『プリティが多すぎる』ロケ地&原宿の撮影場所、キャスト、あらすじ!【千葉雄大主演ドラマ】

プリティが多すぎる
2018年10月18日(木)深夜24時59分から日本テレビ系で放送スタートの秋ドラマ『プリティが多すぎる』。大崎梢の小説を原作に、千葉雄大が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は『プリティが多すぎる』の舞台となる原宿のロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、登場人物の相関図、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『プリティが多すぎる』に関連する記事はこちら↓↓

『プリティが多すぎる』のあらすじ&原作

あらすじ

大手出版社で働く新見佳孝(通称・南吉)。文芸編集部のエースだったのに・・・まさかのファッション誌に異動!

20デニールのカラータイツ、フリルのスカート、虹色のスパゲッティ、行列のできるタピオカドリンク、ワンチャン、それな、マジ卍・・・難解な若者用語。

一切関心の持てないモノたちに囲まれる日々!編集部の個性的な女性たちに罵倒されながら、カワイイ至上主義の世界で悪戦苦闘!!「なんでオレがこんな仕事・・・」不貞腐れて働く南吉はミスを連発、同僚たちとも対立!

しかし、編集部やモデル、カメラマン、スタイリスト、原宿のショップ店員たちのプロ意識に触発されて次第に成長していく。

希望と違う仕事でも・・・熱くなれる!!ファッション誌のキラキラの裏に隠された熱血魂!全力でカワイイを作る人たちの熱きお仕事ドラマです。(公式ホームページから引用)

原作は大崎梢の小説

原作は大崎梢の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『プリティが多すぎる』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

新見佳孝(南吉)/千葉雄大

千葉雄大

Pipin編集部の新米編集者。元々は文芸編集部のエースだったが、ある日突然Pipin編集部に異動。エリート意識が強く、プライドが高い。

佐藤利緒/佐津川愛美

佐津川愛美

Pipin編集部員。南吉のお世話係。仕事一筋。恋はお休み中。

佐藤美枝子/小林きな子

小林きな子

Pipin編集部員。

 

市之宮祐子/矢島舞美

矢島舞美

Pipin編集部員。

森野瑠美/池端レイナ

池端レイナ

Pipin編集部員。

レイ/黒羽麻璃央

黒羽麻璃央

原宿のカリスマショップ店員。南吉に何かとアドバイスする。

キヨラ/長井短

長井短

Pipinのトップモデル。

 

中川心寧/武田玲奈

武田玲奈

Pipinのモデル。

美麗/森山あすか

森山あすか

Pipinの読者。

 

戸馬一樹/池田鉄洋

池田鉄洋

カメラマン。

特丸弘美/宍戸美和公

宍戸美和公

スタイリスト。

近松吾郎/中尾明慶

中尾明慶

文芸編集部の編集部員。南吉の同期。お調子者。悪く言えばおバカ。

巽信次郎/麿赤兒

麿赤兒

ベストセラー作家。

水科木乃/清水くるみ

清水くるみ

人気の若手作家。

三田村詩織/堀内敬子

堀内敬子

Pipinの編集長。皆のお母さん的存在。穏やかだが、鋭い視点の持ち主。

柏崎龍平/杉本哲太

杉本哲太

文芸編集部の編集長。売り上げ至上主義。人気作家を口説き落とすためなら手段を選ばない。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/荒井修子、渡邉真子

主題歌/木村カエラ「COLOR」

▶次ページ ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。