『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』ロケ地&伊豆の撮影場所、キャスト、あらすじ!【1月7日放送】

新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件
2019年1月7日(月)20時からTBS系で放送のスペシャルドラマ『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』。平岡祐太主演の人気シリーズで、今回は静岡県が舞台になることで注目されています。そこで今回は『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』の舞台となる静岡県・伊豆のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』のあらすじ&原作

あらすじ

旅と歴史のルポライター・浅見光彦(平岡祐太)は、母の雪江(竹下景子)と共に静岡県伊豆・天城峠を訪れていた。滞在先の武上旅館で光彦は小林章夫(堀内正美)、朝美(谷村美月)親子と出会う。父娘仲睦まじい様子を見た光彦は、その後露天風呂で出くわした章夫から朝美への想いを聞き、娘への揺るぎない愛情を感じとった。だが、後日再び武上旅館へと向かう途中、偶然再会した朝美から、章夫が1カ月前に天城峠で事故にあい亡くなったと聞かされる。

新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件

事故に不審な点を感じた光彦は朝美と共に、章夫が成そうとしていた“下司”と書かれた千社札を貼る旅の目的を探る。その途中、ある寺で朝美は生き別れた実母・清美(市毛良枝)と遭遇する。しかし、母に捨てられたつらい過去を忘れられない朝美は、清美との関わり合いを拒んでしまう。

新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件

一方、事故の真相を追っていた光彦は、万引き犯と間違われた中学生の香菜(鈴木梨央)を助けたことがきっかけで、香菜の父で刑事の保田(尾美としのり)と知り合うことに。保田の協力を得て、本格的に捜査に乗り出した光彦は、章夫の人となりを知るため元妻である清美の元へ。

しかし、武上旅館では女将の慶子(音無美紀子)が自殺を図り、事態は思わぬ方向へと進んでいく…。(公式ホームページから引用)

原作は内田康夫の小説

ドラマの原作は内田康夫の小説「天城峠殺人事件」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

浅見光彦/平岡祐太

笠原清美/市毛良枝

小林朝美/谷村美月

小林章夫/堀内正美

保田友久/尾美としのり

保田香菜/鈴木梨央

武上慶子/音無美紀子

武上清作/金田明夫

浅見陽一郎/石丸幹二

浅見雪江/竹下景子

スタッフ情報

脚本/荒井修子

代表作にドラマ『水族館ガール』、『マザー・ゲーム 彼女たちの階級』、『マイガール』など

演出/鈴木浩介

スポンサードリンク

『新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』ロケ地&撮影場所まとめ

伊豆市修善寺の日枝神社

日枝神社

静岡県伊豆市の修善寺温泉近くにある日枝神社。予告動画からここがロケ地になったことがわかっています。

浅見光彦

日枝神社の住所:

 

旧天城トンネル

旧天城トンネル

予告動画から旧天城トンネルも撮影地になったことがわかっています。

浅見光彦

旧天城トンネルの住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!
【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。