月9『SUITS/スーツ』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【織田裕二&中島裕翔出演ドラマ】

SUITS スーツ
2018年10月からフジテレビの月9枠で放送スタートの秋ドラマ『SUITS/スーツ』。アメリカの超人気シリーズ『SUITS』の日本リメイク版で、織田裕二と中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が出演することで話題になっています。そこで今回は秋ドラマ『SUITS/スーツ』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2018秋ドラマ特集】

月9『SUITS/スーツ』のあらすじ&原作

あらすじ

都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、事務所内でもトップクラスの稼ぎ頭だが、その傲慢な性格が災いし、人にやっかまれることもしばしば。ある日甲斐は、上司から昇進の条件としてアソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示され、秘書と共に新人採用の面接会を開くことに。そこに偶然やってきたのが、明晰な頭脳と一度見たものは決して忘れないという驚異的な記憶力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしの生活を送り、様々な業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)。

当初は、悪事に手を染めていた人間は採用しないと言っていた甲斐だったが、大貴の驚異的な記憶力と頭脳を評価し、自らのアソシエイトとして採用することを決意。弁護士資格を持たない彼の経歴を詐称することを提案し、自らの部下に。こうして秘密を共有した2人は、常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していくことに――。(Cinemacafe.netから引用)

月9=ラブストーリーを決定づけたのは織田裕二「東京ラブストーリー」だった!

これまでフジテレビ月9といえば、ラブストーリー枠として知られてきました。それを決定づけたのは織田裕二と鈴木保奈美が出演し、社会現象にもなった『東京ラブストーリー』でした。あれから20年以上が経過した最近まで「月9=恋愛もの」の伝統が引き継がれてきましたが、ここ1、2年で月9枠も大きな変化があります。

2016年後半から月9に変化が現れてきた

その第一歩が山田涼介が主演で2016年秋に放送された『カインとアベル』ではないでしょうか。山田涼介と倉科カナの恋愛要素があったものの、ストーリーの主眼は山田涼介と桐谷健太、高嶋政伸の親子や兄弟の確執でした。男女の恋愛を主たるテーマにしていなことが、前作の『好きな人がいること』までとは大きく変わっていますよね。

「月9=必ずしも恋愛ものでなくてもよい」を決定づけたのはやはり『コード・ブルー』

その後、西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』でラブストーリー路線に戻したと思いきや、相葉雅紀主演の『貴族探偵』、山P主演の『コード・ブルー3』、篠原涼子主演の『民衆の敵 世の中、おかしくないですか?』と恋愛要素がほぼないドラマを3作連続で投入。とくに『コード・ブルー3』は平均視聴率14.6%の大ヒット。『劇場版 コード・ブルー』も大ヒットするなど、「月9=必ずしもラブストーリーではない」を決定づけた作品になりましたね。

「SUITS/スーツ」が月9の新たなるスタンダードになるのか?

そういった意味で今回の『SUITS/スーツ』を月9枠で織田裕二が主演で演じるのは運命的なものすら感じさせます。もしこのドラマが大ヒットすれば、「月9=お仕事系ドラマ枠」という流れになるかもしれません。完全に「月9=恋愛」を終わらせることになるのです。

織田裕二で始まり、織田裕二で終わる?

織田裕二の『東京ラブストーリー』で「月9=恋愛」をスタートさせ、織田裕二の「SUITS/スーツ」が「月9=恋愛」を終わらせて新たな流れを作る・・・。果たしてこの流れ通りになるのか?ドラマ史的な観点でも非常に興味深い作品になるでしょう。

原作はアメリカの人気ドラマシリーズ

SUITS

ドラマの原作は2016年からアメリカで放送されている人気シリーズ「SUITS」。現在はシーズン8が放送されています。今回のリメイク化を機に、少し見ておきたいところですね。アメリカの「SUITS」は動画配信サービスU-NEXTでシーズン1からシーズン5まで見放題配信中!

>>【31日間無料お試し】U-NEXTの詳細はこちら

配信情報は2018年8月時点の情報です。すでに配信が終了している可能性があるので、登録前にU-NEXTでご確認ください。

 

月9『SUITS/スーツ』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

甲斐正午/織田裕二

織田裕二

勝利のためなら違法行為ギリギリもいとわないスーパーエリート弁護士。頭がキレる反面、傲慢な性格。

鈴木大貴/中島裕翔(Hey!Say!JUMP)

甲斐のアソシエイト。頭脳明晰で驚異的な記憶力を持ち、司法試験予備試験に合格しているが、弁護士資格はない。

鈴木保奈美(噂)

追加キャストは随時更新していきます。

人物相関図

相関図は発表があり次第、追加します。

スタッフ情報

脚本/池上純哉

代表作にドラマ『遺留捜査』、『ミス・パイロット』、『極悪がんぼ』、『相棒』、『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』、『刑事ゆがみ』、映画『メゾン・ド・ヒミコ』、『容疑者Xの献身』、『孤狼の血』など

主題歌/不明

最後に

織田裕二と中島裕翔という異色のバディがなんとも興味深い『SUITS/スーツ』。原作がしっかりしているので、ストーリー的に大崩することはないはず。期待していいのではないでしょうか。

【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。