『駐在刑事』ロケ地&奥多摩の撮影場所、キャスト、あらすじ!【寺島進主演ドラマ】

駐在刑事
2018年10月19日(金)20時からテレビ東京系で放送スタートの秋ドラマ『駐在刑事』。奥多摩を舞台に寺島進が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は秋ドラマ『駐在刑事』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『駐在刑事』のあらすじ&原作

あらすじ

東京の西の端、奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されることに。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。

そんな江波のもとに毎日持ち込まれる厄介な問題の数々。四苦八苦しながらも楽しそうにトラブルを処理していたが・・・

ある日、リニア新幹線の残土処分場をめぐり工事業者と水根の住民が衝突。遂には死者が出てしまう。地元選出の衆議院議員や謎のフリージャーナリストなど、続々と怪しい人物が江波の前に立ちはだかる。

一番の強敵は因縁深い緒方綾乃(黒木瞳)だ。なぜ彼女は奥多摩に署長としてやってきたのか?警視庁捜査一課の加倉井国広(北村有起哉)も巻き込んだ腹の探り合いが続く。水根にいったい何が起こっているのかーーー。それぞれの「正義」を巡る戦いの火ぶたが切って落とされた!!(公式ホームページから引用)

原作は笹本稜平の小説

ドラマの原作は笹本稜平の「駐在刑事」と「駐在刑事 尾根を渡る風」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『駐在刑事』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

江波敦史/寺島進

寺島進

かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されることに。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。

加倉井国広/北村有起哉

北村有起哉

主人公、江波の天敵で警視庁捜査一課の管理官。一人を守るために奮闘する江波とは異なり、警察の「組織」としての役割を大切にする。冷静沈着。

内田遼子/笛木優子

笛木優子

山岳ガイド。美也子に誘われて水根旅館の休み処の女将も務めることに。図書館司書の資格も持っているため、江波の推理を助けることもある。

軽部翔平/佐藤寛太

佐藤寛太

警視庁のキャリアで奥多摩警察署・署長補佐として奥多摩に赴任。抜群のIQを誇り、出世をゲームと言い切る。目標は警察庁長官。一度見たものは忘れない特技を持つ。

池原孝夫/鈴之助

鈴之助

山岳ガイド。水根旅館の跡取り息子。水根の自然を守るために、時に熱くなることも。江波と共に殺人トリックを暴くために体を張る。

緒方ひかり/山口まゆ

山口まゆ

緒方綾乃の娘。過去の経験から大人を信じられずにいる。奥多摩・水根に様々なトラブルを持ち込むが、そこには隠された理由があり…。

小宮山勇人(はやと)/眞島秀和

眞島秀和

奥多摩地区選出の国会議員。祖父の地盤を受け継ぎ当選し、今は国土交通副大臣。奥多摩の住民たちにリニア新幹線の残土処理場の誘致を呼びかける。

岩淵真一/長谷川朝晴

長谷川朝晴

フリーのジャーナリスト。中瀬由紀子が服毒自殺した事件を追う。奥多摩署長の緒方綾乃とは、どうやら知り合いのようだが…。

大曾根喜八郎/伊東四朗(特別出演)

伊東四朗

自然を愛する水根の住人。川に捨てられたゴミや不法占拠された空家を嘆く。江波や子供たちには基本的に優しいが、間違ったことをすれば厳しく叱るガンコな一面も。

池原美也子/市毛良枝

市毛良枝

奥多摩の老舗・水根旅館の女将。何かと江波のことを気にかけ、惣菜のお裾分けを駐在に持ってきたりする。また、江波に犯人逮捕の“ヒント”を与えることも。

緒方綾乃/黒木瞳

黒木瞳

元警視庁捜査二課の理事官で今回奥多摩署の署長として水根に戻ってきた。かつて江波を「潰す」と言い放ったが、奥多摩に来た本当の理由はいったい…。言動に謎が多く、不気味なほどミステリアス。

恩田ゆり子/瀧本美織(第1話のゲスト出演者)

水根診療所の看護師。

松永吾郎/松田悟志(第1話のゲスト出演者)

水根診療所の医師。

田所孝一/マギー(第2話のゲスト出演者)

誘拐された息子の父親。

田所好美 /中原果南(第2話のゲスト出演者)

誘拐された息子の母親。

スタッフ情報

監督/皆元洋之助、小林義則、鈴木統 

脚本①/田子明弘

代表作にドラマ『金田一少年の事件簿』、『優しい時間』など

脚本②/入江信吾

代表作にドラマ『相棒』、『警視庁捜査一課長』など

主題歌/山崎まさよし「アイムホーム」

▶次ページ 『駐在刑事』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

12 件のコメント

  • 駐在刑事の第5話で、
    ・小宮山議員の秘書である葛城竜蔵と緒方ひかりの義父である中瀬時雄が話をしていた & 中瀬時雄が車の中で死んでいた場所は、
    山梨県北都留郡丹波山村にある国道411号線沿いの諸畑橋です。
    国道411号線側から諸畑橋を渡った所、緯度、経度は(35.779266, 138.978602)の地点です。
    ・大曾根喜八郎が沢井真紀とベンチに座っていて、緒方ひかりに話しかけたのは、
    奥氷川神社:東京都西多摩郡奥多摩町氷川178 の境内です。
    ・大曾根喜八郎邸は、日の出山荘 日米首脳会談記念館:東京都西多摩郡日の出町大久野5270 です。
    ・小宮山議員の秘書である葛城竜蔵が社長をしている「株式会社ケイ・リサーチ」や、小宮山議員の小宮山勇人事務所が入居する「TSウイングビル」は、新宿JECビル(新宿教育会館):東京都新宿区西新宿7丁目22−43 です。
    ・沢井真紀がゴミ拾いをしていたのは、御岳小橋:東京都青梅市御岳本町1丁目362 です。
    ・沢井真紀が雨の中でゴミ拾いをしていて、軽い肺炎になって入院したのは、
    東京医科大学八王子医療センター:東京都八王子市館町1163 です。

  • 駐在刑事・・・
    第1話
    死体が見つかる場所は
    奥氷川神社下の川です

    第2話
    身代金をゴミ箱からとる場所は
    アメリカキャンプ村
    奥多摩町海澤230

    第3話
    神月沙代が入る公演会場と最後のお別れの時は
    沢井市民センター
    青梅市沢井2-682

    また随時報告致します。

  • 奥多摩警察者はあきる野市役所別館になります。
    あきる野市二宮350

    第2話・・・
    検問してる橋
    丹波山村役場入口の橋になります。
    ※橋の名前は不明

    電話ボックス・・・
    ①奥氷川神社内 ※実際はありません。
    ②大麦代園地駐車場 ※実際あります。
    奥多摩町原

    第3話・・・
    家庭裁判所って書いてある所
    日の出町役場の正面玄関
    日の出町平井2780

    第5話・・・
    黒木瞳とジャーナリストが夜話ししているところ
    奥多摩町登計原山村広場運動公園軟式野球場のスタンド
    奥多摩町氷川940

    第6話・・・
    開通式は道の駅 たばやま
    山梨県北都留郡丹波山村(その他)2901

    ダンプ会社
    株式会社杉田建材工業

    最新情報になります。

  • 第6話で、
    ・緒方綾乃所長が小宮山議員&葛城竜蔵に謝罪に行く前に、江波敦史と話をしていたのは、
    小河内ダム左岸の人間日時計:東京都西多摩郡奥多摩町原 がある湖岸の公園です。
    ・謝罪会見中に江波敦史が自転車で時計をちらっと見ながら走っていたピンクの橋は、
    鳩の巣大橋:東京都西多摩郡奥多摩町棚澤 緯度経度(35.811872, 139.133497)地点です。
    ・「道の駅みずね」は、「道の駅たばやま」:山梨県北都留郡丹波山村2901 です。

  • 最終回・・・

    ・岩のトンネル
    奥多摩湖〜小澤酒造(澤乃井)までのサイクルロードの区間にあります。

    ・緒方社長と家政婦の会話場所
    御岳渓谷の橋の少し下流

    ・赤い橋
    峰谷橋

    ・江波さんが自転車で走っている白い橋
    弁天橋

    ・最後の横断歩道
    奥多摩水と緑のふれあい館前の横断歩道

  • 最終回・・・

    最後の山岳ガイド訓練所
    日原森林館
    住所:奥多摩町日原819

    あと何話か忘れましたが
    奥多摩湖を上から見下ろしている家は
    cafe indigo blue
    奥多摩町境1139

  • 最終回で、緒方ひかりが葛城竜蔵にスタンガンで気絶させられた場所は、国道411号線の白丸トンネルが出来る前の旧道です。緒方ひかりが車を駐めて歩き出す葛城竜蔵を見つけて自転車を駐めたのは、
    緯度経度(35.809081, 139.113768 )の地点です。

  • 最終回・・・
    最後の屋上シーン
    白百合会増戸ホーム
    あきる野市三内485-1

    最後の犬救出シーン
    秋川渓谷リバーティオ
    あきる野市小和田464-1

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。