月9『SUITS/スーツ』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【織田裕二&中島裕翔出演ドラマ】

SUITS スーツ
2018年10月からフジテレビの月9枠で放送スタートの秋ドラマ『SUITS/スーツ』。アメリカの超人気シリーズ『SUITS』の日本リメイク版で、織田裕二と中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が出演することで話題になっています。そこで今回は秋ドラマ『SUITS/スーツ』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『SUITS』に関連する記事はこちら↓↓
【2018秋ドラマ特集】

月9『SUITS/スーツ』のあらすじ&原作

あらすじ

都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、事務所内でもトップクラスの稼ぎ頭だが、その傲慢な性格が災いし、人にやっかまれることもしばしば。ある日甲斐は、上司から昇進の条件としてアソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示され、秘書と共に新人採用の面接会を開くことに。そこに偶然やってきたのが、明晰な頭脳と一度見たものは決して忘れないという驚異的な記憶力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしの生活を送り、様々な業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)。

当初は、悪事に手を染めていた人間は採用しないと言っていた甲斐だったが、大貴の驚異的な記憶力と頭脳を評価し、自らのアソシエイトとして採用することを決意。弁護士資格を持たない彼の経歴を詐称することを提案し、自らの部下に。こうして秘密を共有した2人は、常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していくことに――。(Cinemacafe.netから引用)

月9=ラブストーリーを決定づけたのは織田裕二「東京ラブストーリー」だった!

これまでフジテレビ月9といえば、ラブストーリー枠として知られてきました。それを決定づけたのは織田裕二と鈴木保奈美が出演し、社会現象にもなった『東京ラブストーリー』でした。あれから20年以上が経過した最近まで「月9=恋愛もの」の伝統が引き継がれてきましたが、ここ1、2年で月9枠も大きな変化があります。

2016年後半から月9に変化が現れてきた

その第一歩が山田涼介が主演で2016年秋に放送された『カインとアベル』ではないでしょうか。山田涼介と倉科カナの恋愛要素があったものの、ストーリーの主眼は山田涼介と桐谷健太、高嶋政伸の親子や兄弟の確執でした。男女の恋愛を主たるテーマにしていなことが、前作の『好きな人がいること』までとは大きく変わっていますよね。

「月9=必ずしも恋愛ものでなくてもよい」を決定づけたのはやはり『コード・ブルー』

その後、西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』でラブストーリー路線に戻したと思いきや、相葉雅紀主演の『貴族探偵』、山P主演の『コード・ブルー3』、篠原涼子主演の『民衆の敵 世の中、おかしくないですか?』と恋愛要素がほぼないドラマを3作連続で投入。とくに『コード・ブルー3』は平均視聴率14.6%の大ヒット。『劇場版 コード・ブルー』も大ヒットするなど、「月9=必ずしもラブストーリーではない」を決定づけた作品になりましたね。

<『東京ラブストーリー』や『コード・ブルー1、2、3』がFODプレミアムで見放題配信中↓↓>

【1か月無料お試し】FODプレミアムはこちら

コード・ブルー

「SUITS/スーツ」が月9の新たなるスタンダードになるのか?

そういった意味で今回の『SUITS/スーツ』を月9枠で織田裕二が主演で演じるのは運命的なものすら感じさせます。もしこのドラマが大ヒットすれば、「月9=お仕事系ドラマ枠」という流れになるかもしれません。完全に「月9=恋愛」を終わらせることになるのです。

織田裕二で始まり、織田裕二で終わる?

織田裕二の『東京ラブストーリー』で「月9=恋愛」をスタートさせ、織田裕二の「SUITS/スーツ」が「月9=恋愛」を終わらせて新たな流れを作る・・・。果たしてこの流れ通りになるのか?ドラマ史的な観点でも非常に興味深い作品になるでしょう。

原作はアメリカの人気ドラマシリーズ

SUITS

ドラマの原作は2016年からアメリカで放送されている人気シリーズ「SUITS」。現在はシーズン8が放送されています。今回のリメイク化を機に、少し見ておきたいところですね。アメリカの「SUITS」は動画配信サービスU-NEXTでシーズン1からシーズン5まで見放題配信中!

>>【31日間無料お試し】U-NEXTの詳細はこちら

配信情報は2018年12月時点の情報です。すでに配信が終了している可能性があるので、登録前にU-NEXTでご確認ください。

 

月9『SUITS/スーツ』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

甲斐正午(かい・しょうご)/織田裕二

織田裕二

勝利のためなら違法行為ギリギリもいとわないスーパーエリート弁護士。頭がキレる反面、傲慢な性格。

鈴木大貴(すずき・だいき)/中島裕翔(Hey!Say!JUMP)

甲斐のアソシエイト。頭脳明晰で驚異的な記憶力を持ち、司法試験予備試験に合格しているが、弁護士資格はない。

幸村チカ(ゆきむら・ちか)/鈴木保奈美

鈴木保奈美

日本の四大弁護士事務所のひとつ「幸村・上杉法律事務所」の所長(代表弁護士)。甲斐正午や鈴木大貴の上司。若い頃から自分の将来像を明確に持ち、成り上がってきた女性。自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させ、優秀な弁護士に育て上げた経緯があり、甲斐にとっては唯一頭が上がらない人物。

聖澤真琴(ひじりさわ・まこと)/新木優子

新木優子

敏腕弁護士の父を持つパラリーガル。幼い頃から弁護士を目指すも、何度も司法試験で肝心な実力を発揮できず夢を叶えられないでいる。学歴コンプレックスを持っていて、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることもしばしば。仕事ぶりは事務所でもトップクラスの調査能力を持つほど優秀で、右も左もわからず弁護士になった大貴(中島翔哉)にとって、真琴は強い味方に。職場恋愛に対しては慎重だが、真琴は大貴の人間的な魅力に徐々に惹かれていくことに・・・。

玉井伽耶子(たまい・かやこ)/中村アン

中村アン

頭脳明晰で人心掌握術に長け、よく気が利く女性。「幸村・上杉法律事務所」に勤め、長年、甲斐の秘書を務めている。甲斐とは、彼がかつて検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合う。伽耶子は、男の言いなりになることは大嫌いだが、甲斐のことだけは信頼し、彼のために常に最善を尽くす。

谷元砂里(たにもと・さり)/今田美桜

今田美桜

学生時代から鈴木大貴(中島翔哉)をさまざまなトラブルに巻き込んできた悪友・谷元遊星の妹。砂里は、兄の遊星とは真逆の性格で正義感が強い女性。中学の頃から、遊星の友人である大貴のことを意識し始め、兄の悪事の片棒を担がされる大貴を心配し、兄をたしなめることも。大貴の祖母・結衣とも仲が良く、気に入られている。大貴にとっては、経歴詐称をして弁護士になった秘密を打ち明けることができる唯一の存在。

蟹江貢(かにえ・みつぐ)/小手伸也

小手伸也

甲斐正午と同じ「幸村・上杉法律事務所」に勤める弁護士。甲斐とは若手の頃からしのぎを削ってきたライバルで、事あるごとに衝突。極度のひねくれ者で嫌味なところもあるが、根本的にはお人好しで、どこか憎めない一面も持っている。経済分野が得意で、事務所では敏腕の甲斐と肩を並べる稼ぎ頭。最大の自慢は、ハーバードのロースクール出身であること。

谷元遊星(たにもと・ゆうせい)/磯村勇斗

磯村勇斗

鈴木大貴の唯一の親友にして悪友。あくどいやり方で金を稼ぐ方法を考え出す天才で、大貴に替え玉受験をやらせていたのも彼。大貴と共に高校を中退し、上京してからも“裏稼業”に手を染め、違法行為で金を稼ぐことに。高級マンションに住み、高級外車に乗って見栄を張ってるが、実は多額の借金に苦しんでいる。常に、大貴につきまとい続けるトラブルメーカーで、大貴のことを心配する正義感の強い妹の砂里に、たしなめられることもしばしば。

柳慎次/國村隼

國村隼

次長検事。甲斐正午(織田裕二)の元上司。駆け出しの検事だった甲斐に検事の仕事を全て教え、甲斐を家族ぐるみでかわいがっていた人物。

鈴木結衣/田島令子

大輔の祖母。

梅宮/泉里香(第1話のゲスト出演者)

甲斐正午(織田裕二)とデートしていた女性。

佐橋哲平/米村亮太朗(第2話のゲスト出演者)

『いろは銀行』の内部告発をしてきたクライアント。

谷川好昭/長谷川公彦(第2話のゲスト出演者)

佐橋哲平の部下。預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいる。

河瀬今日子/関めぐみ(第2話のゲスト出演者)

勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇された看護師。

海部政継/中村育二(第2話のゲスト出演者)

河瀬今日子を解雇した東都医科大学病院院長。

館林憲次/小須田康人(第2話のゲスト出演者)

海部の代理人弁護士。

安樂孝志/久松信美(第3話のゲスト出演者)

老舗時計メーカー『KAMIYA』の取締役。

安樂静佳/東風万智子(第3話のゲスト出演者)

急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』の社長・加宮忠の娘。

岡林達樹/きたろう(第3話のゲスト出演者)

加宮忠の臨終に立ち会った古株の工場長。

藤ヶ谷樹/柳俊太郎(第3話のゲスト出演者)

世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター。

畠中美智瑠/山本未來(第4話のゲスト出演者)

大手ファームに所属する後輩弁護士。

館山健斗/岩井拳士朗(第4話&第8話のゲスト出演者)

アソシエイト。甲斐のサポートをする。

春日友加里/生越千晴(第4話のゲスト出演者)

支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられているクライアント。

立花理乃/中原果南(第4話のゲスト出演者)

辛島と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発。

福原太一/渡辺憲吉(第4話のゲスト出演者)

薬の副作用で肝機能障害を起こした被害者の会の弁護士。

赤城達男/ブラザートム(第5話のゲスト出演者)

甲斐が個人で契約している車の運転手。

糸井公一/半海一晃(第5話のゲスト出演者)

赤城が追突事故を起こした相手。運送会社の運転手。

内海真須美/ジュディ・オング(第6話のゲスト出演者)

日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長。

藤原一輝/大澄賢也(第6話のゲスト出演者)

リゾート開発会社『アテナリゾート』の社長。

藤原華名/佐久間由衣(第6話のゲスト出演者)

藤原の娘で大学院生。社員証を偽造して会社に侵入し会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

小堺晴彦/春海四方(第6話のゲスト出演者)

轟フィナンシャルの経理部長。

毛利徹/小松和重(第6話のゲスト出演者)

弁護士。

米倉和博/宮田佳典(第6話のゲスト出演者)

アソシエイト弁護士。

桜庭庸司/髙橋洋(第7話のゲスト出演者)

『桜庭リゾート&ホテル』社長。

ジーン・クライン/クリス・バテン(第7話のゲスト出演者)

大手ホテルグループ『KJO』社長。

木次谷公一/橋本さとし(第7話のゲスト出演者)

大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した『KJO』の代理人弁護士。

町田日向子/石橋静河(第7話のゲスト出演者)

大輔が司法試験で替え玉受験をしていた女性。

聖澤敬一郎/竹中直人(第7話のゲスト出演者)

真琴の父でセイントの代表。

水原美咲/矢田亜希子(第8話のゲスト出演者)

大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟の原告団代表。

佐藤鈴子/宍戸美和公(第8話のゲスト出演者)

大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟の原告団代表。

畠中美智瑠/山本未來(第8話のゲスト出演者)

烏丸建設の顧問弁護士。甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所に所属している。

片桐仁(第8話のゲスト出演者)

大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟の原告団代表だったが、甲斐に代表をはずされる。

華村百合/石田ひかり(第9話のゲスト出演者)

『YURI綜合会計事務所』の所長。

大河原忠/西村まさ彦(第9話のゲスト出演者)

『YURI綜合会計事務所』のエース会計士。

澤田仁志/市川海老蔵(第10話のゲスト出演者)

最高検の監察指導部。

追加キャストは随時更新していきます。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/池上純哉

代表作にドラマ『遺留捜査』、『ミス・パイロット』、『極悪がんぼ』、『相棒』、『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』、『刑事ゆがみ』、映画『メゾン・ド・ヒミコ』、『容疑者Xの献身』、『孤狼の血』など

主題歌/B’z「WOLF」

『SUITS スーツ』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『SUITS スーツ』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度観たい方は見逃し動画配信で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

最後に

織田裕二と中島裕翔という異色のバディがなんとも興味深い『SUITS/スーツ』。原作がしっかりしているので、ストーリー的に大崩することはないはず。期待していいのではないでしょうか。

『SUITS』に関連する記事はこちら↓↓
【2018秋ドラマ特集】
 
次クール・2019年1月スタートのフジテレビ月9情報↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。