『銭の捜査官 西カネ子②』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!【真矢ミキ主演ドラマ】

銭の捜査官 西カネ子②
2019年2月18日(月)20時からTBS系の月曜名作劇場で放送スタートのスペシャルドラマ『銭の捜査官 西カネ子②』。真矢ミキ主演のサスペンスということで注目されています。そこで今回は『銭の捜査官 西カネ子②』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019春ドラマ特集】

『銭の捜査官 西カネ子②』のあらすじ&原作

あらすじ

詐欺などの知能犯罪を扱う警視庁捜査二課の捜査員、西加音子(真矢ミキ)は超節約主婦。少し気が弱いが優しい夫の武雄(村田雄浩)と二人で暮らしている。

ある日、いつものようにスーパーでタイムセールを終えた帰路で、武雄と見知らぬ若い女がカフェで会っているのを見かける。動揺した加音子が自宅に帰ってきた武雄を問い詰めると、その女性は武雄の部下だという。刑事の加音子に、自殺した自身の父親が生前付き合っていた園田八千代(池上季実子)について調べてほしいという用件だった。

銭の捜査官 西カネ子②

調べを進めていくと、その件以外にも八千代と交際していた人物が事故死を遂げていたことが判明。八千代はそのたびに多額の遺産を受け取っていた。八千代への疑いを強める加音子たちは、彼女に過去詐欺の被害届を出していた輿水正平(温水洋一)を訪ねるが詐欺を立証するための証拠が得られず、捜査は振り出しに戻ってしまう。

捜査が行き詰まる中、加音子は八千代の現在の交際相手の南場和茂(せんだみつお)に会って証拠を得ようとマンションに張り込む。ところが、そこで思わぬ現場に遭遇することに…。(公式ホームページから引用)

原作は萩生田勝の小説

ドラマの原作は萩生田勝の小説「警視庁捜査二課」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『銭の捜査官 西カネ子②』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

西加音子/真矢ミキ

磯村英彦/堀部圭亮

柴田辰巳/田中健

小金井善平/小倉一郎

大蔵圭/片岡信和

熊里進/宮川一朗太

鈴木たまき/内藤理沙

遠山金八郎/泉谷しげる

輿水正平/温水洋一

望月恵一/金子昇

南場和茂/せんだみつお

園田八千代/池上季実子

西武雄/村田雄浩

スタッフ情報

脚本/関えり香

代表作にドラマ『真夏のメリークリスマス』、『OLビジュアル系』、『赤い疑惑』、『てっぱん』、『ラスト・ドクター』、『キャリア 掟破りの警察署長』、『今からあなたを脅迫します』、『結婚相手は抽選で』、『後妻業』、『ストロベリーナイト・サーガ』など

監督/村松弘之

スポンサードリンク

『銭の捜査官 西カネ子②』ロケ地&撮影場所まとめ

大黒ふ頭

大黒ふ頭

神奈川県横浜市にある大黒ふ頭。ここはクライマックスで犯人を追い詰めてコンテナの中から現金見つけた場所の海沿いの埠頭のロケ地になりました。情報提供いただき、ありがとうございます!

大黒ふ頭の住所:神奈川県横浜市鶴見区

この他のロケ地が判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

【2019春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 最後犯人を追い詰めてコンテナの中から現金見つけた場所の海沿いの埠頭は横浜市鶴見区の大黒ふ頭です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。