ってこいということなのか本当に羽を伸ばしてこいということなのか少しモヤっとする最終回でしたが続編希望したいくらい一番面白いドラマでした

並々ならぬ覚悟を感じた(30代女性・アルバイト)

一度殺人事件で逮捕された栗林彼の無実を証明するのは難しそうでした明らかに真犯人であろう曾我部と蜂矢の証拠を掴めないのももどかしかったですさらに検事の春香は新人で甲斐が困惑したのも無理はありませんしかし彼女は新人ゆえに警察の証拠隠しを正直に教えてくれます春香の拙いながらも頑張る姿もまたドラマの良いスパイスになっていたと思います最終的に大輔は違法でも蜂矢に自供させる手段を選びます何かあった際には甲斐を守るチカに頼んだ所に彼の並々ならぬ覚悟を感じました結果上手く行ったものの大輔にとっては大きな賭けだった思います色々な証拠を隠蔽し無罪の人を犯人に仕立てた実に卑劣な事件でした今回の様に多少荒っぽい手段を使わなければ解決しなかったかもしれません

<『SUITS』の見逃し動画をFODプレミアムで見放題配信中↓↓>

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

最後に

今回は織田裕二主演の『SUITS スーツ』の見逃し動画を視聴する方法について紹介しました。ポイントは次の2つです。

  1. 最新話の放送から1週間以内ならば、TverやFODで無料視聴できる
  2. 1週間以上経過してしまった場合や1話から最終回まで視聴したい場合はFODプレミアムで視聴できる

とりあえず、フジテレビ系のドラマを視聴したいなら、1か月間の無料お試しキャンペーン中のFODプレミアムがおすすめです!

>>FODプレミアムの無料お試し登録はこちら

 

『SUITS スーツ』に関連する記事はこちら↓↓
【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。