『十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!【9月10日放送】

十津川警部シリーズ6
2018年9月10日(月)20時からTBS系で放送されるスペシャルドラマ『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川』。内藤剛志主演の人気サスペンスシリーズ第6弾ということで注目されています。そこで今回は『十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川』の舞台となる栃木県日光市の撮影場所のロケ地、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2018秋ドラマ特集】

『十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川』のあらすじ&原作

あらすじ

激務が続いていた十津川警部(内藤剛志)は亀井刑事(石丸謙二郎)に勧められ、妻の直子(池上季実子)を伴い日光の温泉に出掛ける。

日光で直子と別行動をしていた十津川は、同じ宿に泊まっている若い女性がある寺で石仏に祈っているところに遭遇する。寺の休憩所で女性が「思い出ノート」に記した言葉を見つけて十津川は驚く。そこには「私は彼を殺します」と記してあり「ゆみ」(吉井怜)と名が添えてあった。すぐさま女を追ったが見失ってしまう。

十津川警部シリーズ6

胸騒ぎのする十津川は宿帳を調べ、女が記した東京の住所と「高木亜木子」という名を発見し、亀井に調べるよう依頼する。高木亜木子(星野真里)は実在し、弁護士だと分かる。ゆみはなぜ宿帳に亜木子の名を書いたのか。亀井は亜木子を訪ね、ゆみとの関係を聞くが、亜木子はゆみという女に心当りがないと答える。

翌日、十津川はゆみの足跡をたどるが林の中で殺害されたゆみの死体が見つかる。栃木県警の石野刑事(ベンガル)が現場に駆けつけ捜査を開始する。

十津川警部シリーズ6

東京に戻った十津川は亜木子と接触するが、少々強引な聞き込みに弁護士事務所から抗議され、三上刑事部長(西岡德馬)から咎められてしまう。そんな中、捜査一課に殺害された女について知っているという匿名の電話が入る。だが、この人物は後日殺されて都内の公園で発見される。

わずかな手掛かりから捜査をすすめる中、石野刑事からゆみが拝んでいた石仏の作者が分かったと連絡が入り、十津川と亀井は日光へ向かう。その作者とは土地の有力者・相沢圭一郎(林海象)だった。病院院長でありながら趣味で石仏も彫っているという。相沢はゆみから届いた石仏製作依頼の手紙を翌日渡すと十津川に約束するが、その夜に自宅で殺害され、手紙も消えてしまった。

十津川警部シリーズ6

十津川は相沢が贔屓にしている能楽師・市村隆信(河合雪之丞)が属する流派、竹宮流で跡目争いが起こっていることを知る。

事件解決の手掛かりを求めて日光で聞き込みを続ける捜査員たち。この時、亀井は亜木子の姿を見つけ、後を追ったところ何者かに銃で撃たれ負傷する。

やがて十津川は亜木子と市村が高校の同窓生で恋仲だったこと知る。そして、二人の関係と能の跡目争いが連続殺人事件の動機につながっていたことに気づくのだが…。(公式ホームページから引用)

原作は西村京太郎のミステリー小説

ドラマの原作は西村京太郎のミステリー小説「京都・恋と裏切りの嵯峨野」。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

『十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

十津川省三/内藤剛志

亀井定雄/石丸謙二郎

高木亜木子/星野真里

北村警部補/友近

杉本刑事/橋本じゅん

酒井刑事/朝倉あき

清水刑事/岩永徹也

小川刑事/福田陽一

市村隆信/河合雪之丞

竹宮雪道/山野史人

竹宮吾郎/伊嵜充則

岡部ゆみ/吉井怜

相沢圭一郎/林海象

高木文子/根本りつ子

旅館の女将/早瀬久美

吾妻郁夫/井上裕介(NON STYLE)

モモエ/IKKO

石野刑事/ベンガル

十津川直子/池上季実子

亀井公子/烏丸せつこ

本多一課長/六平直政

三上刑事部長/西岡德馬

スタッフ情報

監督/池澤辰也

代表作にドラマ『警視庁捜査一課長』、『嫌われる勇気』、『相棒』、『獣医さん、事件ですよ』、『週末婚』など

脚本/赤松義正

代表作にドラマ『Piece』、『玉川区役所 OF THE DEAD』、『炎の経営者』など

編成/渡瀬暁彦 

▶次ページ 『十津川警部シリーズ6』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。