月9『コンフィデンスマンJP』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!長澤まさみ主演ドラマ!

コンフィデンスマンJP

2018年4月からフジテレビの月9枠としてスタートする春ドラマ『コンフィデンスマンJP』。11年ぶりとなる長澤まさみ主演の月9ドラマということで話題になっています。

そこで今回は春ドラマ『コンフィデンスマンJP』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

【2018春ドラマ特集】

スポンサードリンク

月9『コンフィデンスマンJP』のあらすじ

この物語の主人公・ダー子(長澤まさみ)は年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン。お金とファッションとおいしい食べ物に目がない、やや天然な女性。都内の高級ホテルのスイートルームに居を構え、業界を牛耳る悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、詐欺の計画を練っています。

彼女の目的は、彼らのばく大な財産を根こそぎだまし取ること。行動を共にするのは真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)と、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)。このチームが、悪徳企業のドンやマフィアのボスなど欲望にまみれた金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金を巻き上げようとチームとして動きます。

武器は、ダー子の天才的知能と抜群の集中力。彼女は、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターし、さまざまな職業人になりすまします。彼らは、抜群のチームワークで常識外れの作戦を仕掛け、一度狙ったターゲットは絶対に逃しません。だまし、だまされ、時には味方さえ欺くことも。彼らが、どんな奇想天外なトリックでターゲットから巧妙に金を奪うのか。予想もつかないだまし合いの始まりです(公式ホームページから引用)

これまで数多くのドラマや映画などに出演してきた長澤まさみ。男女ともに絶賛する美貌はもちろん、最近は高い演技力も評価されるようになりました。ただ可愛いだけじゃない、大人の女優へと変貌したと言えますね。長澤まさみの世代は新垣結衣、吉高由里子、佐々木希、戸田恵梨香、堀北真希、黒木メイサ、榮倉奈々、佐々木希らを擁する”花の88年世代”の一つ上であり、88世代の影に隠れてきたとも言えます。

だからこそ、1987年世代は長澤まさみ、井上真央、倉科カナら実力派と呼ばれる女優が生き残ってきたのではないでしょうか。その中でも美貌、存在感、演技力の総合力を見れば、やはり長澤まさみが頭一つ抜けているでしょう。

今回の『コンフィデンスマンJP』は2007年放送の『プロポーズ大作戦』以来、長澤まさみにとって11年ぶりとなる月9主演ドラマ。『コード・ブルー』以外は低迷している月9復権の切り札になって欲しいですね。

原作なしのオリジナルストーリー

このドラマは原作なしのオリジナルストーリー。脚本家や役者の腕の見せ所です。

 

スポンサードリンク

 

月9『コンフィデンスマンJP』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

ダー子/長澤まさみ

長澤まさみ

毎回、とんでもないターゲットと、常識外れの計画を持ち込むリーダー的存在のコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)。天才的な知能と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターできる才能を持ちながら、かなり無軌道な性格な上に天然、さらにいい加減で詰めが甘く、その不完全さゆえにどこか憎めない女性。ダー子は、男性を誘惑する“ハニートラップ”を好んで使おうとするものの、「お前のハニートラップは、エロババアに襲われるようで怖い」と、いつもボクちゃんに制止されてしまう。

【長澤まさみ】

  • 1987年6月3日生まれ
  • 静岡県磐田市出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『セーラー服と機関銃』、『プロポーズ大作戦』、『ラスト・フレンズ』、『真田丸』、映画『ロボコン』、『世界の中心で愛を叫ぶ』、『涙そうそう』、『モテキ』、『海街diary』、『銀魂』、『嘘を愛する女』など

 

ボクちゃん/東出昌大

東出昌大

小心者でいつもダー子に振り回されてばかり。だますことも得意ですが、お人よしゆえにだまされることも多く、早く詐欺稼業から足を洗い、地道にまっとうに生きていきたいと心の底から願っているものの、結局いつもダー子に丸め込まれてしまう。

【東出昌大】

  • 1988年2月1日生まれ
  • 埼玉県出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『ごちそうさん』、『花燃ゆ』、『あなたのことはそれほど』、映画『寄生獣』、『アオハライド』など

 

リチャード/小日向文世

小日向文代

変装の腕は超一流、生まれながらの品の良さを武器にどんな職業人にでもなりすまし、手練手管を使って相手をだます百戦錬磨のコンフィデンスマン。

【小日向文世】

  • 1954年1月23日生まれ
  • 北海道三笠市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作に映画『アウトレイジ』、『サバイバルファミリー』、ドラマ『HERO』、『まれ』、『真田丸』など

追加キャストは随時更新していきます。

人物相関図

相関図は発表があり次第、更新します。

スタッフ情報

脚本/古沢良太

代表作に映画『ALWAYS三丁目の夕日』、『キサラギ』、『探偵はBARにいる』、『寄生獣』、『ミックス。』、ドラマ『相棒』、『リーガル・ハイ』、『デート~恋とはどんなものかしら~』など

主題歌/不明

最後に

長澤まさみ主演ドラマというだけで期待値が高い今回の月9。絶対に見逃したくない4月−6月クールの最注目作品の一つと言って間違いなでしょう。

【2018春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。