『ブラックスキャンダル』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【山口紗弥加主演ドラマ】

ブラックスキャンダル
2018年10月4日(木)23時59分から読売テレビ・日本テレビ系で放送スタートの秋ドラマ『ブラックスキャンダル』。山口紗弥加が初主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は『ブラックスキャンダル』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2018秋ドラマ特集】

『ブラックスキャンダル』のあらすじ

偽りの”謝罪会見“で地獄に落ちた元女優は、顔を変え“芸能マネージャー”として愛憎渦巻く”復讐“のステージに立つ・・・

このドラマの舞台は、セクハラ報道、謝罪会見などの芸能界のトラブルの裏で、タレントの為に奮闘する”芸能マネージャー“の世界ー

5年前。

人気女優・藤崎紗羅の根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道される。もちろん紗羅は釈明会見を開こうとするがその矢先、なんと不倫相手とされた俳優が突然釈明会見に登場し、不倫を認めてしまう。

紗羅は世間の激しい炎上とバッシングの末、芸能界から抹殺され、母親は娘のスキャンダルを苦に、自ら命を落としてしまう。偽りの謝罪会見によって全てを失った紗羅。

現在。

世間から隠れるように生きていた元女優は、かつて同じ芸能事務所「フローライト」に所属していた後輩女優から、不倫相手とされた男性が、「実はフローライトに金をつまれて嘘のスキャンダルを演じた」と話していたことを告げられる。

元女優は偽りのスキャンダルの真相を暴き、自らを陥れた人間に、復讐するため、整形で顔を変え、矢神亜梨沙としてフローライトに芸能マネージャーとして潜入。

夢と欲にまみれた芸能界のゲス共に復讐を果たすために、所属タレントの様々なトラブルを影で解決しながら、マネージャーとしてのし上がっていく。

しかし復讐の果てには、誰も想像だにしない衝撃真実隠されていた・・・!(公式ホームページから引用)

年齢とともにキャラクターを変えてきた山口紗弥加

山口紗弥加

1994年に萩原聖人や木村拓哉らが出演した『若者のすべて』でドラマデビューして以来、数々のドラマや映画に出演してきた山口紗弥加。ドラマと映画だけでも100作品以上に出演しています。デビュー当初は清純系で売り出してきましたが、年齢とともにキャラクターを変えることで生き残りを図るだけでなく、演技の幅も身に着けてきました。

『ようこそ、わが家へ』や『モンテ・クリスト伯』で魅せた圧巻の演技

山口紗弥加

キャラ変した彼女の演技が大きな話題となったのが、相葉雅紀、有村架純、沢尻エリカ、佐藤二朗らが出演した『ようこそ、わが家へ』。普段はお固い経理の仕事をしながら、アフター5は”お水の女”という異色のキャラクター。その存在感は佐藤二朗と双璧を成すものでした。

山口紗弥加

さらに、最近では『モンテ・クリスト伯』で演じた殺人鬼の悪女・入間瑛理奈役も大きな話題になりました。彼女の演技に背筋が凍る思いをした方も多いのではないでしょうか。

<モンテ・クリスト伯がFODプレミアムで見放題配信中↓↓>

【1ヶ月無料お試し】FODプレミアムはこちら

配信情報は2018年9月時点のものです。時期によってはすでに配信が終了している可能性もあるので、登録前にFODプレミアムでご確認ください。

現代の名バイプレイヤーの一人に成長した山口紗弥加

そんな山口紗弥加は今や”6人の名バイプレイヤー女優”の一人として頭角を表していますね。

【6人の名バイプレイヤー女優】

  • 木村多江
  • 水野美紀
  • 山口紗弥加
  • 水川あさみ
  • 木南晴夏
  • 仲里依紗

脇役でありながら圧倒的な演技力を背景に確かな存在感を放ち、どんな役柄にも対応できるのが名バイプレイヤーであるならば、山口紗弥加は確かにその一人と言っていいでしょう。

悪女の演技が山口紗弥加の真骨頂

山口紗弥加

幅広い演技ができながら、得意分野では圧倒的な異彩を放つのが名バイプレイヤーの凄いところ。山口紗弥加の得意分野といえば、やはり悪女。悪女と言っても男を誑かして狂わせる悪女ではなく、どちらかと言えば犯罪の匂いのする悪女ですよね。

(もちろん、ドラマの中での話ですが)彼女に睨まれたらどこか薄気味悪い恐怖を感じる・・・異様さというのが山口紗弥加。彼女が演じるこの”復讐劇”のドラマがどんな行く末になるのか?

ブラックリベンジとブラックスキャンダルの違い

絶対に普通には終わらない、そんな予感を感じさせてくれる作品になりそうです。罠にはめられた女が復讐を果たすという意味では、木村多江主演の2017秋ドラマ『ブラックリベンジ』と同じ匂いがしますよね。山口紗弥加は木村多江とはまた違ったテイストを演じられますので、それぞれの違いを見比べるのも面白そうです。

 

スポンサードリンク

 

『ブラックスキャンダル』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

矢神亜梨沙(35)/山口紗弥加

山口紗弥加

芸能プロダクション「フローライト」の敏腕マネージャー。所属タレントへの的確なアドバイスと、目的の為なら手段を選ばない姿勢に、周囲からの人望も厚い。亜梨沙は元々、『藤崎紗羅』という名前の「フローライト」に所属する女優だった。18歳でデビューし、そこからコツコツと地道に力をつけ、30歳を前に、人気、実力ともにピークを迎えようとしていた。

しかし5年前。突然何の心当たりも無い不倫スキャンダルが原因で、地獄の底へと叩き落とされ、全てを失い、芸能界から抹殺される…。『実はあのスキャンダルは仕組まれたものだった』という衝撃の真実を知り、復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与していた人間に復讐するため、顔を整形して、名前も『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する。全ては、自分を嵌めたゲス達をねじ伏せ、完膚なきまでに謝罪させるために…。

藤崎紗羅(当時30)/松本まりか

松本まりか

「フローライト」に所属する元女優。5年前に心当たりの無い不倫スキャンダルを写真週刊誌に報じられてしまう。紗羅は釈明会見を開こうとした矢先、不倫相手とされる俳優が謝罪会見を開き不倫を認めてしまう。世間の容赦ないバッシングと炎上で一気に地獄の底へと叩き落とされた紗羅は芸能界から抹殺される。

紗羅には、フローライト社長・勅使河原友和の息子、勅使河原純矢という大切な婚約者がいたが、その騒動で別れを切り出され去ってしまう。母親も娘のスキャンダルを苦に自殺。スキャンダルが仕組まれていたという衝撃の真実を聞かされ復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与した人物に復讐をする為、顔を整形して、『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する覚悟を決める。

勅使河原 純矢(38)/安藤政信

安藤政信

フローライト芸能1部チーフマネージャー。勅使河原社長の一人息子で元亜梨沙の恋人。ハンサムで仕事も出来て人望も厚い。亜梨沙とは結婚を約束した仲だったが、捏造された『不倫スキャンダル』騒動があった後、引き裂かれる様に破局、婚約も解消する事になってしまう。気持ちを切り替え、仕事に精を出してフローライト社長の座を引き継ぐつもりだったが、友和から『お前に会社を継がせるつもりはない』と言われてしまう。どうしても納得のいかない純矢は、ある作戦を思いつき、実行に移す。

阿久津唯菜(28)/松井玲奈

松井玲奈

フローライト芸能1部所属の女優。多くの連ドラの主演を勤め、CM契約数10本を誇る押しも押されもせぬトップ女優。憧れの先輩だった亜梨沙のスキャンダルが、捏造されたものだったと知り、亜梨沙にその事を伝える。復讐に燃える亜梨沙を心配しつつも協力をする唯一の理解者。しかし唯菜にもこの復讐に加担する別の衝撃の真相があった。

水谷快人(23)/若葉竜也

若葉竜也

フローライトの新人マネージャー。マネージャー業務に人一倍の熱意を持っており、所属タレントには並々ならぬ情熱を注いでいる。スカウト担当もしているが、人を見る目は今のところない。亜梨沙が入社してからは、行動を共にする様になり、亜梨沙に振り回されつつも成長していく。後に、街で容姿端麗スタイル抜群の外人『ソフィア』をスカウト。ソフィアはすぐにブレイクするが、身勝手な行動が多く、しょっちゅう火消しに奔走する事に。

犬飼遊真(30)/森田甘路

森田甘路

フローライト芸能2部マネージャー。3年前、花園から『アイドルグループを作れ』と命令を受け、オーディションを経て4人組ユニット『ミルキーロード』を結成する。何度もメンバーの加入、脱退を繰り返しながらも、今年、ついに努力が実って大ブレイクを果たす。真面目で責任感が強く、会社からもメンバーからも厚い信頼を得ている。しかしメンバーのリーダー『ミカ』の悩みを聞いている内に恋愛関係に発展。長い間秘密の交際を続けている。

小嶋夏恋(21)/小川紗良

小川紗良

フローライト芸能2部所属の若手女優。容姿端麗で才能もあるが、毎回もう少しの所でチャンスを逃し続けている。亜梨沙が担当することになってからは甘い考えを捨て去り、『芸能界で女優として生きていく』覚悟を決める。すると、あらゆる方法を駆使してチャンスを掴み、メキメキと頭角を表わしていく。

 

長谷川浩文(55)/谷川昭一朗

谷川昭一朗

フローライト芸能2部マネージャー。

 

田澤美樹(26)/野村麻純

野村麻純

フローライト芸能2部マネージャー。

棚城健二郎(35)/波岡一喜

波岡一喜

元フローライト所属俳優。捏造されたスキャンダルの『亜梨沙の不倫相手』として報道された男。騒動後、父親である大御所俳優・棚城晃(60)の事務所『棚城プロダクション』に移籍。1年の謹慎期間を経て、復帰して現在も役者として活動している。

巻田健吾(38)/片桐仁

片桐仁

亜梨沙のスキャンダルを掲載した写真週刊誌『週刊星流』の記者。小嶋夏恋のスキャンダルを狙っている最中、マネージャーの亜梨沙が『藤崎紗羅』だと見抜き、揺すりにかかる。

花園由祐子(40)/平岩紙

平岩紙

フローライト芸能2部チーフマネージャー。元亜梨沙の現場担当マネージャーで、亜梨沙のスキャンダルを捏造し、陥れた元凶のひとり。かつてはタレントの事を第一に考えるマネージャーであったが、今はタレントを売るためであれば手段選ばず、時にタレントを『物』の様に扱うと同時に、利用価値がなくなれば容赦なく切り捨てる。亜梨沙のスキャンダル以降、全日テレビプロデューサーの五色沼とは裏で繋がっており、若手女優を斡旋して仕事と信頼を受け取っている。

勅使河原 友和(60)/片岡鶴太郎

片岡鶴太郎

フローライト代表取締役社長。所属タレントに並々ならぬ愛情を注ぎ、父親の様に尊敬されている。あらゆる手を尽くして売り込む手腕は本物で、10年でフローライトを芸能界のトップに押し上げた。亜梨沙のスキャンダルを捏造し、陥れた元凶と思われているが…。

人物相関図

相関図は発表があり次第、追加します。

スタッフ情報

監督/長沼誠

代表作にドラマ『金田一少年の事件簿』、『子犬のワルツ』、『87%』、『地獄少女』、『Mother』、『東京全力少女』、『明日、ママがいない』、『ラストコップ』、『奥様は、取り扱い注意』、『マジムリ学園』など

脚本/佐藤友治

代表作に映画『ラストコップTHE MOVIE』、ドラマ『ラストコップ』、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』、『地獄先生ぬ~べ~』、『ブラックリベンジ』、『○○な人の末路』など

最後に

山口紗弥加×ミステリーというだけでクオリティの高い作品になりそうだという期待値がありますよね。深夜帯ではございますが、読売テレビ制作のプラチナイト 木曜ドラマFは面白いドラマが多いので、楽しみです。

【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク
ラブサーチ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。