『ハケン占い師アタル』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【杉咲花主演ドラマ】

ハケン占い師アタル
2019年1月からテレビ朝日系の木曜21時枠で放送スタートの冬ドラマ『ハケン占い師アタル』。『家政婦のミタ』や『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦氏脚本のオリジナルコメディ作品に、杉咲花が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は『ハケン占い師アタル』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『ハケン占い師アタル』に関連する記事はこちら↓↓

『ハケン占い師アタル』のあらすじ

あらゆるものが見える能力を持つ派遣社員が閉塞した会社に風穴を開ける!働くことって、仕事って素晴らしいー明日が楽しくなるお仕事ドラマ誕生!

官民を挙げて“働き方改革”が叫ばれる現在。しかし、労働時間の短縮や業務の効率化だけではなかなか解決されないのが、“働く人々のリアルな悩み”です。実際、人間関係や仕事との向き合い方で行き詰まり、頭を抱え続ける人は多数…。そんな“人間”だからこそ湧き上がる職場での葛藤や悩みに光を当て、働く人々を希望の道へと導く“ニュータイプの救世主”が、満を持して誕生します!

その救世主とは、派遣社員のアタルこと、的場中(まとば・あたる)。いつもニコニコしながら働くアタルですが、実は“ある秘密”が…。なんと、彼女には悩みや原風景をはじめ、他人のあらゆることが見えてしまう特殊能力があるのです! アタルはそんな一種の占い能力を駆使し、周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していくことに…。

平成最後の心の大掃除ともいえる新“働き方改革”で、将来への希望と活力を与える、お仕事コメディードラマ『ハケン占い師アタル』。かつてない救世主・アタルの登場で、どんどんポジティブに生まれ変わっていく会社と同僚たちを見れば、明日も元気になれて、もっともっと働きたくなるはずです!(公式ホームページから引用)

日本を代表する脚本家「遊川和彦」。渾身のオリジナルストーリー。

これまでに”名作”、”怪作”と呼ばれる作品を数多く夜に送り出してきた遊川和彦。間違いなく現代を代表する脚本家の一人と言っても過言ではないでしょう。代表作であり『家政婦のミタ』や『女王の教室』などは、、大きな物議を醸し、社会現象を巻き起こしました。

強烈なキャラクター×クセの強さ×クスっと笑えるコメディ

彼の脚本のイメージは”クセが強い”イメージがありますが、2017年に放送されて大ヒットを記録した『過保護のカホコ』は、強烈なキャラクターばかりでありながら、しっかりとした笑いあり涙ありのラブストーリーで人々を感動させました。

今回の『ハケン占い師アタル』はコメディタッチのお仕事系ドラマ。『過保護のカホコ』のようなコメディ要素を入れつつ、『家政婦のミタ』のような緻密で見応えたっぷりのドラマに仕上げてくるでしょう。

21歳にして日本トップクラスの実力と人気を誇る杉咲花。

この『ハケン占い師アタル』の主演をつとめるのが杉咲花。映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、21歳にしてすでに日本トップクラスの実力を誇る女優として知られています。

また、2018年春クールで放送された『花のち晴れ』では小柄で可愛いビジュアルでも、男性陣の心を鷲掴みにしました。実力と美貌を兼ね備え、人々を引きつける花がある。恐ろしいほどの才能の持ち主。同世代の広瀬すずや橋本環奈、浜辺美波らと並び、これからの業界を背負って立つ大型女優候補として期待されていますね。

遊川和彦×杉咲花+脇を固める豪華キャスト=∞の可能性

今回、はじめてタッグを組むことになった遊川和彦と杉咲花。日本を代表する脚本家と若手女優がどんな化学反応を起こすのか?非常に興味深いですよね。間宮祥太朗や志尊淳ら女性からの支持率が高い若手俳優がさらに注目度を高め、さらに脇には小澤征悦や及川光博、志田未来、若村麻由美、板谷由夏ら重厚なベテランで挑む万全の布陣。2019年1月-3月クールの最注目ドラマと言って過言ではないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

『ハケン占い師アタル』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

的場中(まとば・あたる)(21)/杉咲花

杉咲花

「シンシアイベンツ」の制作Dチームで働き始めた派遣社員。働くのはこれが生まれて初めて。通勤時はニット帽にサングラス、コートを着用。職場ではさまざまな初体験を喜び、いつもニコニコしながら、楽しそうに働いている。実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力がある。そして、この特殊能力が次々と、同じ職場で働く“悩める社員たち”の心を救っていくことに…。占うときは、普段と違う別の顔を見せる。また、自分の過去については頑として語りたがらない。

上野誠治(うえの・せいじ)(45)/小澤征悦

小澤征悦

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。主査。入社23年目。プライドが高く、傲慢かつ傍若無人。小難しいカタカナのビジネス用語を多用する。かつては将来を有望視されたエリートで、管理職にも就いたが、結果が出せずに降格。今も過去の成功例にしがみつき、部下たちを小馬鹿にしているが…!?

神田和実(かんだ・かずみ)(25)/志田未来

志田未来

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社3年目。丁寧な仕事をしたいと思っているが、自分の選択に自信がなく、常に緊張し、内心ビクビクしている。決断力のなさがミスにつながることもしばしば。司法浪人中の同棲相手はいるものの、誰にも言えない悩みを抱え、ひとりで苦しんでいる。

目黒円(めぐろ・まどか)(26)/間宮祥太朗

間宮祥太朗

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社2年目。坊っちゃん育ちで無邪気だが、どこか上から目線。「仲間」や「奇跡を起こせる」などポジティブな言葉を連発する。父親のコネで入社したが、仕事を任せてもらえず、足手まといの状態。本人は父にも職場の仲間にも認められたがっているが…!?

品川一真(しながわ・かずま)(23)/志尊淳

志尊淳

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社1年目。上野誠治の下についているが、パワハラまがいの扱いを受け、転職を熱望している。大学時代に所属していた演劇サークルの仲間や、夢を掴みかけている声優志望の恋人のリア充ぶりと、自分の理不尽な現状を比較し、焦りを感じている。

田端友代(たばた・ともよ)(34)/野波麻帆

野波麻帆

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。入社12年目。独身。人に指示されそうになると、食い気味に「わかってます」「今やってます」と返す。残業は一切しない。仕事はできるが、いつもピリピリ・モード。人の批判ばかりが思い浮かび、なぜ自分はちゃんとしているのに報われないのか…と思っている。

大崎結(おおさき・ゆい)(45)/板谷由夏

板谷由夏

「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員。課長。出産後、現在の会社に転職した。仕事ができて、責任感もあり、NOと言えない性格。性格も能力も異なる職場の人間たちの扱いに、日々頭を悩ませている。家庭でも問題を抱えており、誰も自分の苦労を理解してくれないことにストレスを感じている。

キズナ(51)/若村麻由美

若村麻由美

占い師。さまざまな相談者と面会し、問題解決に導いているようだが、その素性は謎に包まれている。

代々木匠(よよぎ・たくみ)(48)/及川光博

及川光博

「シンシアイベンツ」制作Dチームの部長。親会社から出向しており、早く本体に戻りたいと思っている。出世欲が強く、上司や取引先の人たちを待ち伏せしては、贈答リストをもとにプレゼントを渡す。上の人間には異常なほどのアテンド能力を発揮するが、自分に利益のない部下のことは名前すら覚えない。

消息不明の初代ミラクルレッド・八王子/湯江タケユキ(第2話のゲスト出演者)

桜田ひより(第4話のゲスト出演者)

上野(小澤征悦)の娘。

追加キャストは随時更新していきます。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/遊川和彦

代表作にドラマ『ADブギ』、『十年愛』、『人生は上々だ』、『さとうきび畑の唄』、『女王の教室』、『家政婦のミタ』、『純と愛』、『偽装の夫婦』、『過保護のカホコ』、映画『恋妻家宮本』など

演出/遊川和彦、日暮謙、伊藤彰記

主題歌/JUJU「ミライ」

『ハケン占い師アタル』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『ハケン占い師アタル』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

ハケン占い師アタル

『ハケン占い師アタル』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年1月17日
『ハケン占い師アタル』に関連する記事はこちら↓↓
【2019冬ドラマ特集】
次クール・4月スタートのテレ朝木曜ドラマ情報↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。