ドラマ『アキラとあきら』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラまとめ!

2017年7月からWOWOWで放送される夏ドラマ『アキラとあきら』。『半沢直樹』や『下町ロケット』などの名作ドラマを生み出してきた池井戸潤の小説が原作で、向井理と斎藤工がW主演をつとめることで話題になっています。

そこで今回は夏ドラマ『アキラとあきら』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

2017夏ドラマ特集

 

池井戸潤原作のドラマ&映画特集

スポンサードリンク

ドラマ『アキラとあきら』のあらすじ&原作

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。

日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。

良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる…。(公式ホームページから引用)

優秀なタイプには2つあるのかもしれません。幼い頃から英才教育を受けて恵まれた環境の中で才能を発揮するタイプと、劣悪な環境ながらも強い意志と豊かな才能で自ら道を切り開いていくタイプ。どちらが良くて、どちらが悪いというのはありませんが、そんな2人が対決したらきっと面白い勝負になりそうです。

この物語は境遇の違う二人の天才が主人公の物語。向井理と斎藤工という”タイプの違うイケメン”が演じるので、より説得力を増しています。この2人の対決はどんな過程を経てどんな結末を迎えるのか?始まる前からワクワクが止まりませんね。

池井戸潤の小説はどれも人間を描いているから思わず感情移入してしまう傑作ばかり。今回の『アキラとあきら』も池井戸潤作品の中では長らく埋もれていた”穴場”。今回のドラマ化を機に一度は読んでおきたいものですね。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『アキラとあきら』を視聴するために

御存知の通り『アキラとあきら』はWOWOWで放送されるドラマです。

向井理と斎藤工の勇姿を見るためにはWOWOWの入会が必要になります。WOWOWは今ならお得なキャンペーンもあるようなので、星野源の活躍を全部見届けたい!という方は下から詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ドラマ『アキラとあきら』のキャスト

階堂彬/向井理

東京大学出身。日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート。

向井理出演の映画『RANMARU 神の舌を持つ男』ロケ地まとめ

向井理出演の映画『いつまた、君と 何日君再来』ロケ地まとめ

向井理出演のドラマ『そして誰もいなくなった』撮影場所まとめ

向井理出演のドラマ『ドラマミステリーズ』キャストまとめ

山崎瑛/斎藤工

東京大学出身。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才。

斎藤工出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

斎藤工出演の映画『妖怪ウォッチ』ロケ地まとめ

斎藤工出演の映画『ブルーハーツが聴こえる』ロケ地まとめ

斎藤工出演の映画『昼顔』ロケ地まとめ

斎藤工出演のドラマ『運命に、似た恋』撮影場所まとめ

斎藤工出演のドラマ『フランケンシュタインの恋』キャストまとめ

ほか

 

次ページ 『アキラとあきら』ロケ地まとめ&エキストラ募集情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。