実写映画『未成年だけどコドモじゃない』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラまとめ!

2017年12月23日公開の映画『未成年だけどコドモじゃない』。水波風南の人気少女コミックを原作とした実写化作品で、Sexy Zoneの中島健人、平祐奈、Hey!Say!JUMPの知念侑李が出演することで話題になっています。

そこで今回は実写映画『未成年だけどコドモじゃない』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

2017秋映画特集

スポンサードリンク

実写映画『未成年だけどコドモじゃない』のあらすじ&原作

天真爛漫なお嬢様・折山香琳(平)が、16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは結婚だった。しかも親が決めた結婚相手は、初恋の相手で学校イチのモテ男・鶴木尚(中島)。だが、尚にとっては折山家の経済力を目的とした愛のない結婚だったため、香琳は“結婚したのに片思い”という状況に直面する。そんななか、2人だけの秘密だった結婚生活が、香琳に思いを寄せる超セレブの海老名五十鈴(知念)に知られてしまう。五十鈴は見た目と異なる正義感あふれる男らしさと経済力で、尚に離婚するよう迫る。(映画.comから引用)

学校で一番のモテ男であり初恋の相手だが愛されていない結婚と、超セレブで自分を愛してくれる結婚。どちらか一つを選べと言われたらどちらを選ぶでしょうか?答えは人それぞれですよね。自分が好きな人と結ばれたいという方もいれば、自分のことを好きな人と一緒にいるのが一番幸せと感じる方もいるでしょう。

恋のカタチも愛のカタチも人それぞれで正解がないのが世の常。親の意志が入り込めばなおさら単純ではないはず。この物語のヒロインはどちらを選ぶのか?自分の恋愛観と重ね合わせながら観るとさらに楽しめるかもしれませんね。

この映画の監督は桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎出演の映画『ヒロイン失格』や、土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙ら出演の映画『トリガール!』、乃木坂46出演の映画『あさひなぐ』を手がけた英勉監督。素晴らしい作品になりそうです。

原作は水波風南の超人気コミック

この映画の原作は水波風南の超人気コミック「未成年だけどコドモじゃない」。Amazonでも楽天でも絶賛評価を連発しているので、今回の映画化を機に一度は読んでおきたいものですね。

Amazonの全5巻セット↓↓

楽天の中古全5巻セット↓↓

 

 

実写映画『未成年だけどコドモじゃない』のキャスト

折山香琳/平祐奈

天真爛漫なお嬢様。親にプレゼントされた結婚相手は初恋の超モテ男だったが・・・。

平祐奈出演の映画『きょうのキラ君』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『暗黒女子』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『サクラダリセット』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『青空エール』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『キセキ-あの日のソビト-』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『忍びの国』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『ReLIFE』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『写真甲子園 0.5秒の夏』ロケ地まとめ

平祐奈出演の映画『honey』ロケ地まとめ

平祐奈出演のドラマ『望郷』撮影場所まとめ

平祐奈出演のドラマ『立花登青春手控え2』撮影場所まとめ

鶴木尚/中島健人(Sexy Zone)

学校一の超モテ男。折山家の経済力を目的とした逆玉狙いで香琳と結婚する。

中島健人出演のドラマ『ガードセンター24』撮影場所まとめ

中島健人出演の映画『心が叫びたがってるんだ。』ロケ地まとめ

海老名五十鈴/知念侑李(Hey!Say!JUMP)

超セレブ。香琳に思いを寄せている。

知念侑李出演の映画『金メダル男』ロケ地まとめ

知念侑李出演の映画『忍びの国』ロケ地まとめ

知念侑李出演の映画『坂道のアポロン』ロケ地まとめ

追加キャストは随時更新していきます。

 

スポンサードリンク

 

実写映画『未成年だけどコドモじゃない』ロケ地&撮影場所

この映画は2017年8月から9月にかけて都内近郊で撮影が行われます。

東宝スタジオ

東宝スタジオ

小田急小田原線成城学園前駅から徒歩10分程度の場所にある東宝スタジオ。映画の撮影で使われるスタジオとして知られています。東宝スタジオで『未成年だけどコドモじゃない』の撮影が行われるとニュースで発表がありました。

今回はセットロケが多いということでしょう。

東宝スタジオの住所:東京都世田谷区砧7-18

この他にも新たなロケ地や目撃情報が出たら、随時追加していきます。

 

エキストラ募集情報

今のところオフィシャルで募集されているエキストラ情報はありません。

 

最後に

平祐奈、中島健人、知念侑李が出演するということで楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。12月23日の公開が待ちきれませんね。

2017秋映画特集
こんな記事も読まれています

スポンサードリンク



スポンサードリンク
※キャンペーン

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。