『義母と娘のブルース』見逃し動画の無料視聴&再放送日程!【1話から最終回まで】

義母と娘のブルース
2018年7月10日(火)22時からTBS系で放送スタートの夏ドラマ『義母と娘のブルース』。綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健ら超人気キャストが出演するホームドラマということで話題ですよね。そこで今回は夏ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画を視聴する方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

『義母と娘のブルース』に関連する記事はこちら↓↓

『義母と娘のブルース』の予告動画をCheck!

まずは第2話の予告動画をCheck↓↓

フル動画は下をCheck↓↓

『義母と娘のブルース』最新話の見逃し動画は放送から1週間以内はTverで無料視聴できる!

最新話の放送から1週間以内なら民放公式無料ポータル「Tver」で無料視聴できますよ!

【第1話の見逃し動画】

動画配信サービス 配信状況
・Tver 第1話の動画はこちら
(配信期間:7/10(火)23:00~7/17(火)21:59)

『義母と娘のブルース』の再放送は?

今のところ、再放送日程は明らかになっていません。例年の流れでは第1話のみ再放送が放送される可能性があります。こちらは判明したら更新します。

スポンサードリンク

『義母と娘のブルース』各話のあらすじ&感想

第1話のあらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

義母と娘のブルース,1話

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

義母と娘のブルース,1話

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

義母と娘のブルース,1話

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

義母と娘のブルース,1話

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。(公式ホームページから引用)

第1話の感想や評判に関する視聴者アンケート

娘の心情がかなりリアル(40代女性・主婦)

亜希子の生真面目で突き抜けた感じが原作に忠実に表現されていて綾瀬はるかさんの演技力に脱帽しました子供相手に常にビジネスライクに接するところが若干ずれているけど何となく憎めない感じが亜希子の良さだと思いましたその熱意はみゆきにも伝わったようで終盤でみゆきが亜希子の履歴書を見て同じようにビジネスライクに採用通知で返事を出したシーンはちょっとほっこりしました全体的に父親の再婚に戸惑う娘の心情がかなりリアルに描かれていてこの先ふたりがどうわかり合うのかがかなり気になりました

面白いですね(50代女性・主婦)

パーフェクトなバリバリのキャリアウーマンの亜希子の杓子定規な性格がとても魅力的です笑顔がないのが逆に面白いですね一方まだ母親の事がわすれられないみゆきの頑固さ逆にちょっと寂しさを持っているのではないかと感じましたまた良一とは全く性格が異なる亜希子どんなきっかけで出会い結婚することになったのでしょうかそれがこれからのポイントになるのでしょうねそして麦田章は亜希子と良一とどう関わってくるのでしょうか気になります

戦国武将ぽい台詞(40代女性・アルバイト)

主演の綾瀬はるかさんの演技がとても面白かったです大手企業のエリート部長でいつも無表情で戦国武将ぽい台詞的確な判断力と行動力それでいて子供を喜ばすためのアプローチに腹芸をするこのようなキャラをこなせるとはさすがですと思いましたそして自分の再婚なのにどこかしら他人事のような竹野内豊さんなぜそんなにぞろ目を気にするのかとなにかの振りなのかと気になって仕方ありませんでした

ギャップ(50代男性・無職)

仕事一筋に出世した30代女性が義母になるために男性の連れ子である娘のみゆきに近づくためにいろいろと戦略を立て行動をおこすやり方が実に戦略的でロボットのような表現で綾瀬さんが真面目に演じられていることで面白さを感じましたしかもみゆきが義母になることを認めたことに感謝を表現すると言って腹芸でくそまじめに体を動かすシーンにはそれまでのキャラとやっていることのギャップで面白さを増しているように感じました

今後の展開が楽しみ(30代男性・アルバイト)

義母となる亜希子がある種の堅物だというの番宣で知っていましたが娘のみゆきもなかなかしっかりした子供でしたねみゆきの境遇を考えるとああいった対応になってしまうのも納得ですお母さんへの愛情が残っているのもそうですけどお父さんの良一がまた頼りなさそうでしたもんねえああやって気を張るしかなかったのでしょうそこを亜希子が上手く支えになってあげられればいいのですが1話を見た限りだとそう簡単に理想の母親にはなれなさそうなので面白いです今後の展開が楽しみですね

第2話のあらすじ

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊) ・宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。

義母と娘のブルース,2話

一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。

義母と娘のブルース,2話

仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子。だが、亜希子には自分の中に母親像がない。そこで、みゆきの母親・愛 (奥山佳恵) をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理など、一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく…(公式ホームページから引用)

 

最後に

今回は綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース』の見逃し動画を視聴する方法やあらすじ、視聴者アンケートの結果について紹介してきました。ポイントは次の1点です。

  • 見逃し動画はTverで最新話放送から1週間以内ならば、完全無料で視聴できる

 

『義母と娘のブルース』に関連する記事はこちら↓↓
【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。