『十津川警部シリーズ7 浜名湖殺人ルート』ロケ地&浜松の撮影場所、キャスト、あらすじ!【12月10日放送】

十津川警部7
2018年12月10日(月)20時からTBS系で放送の『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 「十津川警部シリーズ7」浜名湖殺人ルート』。内藤剛志の主演の人気シリーズ第7弾ということで注目されています。そこで今回は『十津川警部シリーズ7 浜名湖殺人ルート』の舞台となる静岡県浜松市のロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019冬ドラマ特集】

『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 「十津川警部シリーズ7」浜名湖殺人ルート』のあらすじ&原作

あらすじ

都内で大手電機メーカー社長の妻・五十嵐あかね(遠野なぎこ)が殺された。鋭利な刃物で十数か所を刺すという残忍な手口だ。死体を発見した夫・実(岸田研二)によると、会社の大規模なリストラ計画を非難し犯行を予告する脅迫状が届いていて、あかねが“3人目の獲物”だと記されていた。十津川警部(内藤剛志)をはじめとした十津川班の面々は最近起きた未解決の殺人事件を改めて調べると、被害者の特徴と犯行の手口から、飲食店店長・石塚克郎(吉村界人)の犯行ではないかと行き着く。石塚は女性を暴行して服役した過去がある危険人物で、彼をリーダーとする不良グループは素行が悪くひんしゅくを買っている。十津川は石塚が犯行を重ねるとにらみ、徹底的にマーク。案の定、犯行に及んだ石塚を捕らえ現行犯逮捕する。これで事件は解決したかに思われた。

十津川警部7

十津川が家に帰ると、妻の直子(池上季実子)が“愛想が尽きた”と置手紙を残し、いなくなっていた。十津川は石塚の件を亀井刑事(石丸謙二郎)に任せ、直子の好きな鎌倉を訪れて必死に捜すが、手掛かりすら掴めない。悄然として家に戻ると、留守番電話に、直子を誘拐したという犯人から、直子と引き換えに石塚を釈放するよう要求する脅迫メッセージが残っていた。さらに、石塚の父親・史郎(三浦浩一)が雇った弁護士・佐藤誠(堀内正美)が警視庁を訪れ、不当逮捕だと主張し石塚を釈放するよう求める。

そんな中、石塚の不良グループのひとりが都内の公園で死体となって発見される。検死により、男は浜名湖で殺されたことが判明し…。(公式ホームページから引用)

原作は西村京太郎の小説

ドラマの原作は西村京太郎の小説「能登半島殺人事件」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 「十津川警部シリーズ7」浜名湖殺人ルート』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

十津川省三/内藤剛志

亀井定雄/石丸謙二郎

佐伯義之/柏原収史

北村警部補/友近

杉本刑事/橋本じゅん

若林刑事/増澤ノゾム

酒井刑事/朝倉あき

清水刑事/岩永徹也

小川刑事/福田陽一

石塚克郎/吉村界人

木元秀樹/片岡信和

モモエ/IKKO

哲太/文二

石塚史郎/三浦浩一

石塚登喜子/久世星佳

五十嵐あかね/遠野なぎこ

佐藤誠/堀内正美

十津川直子/池上季実子

本多一課長/六平直政

三上刑事部長/西岡德馬

スタッフ情報

監督/林海象

脚本/山田耕大

代表作に『しあわせ家族計画』、『ろくでなしBLUES』、『鉄人28号』、『おしん』など

 

スポンサードリンク

 

『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 「十津川警部シリーズ7」浜名湖殺人ルート』ロケ地&浜松の撮影場所まとめ

『十津川警部シリーズ7』は2018年夏に撮影が行われたようですね。

弁天島

弁天島

静岡県浜松市西区にある弁天島。赤い鳥居が有名ですよね。ここがオープニングシーンのロケ地になったことがわかっています。

弁天島の住所:

 

恵比寿のLIBRAIRIE6シス書店

LIBRAIRIE6シス書店

東京・恵比寿にあるアートギャラリー「LIBRAIRIE6シス書店」。ここがロケ地になったと発表がありました。

LIBRAIRIE6シス書店の住所:東京都渋谷区 恵比寿南1-12-2南ビル3F

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!
【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。