『無用庵隠居修行2』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!水谷豊主演の時代劇【9月8日放送】

無用庵隠居修行
2018年9月8日(土)19時からBS朝日で放送のスペシャルドラマ『無用庵隠居修行2』。水谷豊主演の人気時代劇シリーズ第2弾ということで注目されています。そこで今回は『無用庵隠居修行2』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『無用庵隠居修行2』のあらすじ&原作

あらすじ

用人の勝谷(岸部一徳)に誘われ、箱根への温泉旅行へと出かけた半兵衛(水谷豊)。旅籠へやってくると寺社奉行の田代孫三郎(本田博太郎)が突然立ち寄り、部屋をあけろと大騒ぎになっていた。女将のお豊(岸本加世子)らが大慌てでなんとか部屋を確保したものの、今度は陪臣風情とは同宿できぬと、病気であるにもかかわらず出石藩家中の岡井鉄三郎と息子の弥八郎(稲葉友)を追い出そうする。

無用庵隠居修行

これは放っておけないと立ち上がった半兵衛だが、岡井父子は仕方なく部屋を出るという。ならばと半兵衛らは、動くことができない鉄三郎を戸板に乗せて弥八郎と塔ノ沢へと送り届ける。やれやれと帰宅した半兵衛と勝谷だったが、なんと今度は奈津(檀れい)に縁談が持ち上がっていた。心中穏やかではない半兵衛、勝谷が持参した紹介状に関心がない風を装うものの、なんだかんだで見てしまい…。

無用庵隠居修行

田代を斬ったという弥八郎が自らも斬られて半兵衛の家に逃げ込んで来た。父・鉄三郎は箱根での無理がたたり死亡。弥八郎としては父の仇を討ったつもりらしい。重罪と知りながらも弥八郎を庇い、許嫁の娘と引き合わせようとさえする半兵衛。勝谷に勧められるままに、奈津に許嫁を連れてくるよう頼むことにするのだが…。(公式ホームページから引用)

原作は海老沢泰久の小説

ドラマの原作は直木賞作家・海老沢泰久の時代小説。今回の時代劇化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『無用庵隠居修行2』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

日向半兵衛/水谷豊

水谷豊

かつての徳川家の直参旗本・大番士。病で妻を亡くして以来、やもめ暮らし。用人の勝谷から跡継ぎの心配をされていたが、新太郎を養子に迎えたことで跡継ぎ問題は解決。勝谷から旗本の息女・奈津との縁談を薦められるが、気にはなるものの「欲は捨てた」と断り続けている。旅先で寺社奉行・田代の横暴を目撃し、その田代が原因で父を亡くした弥八郎を庇い、再び権力に立ち向かう。

勝谷彦之助/岸部一徳

岸部一徳

幼少時から半兵衛に付き従う用人。半兵衛の身の回りのことはもとより、日向家の家政を一手に取り仕切っている。主人の意向を先読みする機転を持つ一方、自身の利得を天秤にかけるちゃっかりした一面も。半兵衛とは主従を超えた絆で結ばれており、信頼し合っていればこその毒舌を交えたやり取りを交わす。

松田奈津/檀れい

檀れい

旗本の息女。勝谷が半兵衛の後妻にと見合いを仕組んだことをきっかけに意気投合、昵懇(じっこん)の仲となる。離縁経験があり、自らを「おてんば」と評す行動派。本気か冗談か真意は見せないものの、半兵衛との再婚には積極的。ところが新たに縁談が舞い込み、半兵衛が気になるものの…。

田山涼成

中山忍

山中崇史

田中偉登

本田博太郎

でんでん

渡辺大

佐藤B作

稲葉友

橋本マナミ

橋爪淳

市毛良枝

榎木孝明

岸本加世子

杉本哲太

スタッフ情報

監督/吉川一義

脚本/土橋章宏

代表作に映画『超高速!参勤交代』、ドラマ『金の殿~バック・トゥ・ザ・NAGOYA~』、『父、ノブナガ』、『くノ一忍法帖 蛍火』、『インベスターZ』など

 

スポンサードリンク

 

『無用庵隠居修行2』ロケ地&撮影場所まとめ

『無用庵隠居修行2』は2018年6月に京都で撮影が行われました。

松竹京都撮影所

松竹京都撮影所

京都市右京区太秦堀ケ内町、京福電鉄帷子ノ辻駅から徒歩1分の場所にある松竹撮影所。ここがメイン舞台の撮影地になりました。

松竹撮影所は2017年放送の『無用庵隠居修行』のロケ地にもなっていますね。

松竹撮影所の住所:

最後に

水谷豊主演で人気の『無用庵隠居修行2』。『相棒』と同じように毎年1回放送される人気シリーズになってほしいですよね。

【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。