『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【米倉涼子主演ドラマ】

リーガルV・元弁護士・小鳥遊翔子
2018年10月からテレビ朝日系の21時枠で放送スタートの秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)~』。2012年から5期連続で放送されていた『ドクターX』枠の新作であり、米倉涼子主演ということで話題になっています。そこで今回は秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『リーガルV』に関連する記事はこちら↓↓
【2018秋ドラマ特集】

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』のあらすじ

ワケあり弱小弁護士集団vs.大手法律事務所! “勝利”を賭けた“無謀な戦い”が開幕

 米倉演じるスキャンダラスなヒロイン・小鳥遊翔子を中心に繰り広げる『リーガルV』は、まさに新感覚のリーガルドラマです。なんと弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、もっともらしい嘘八百を並べて“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウト! 悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいきます。そんな翔子の前に立ちはだかる大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか…!? さらに「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」――そう豪語する翔子の真意、弁護士資格を剥奪された理由とは一体…!?(公式ホームページから引用)

『ドクターX』は現代のモンスタードラマだった

2012年から5期連続で放送されていた『ドクターX~外科医・大門未知子』。第1シリーズから第5シリーズまでの平均視聴率が19.1%(2012年)、23.0%(2013年)、22.9%(2014年)、21.5%(2016年)、20.9%(2017年)と、テレビ視聴が多様化した現代において、まさに驚異とも呼べる視聴率を誇ったモンスター作品でした。

なぜ『ドクターX』はこれほどの人気を誇るのか?

『ドクターX』がここまでの人気を誇った理由は、大きく次の10点と言っていいでしょう。

  1. 21時から放送のゴールデンタイム枠であった
  2. 高視聴率のテッパンである医療ドラマである
  3. 小が大を制す勧善懲悪のストーリー
  4. 組織に縛られない大門未知子の生き方が、組織に縛られて生きる会社員のストレス発散になった
  5. 難解な医療技術をわかりやすく表現していた
  6. 「わたし、失敗しないので」というシンプルかつ強烈な決め台詞があった
  7. 岸部一徳が西田敏行に高額の医療報酬を請求するなど、毎回のお約束シーンを盛り込んでいた
  8. ”忖度”など、その年に話題になったキーワードや時事ネタをさり気なく盛り込んでいた
  9. 各登場人物のキャラクターが綿密に描かれ、それぞれ際立っている
  10. 米倉涼子をはじめ、西田敏行や岸部一徳、内田有紀、段田安則、遠藤憲一ら重厚な演技ができる役者を揃えた

まさに、”成功するドラマ”の要素をすべてバランスよく揃えていたのが『ドクターX』だったと言えますね。

<『ドクターX』全シリーズがU-NEXTで配信中!!>

『ドクターX』第1シリーズから第5シリーズまでの見逃し動画をU-NEXTで配信中↓↓

【31日間無料お試し】U-NEXTはこちら

✓ドクターX 第1シリーズ(2012)も!

ドクターX2012

✓ドクターX 第2シリーズ(2013)も!

ドクターX2013

✓ドクターX 第3シリーズ(2014)も!

ドクターX2014

✓ドクターX 第4シリーズ(2016)も!

ドクターX2016

✓ドクターX 第5シリーズ(2017)も!

ドクターX2017

詳細はU-NEXTをCheck↓↓

【31日間無料お試し】U-NEXTはこちら

※配信情報は2018年8月29日時点のものです。時期によってはすでに配信が終了している可能性もあるので登録前にU-NEXTでご確認ください。

見逃し配信バナー

新たな挑戦を選んだ米倉涼子

もはや国民的ドラマと言っても過言ではない『ドクターX』。第6シリーズを2018年も放送していれば、ほぼ間違いなく20%前後の数字が見込めたわけです。テレビ局もホクホクですし、米倉涼子も”失敗しない視聴率女優”の座に君臨できたわけです。

今回の『リーガルV』は米倉涼子の提案で実現したと言われています。安泰だった『ドクターX』を捨ててまで、新しい挑戦を選んだ米倉涼子自分の地位や名誉より、挑戦することや自分らしく生きることを選ぶ、大門未知子の生き方そのものだと言えるのではないでしょうか。

もしかしたら、『リーガルV』は『ドクターX』ほどの視聴率的な成功はないかもしれませんが、米倉涼子の挑戦する姿勢は多くの人の共感を呼ぶはず。

スポンサードリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』のキャスト&相関図、スタッフ情報

メインキャスト

小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)(41)/米倉 涼子

米倉涼子

「京極法律事務所」の管理人。自由奔放な言動で周囲を翻弄する元弁護士。かつて大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属していたが、ある理由で弁護士資格を剥奪された。「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など黒い噂もあるが、真相は謎に包まれている。そんな中、ペーパー弁護士・京極雅彦を説得して「京極法律事務所」を開かせ、自分はちゃっかり管理人に。「法の下ではみんなが自由」を事務所の理念に掲げるが、彼女自身は“みんなの自由を奪う自由人”。もっともらしい理想を言って所属弁護士やパラリーガルをこき使い、自分は弁護士資格がないことを理由に何もしない。その反面、法律を利用してズルをする人間や、法律に甘えようとする人間を許さないという矜持もあり、本当に困っている依頼人を見分ける眼を持つ。刑事ドラマ『現場百回!』と鉄道が大好き。

海崎 勇人(かいざき・はやと)(39)/向井理

向井理

「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士。小鳥遊翔子の元同僚で、恋人か…と噂された男。プライドが高く、上昇志向も強い。実家も金持ちで、小さいころから勉強もスポーツもできた“根っからのエリート”。裁判においては、自分の戦略に絶対の自信を持つ傲慢な性格で、勝つためなら時には違法な手段さえ用いてきた勝利至上主義者。代表弁護士・天馬壮一郎の期待に応え、汚れ仕事も厭わずこなしている。

青島 圭太(あおしま・けいた)(27)/林遣都

林遣都

「京極法律事務所」の弁護士。国内最大手の「Felix & Temma法律事務所」に就職しようとしたが、極度のあがり症で、面接に失敗。中規模の弁護士事務所で“いそ弁(=居候弁護士)”として働いていた。ある日、突然現れた小鳥遊翔子にスカウトされ、「京極法律事務所」で働くことに。真面目で優秀…でも真面目すぎて器用に振る舞えず、法廷や交渉での駆け引きに負けてばかりで敗訴が続いている。打たれ弱いところがあり、“弁護士向いてないのかも!?”と自己嫌悪に陥りがち。

白鳥 美奈子(しらとり・みなこ)(29)/菜々緒

菜々緒

「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士。キャリア2年目で、海崎勇人の下で働いている。物腰は柔らかいが、一皮むけば上昇志向の塊のような野心家。海崎の技を盗んで、パートナー弁護士へ昇格しようと狙っている。どんなことでも利用して、トップを目指そうと目論んでおり、代表弁護士・天馬壮一郎とも取引できる能力がある。小鳥遊翔子に対しては弁護士としても女としても、一方的にライバル心を燃やし、激しく嫌悪する。

馬場 雄一(ばば・ゆういち)(42)/荒川良々

荒川良々

「京極法律事務所」のパラリーガル。元ストーカーのオタク事務員。警備会社に17年勤めていたが、2年前に一方的に好きになった部下からストーカー被害で訴えられ、服役していた。尾行調査が得意。粘着質で、任された調査は徹底的に行う。しかし調査しているうちに、自分の興味のある一点に縛られすぎて他のものが見えなくなってしまうことがある。

神保 有希(じんぼ・ゆき)(28)/内藤理沙

内藤理沙

小鳥遊翔子が足繁く通う鉄道バーの店員。支払いが滞りがちな翔子をたしなめながらも、何だかんだいって来店を歓迎している。

中沢 淳美(なかざわ・あつみ)(24)/宮本茉由

宮本茉由

「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎の秘書。天馬の愛人と噂されるミステリアスでセクシーな美女。天馬のそばにいつもいるため、その非情な顔もよく知っている。天馬に忠実かと思いきや、何やらグレーな動向もやがて見せ始め…!?

 

伊藤 理恵(いとう・りえ)(38)/安達祐実

安達祐実

「京極法律事務所」のパラリーガル。隠れハイスペックの元女性銀行員。大手銀行に13年勤めたが、惚れた男のために1億円を横領。実刑判決を受け、3年服役していた。情にもろいところが玉にキズだが、仕事は丁寧で早い。日商簿記検定3級、証券外務員1種、生命保険一般課程、FP2級など、銀行員に必要な資格は一通り持っている。ケチで金の管理が得意なので、京極事務所の金庫番を任される。

茅野 明(かやの・あきら)(28)/三浦翔平

三浦翔平

「京極法律事務所」のパラリーガルであり、現役のホスト。顔も人もいいけど、ちょっとおバカ。天性の人たらしで、老若男女にもてる。ホストクラブで小鳥遊翔子と出会い、なんとなく意気投合、翔子を「姐さん」と慕っている。人懐っこいので、意外にも聞き込みなどの調査が得意だが、難しい話は耳に入らない。

大鷹 高志(おおたか・たかし)(50)/勝村政信

勝村政信

“上から目線”のヤメ検弁護士。特捜部にまで配属されたことのある元・エリート検事で、弁護士時代の小鳥遊翔子とは法廷で対決したことがあり、こてんぱんにやられた。ある理由から弁護士に転身したが、プライドの高さから客が付かず、基本的にヒマ。大学時代の恩師・京極雅彦が翔子にだまされているのでは…と思い、翔子を見張るために「京極法律事務所」に入り浸っている。

天馬 壮一郎(てんま・そういちろう)(63)/小日向文世

小日向文世

「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士。弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドン。小鳥遊翔子の元上司。人権派の弁護士として知られているが、勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命に背いたものは許さない非情な男。かつては優秀な部下だった翔子を自分の右腕のように思っていたが、現在は翔子を疎んでいる。

京極 雅彦(きょうごく・まさひこ)(65)/高橋英樹

高橋英樹

「京極法律事務所」の代表弁護士。法学部を卒業後、大学に残り、法学者として教授になった。法律学教授経験者に対する認定制度で弁護士資格は持っているが、実務経験はゼロの“ペーパー弁護士”。実はいろいろな資格試験にチャレンジし、多くの資格を持っている。小鳥遊翔子の誘いに乗せられ、事務所開設費用の500万円と実印を翔子に預け、法廷デビューを目指す。

ゲスト出演者

安田勉/児嶋一哉(第1話のゲスト出演者)

児嶋一哉

一流企業「君島化学」の社員。努力家で有能。三島麻央から痴漢の嫌疑をかけられるが、本人は無実を主張し、その場に偶然居合わせた青島圭太に弁護を依頼する。青島から示談を勧められ、「自分に嘘はつきたくない」と拒否するが…!?

三島麻央/山谷花純(第1話のゲスト出演者)

山谷花純

就職を控えた大学4年生。満員電車の中で背後に立っていた安田勉から痴漢行為を受けた、と訴え出る。電車がトンネルに入った際、ドアの窓に映った安田の顔を確認したと証言。裁判でも、加害者は安田で間違いないと断言する。

永島美鈴/斉藤由貴(第2話のゲスト出演者)

斉藤由貴

世界的企業「太陽製紙」の元取締役。知性的で奥ゆかしく、気配りも細やか。女性初の役員に選ばれるなど人望も厚かったが、突然3人の部下からパワーハラスメントで訴えられ、取締役を解任される。パワハラはしていないと断言し、会社に3億2000万円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こすが…。

城野優/平山浩行(第2話のゲスト出演者)

平山浩行

世界的企業「太陽製紙」の生産事業部長。社内で、永島美鈴と一番親しい人物。美鈴のことを“社員思いで立場をわきまえた聡明な人”だと評価しており、彼女の名誉のために法廷で証言しようとするが…。

浅野洋平/桐山漣(第3話のゲスト出演者)

桐山漣

妻を殺害した容疑で逮捕された男。遺体を確認して泣き崩れる姿がニュースで流れ、世間の同情を買ったが、のちに事件現場に妻と一緒にいたことが判明する。さらに、彼には愛人がいて、妻に多額の生命保険を掛けていたことも発覚。世間から“女の敵”だと叩かれる。本人は無罪を主張するが、その供述は裏付けが取れない内容ばかり…。学生時代から素行に問題があったようだが…!?

蟹江光晴/岡本信人(第3話のゲスト出演者)

岡本信人

浅野洋平の高校時代の恩師。美術教師。静岡で、妻・光代と暮らしている。生徒思いで、在学中に浅野が問題を起こしたときも庇ってあげたことがある。浅野は妻が殺された時刻に、新宿で蟹江夫妻に会ったというが、蟹江本人はこれを否定。自分は学校の裏山で絵を描いていた、と証言する。

蟹江光代/原日出子(第3話のゲスト出演者)

原日出子

蟹江光晴の妻で、おっとりとした女性。浅野の供述によれば、夫と一緒に新宿にいて、浅野とも会釈をしたという。だが、光代本人は「そんな物騒なところには行かない」と言い、夫同様に浅野の供述を否定する。

吉木りさ(第3話のゲスト出演者)

浜松高校の教師。蟹江光晴(岡本信人)とホテルから出てくる。

峰島玲奈/島崎遥香(第4話のゲスト出演者)

島崎遥香

「峰島興業」の会長・峰島恭介の妻。茨城から上京し、看護師をしていたところ、検査に訪れた峰島会長の世話をすることに。その後、峰島会長に紹介された銀座の高級クラブでバイトを始めた。入院中の会長からプロポーズされ、婚姻届を役所に提出。“50歳年下妻”となった4時間後に夫を亡くし、遺産の相続権を主張するが、遺族から訴えられてしまう。

峰島正太郎/袴田吉彦(第4話のゲスト出演者)

袴田吉彦

「峰島興業」の社長。亡き会長・峰島恭介の一人息子で、遺産200億円の相続権を有していた。ところが、峰島会長の妻・峰島玲奈が突如現れたことで、相続権が半減。会長には結婚の意志がなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

峰島恭介/竜雷太(第4話のゲスト出演者)

竜雷太

「峰島興業」の会長。40年連れ添った妻とは2年前に離婚。玲奈と出会い、恋愛関係に発展した。自らプロポーズして婚姻が成立した4時間後に、入院先の病院で他界。生前、病気になった自分を見舞いにも来ない息子・正太郎や社員の薄情さを嘆いていた。

武藤正洋/戸塚純貴(第5話のゲスト出演者)

戸塚純貴

傷害容疑で起訴された帝国大学の4年生。ずっと無実を訴えており、一審では青島が弁護したが、実刑判決を受けてしまった。被害者の町村誠とは幼なじみ。町村が代表を務める学生ベンチャー企業にも所属していた。控訴審を直前に控えているが、友達に裏切られた上に、一審判決後に母までも自殺させる結果になったため、自暴自棄になっている。

町村誠/瀬戸利樹(第5話のゲスト出演者)

瀬戸利樹

傷害事件の被害者。帝国大学の4年生で、自らが代表を務める学生ベンチャー企業で成功を収めた天才大学生。ある日、ひどい暴行を受けて、全治6カ月の重傷を負うことに…。逮捕された幼なじみ・武藤正洋から暴行を受けたと、一審で証言した。

武藤紘一/志垣太郎(第5話のゲスト出演者)

志垣太郎

武藤正洋の父親。息子が傷害事件で実刑判決を受け、妻も自殺したことから、弁護を担当していた青島圭太を恨んでいる。控訴審のために、改めて協力を仰ぎにきた青島と小鳥遊翔子にも、「お前らなんかに息子は救えない」と吐き捨てるが…。

武藤望/片岡礼子(第5話のゲスト出演者)

片岡礼子

武藤正洋の母親。息子が傷害事件で逮捕されてからというもの、無実を信じ続け、アリバイを証明する目撃者を懸命に探し回った。ネットで誹謗中傷を受けても戦い続けたが、一審で実刑判決が出た後、ある出来事が引き金となり、自殺してしまった。

ラブホテルの受付嬢/YOU(第5話のゲスト出演者)

YOU

町村誠が暴行を受けた現場の近くにある、うらぶれたラブホテルで働く受付嬢。小鳥遊翔子も好きな刑事ドラマ『現場百回』のファン。翔子から、傷害事件が起きた日の情報提供を依頼されるが…!?

塩見一郎/矢部太郎(第6話&第7話のゲスト出演者)

矢部太郎

婚活詐欺の被害者。母親が生きているうちに孫を見せてあげたい一心で、結婚を焦り、高級婚活相談所「ローズブライダル」に入会。そこで紹介された藤原夏純と婚約した。ところが、夏純の勧めで粗悪な土地を買わされた挙げ句、音信不通になってしまい、婚活詐欺に遭ったことが判明する。お人好しで気が弱い反面、自尊心は強い。裁判を起こすことにも関しても、いい恥さらしだと消極的だが…!?

相田栞/東ちづる(第6話&第7話のゲスト出演者)

東ちづる

高級婚活相談所「ローズブライダル」の代表。入会金は30万円もするが、手厚いサポートを売りにして業績を上げている。

藤原夏純/逢沢りな(第6話のゲスト出演者)

逢沢りな

高級婚活相談所「ローズブライダル」の会員。相談所の紹介で婚約した塩見一郎、さらに馬場雄一からも大金をだまし取り、姿を消してしまう。

守屋至/寛一郎(第6話&第7話&第8話のゲスト出演者)

寛一郎

小鳥遊翔子が以前、弁護していた青年。殺人事件で9年の実刑判決を受け、刑務所に収容されている。翔子に頼まれて面会に訪れた青島圭太から、事件の話を聞きたいと言われるのだが…!?

我妻憲史郎/国広富之(第7話のゲスト出演者)

国広富之

国内最大のコンピューター企業「ミカド通信」の会長。「Felix & Temma法律事務所」の最大のクライアントで、政財界からも一目置かれる人物。

高市哲也/野間口徹(第7話のゲスト出演者)

野間口徹

コメンテーターとしても活躍する社会学者。フェミニストとして「Me Too」運動を支援しており、国民的好感度も高い。かつて「ローズブライダル」にだまされた一人だという情報もあるが、本人は否定する。

大峰聡/速水もこみち(第8話のゲスト出演者)

速水もこみち

NPO法人「貧困を救う会」の代表。幼少期に貧困で苦しんだ経験があり、同じ境遇の児童たちを救うために「貧困を救う会」を発足。食事の無料提供や教育就労支援を通して、多くの貧困児童を救ってきた。現在は募金イベントも積極的に開催し、貧困児童救済の必要性を世に広く訴えかけている。

守屋未久/久保田紗友(第8話のゲスト出演者)

久保田紗友

守屋至の妹。至の話によると、現在はアルバイトをしながら、大学の夜間部で法律の勉強をしているらしい。優秀な妹の邪魔をしたくないという至の図らいで、刑務所にも面会に来ていないそうだが…!?

川口ゆりな(第8話のゲスト出演者)

 

追加キャストは随時更新していきます。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/橋本裕志

代表作に映画『仮面学園』、『フレフレ少女』、『テルマエ・ロマエⅡ』、『ビリギャル』、『いぬやしき』、ドラマ『ショムニ』、『ウォーターボーイズ』、『Mの悲劇』、『熟年離婚』、『華麗なる一族』、『獣医ドリトル』、『リスクの神様』、『就活家族』、『オトナ高校』など

演出/田村直己、松田秀知

主題歌/SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『リーガルV』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

🔻『リーガルV』見逃し動画の無料視聴&再放送日程はこちら!

『リーガルV』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2018.10.11

最後に

『ドクターX』枠に新たな風を吹き込む『リーガルV』。米倉涼子の新たな代表作になるのか?注目ですね。

『リーガルV』に関連する記事はこちら↓↓
【2018秋ドラマ特集】
 
次クール・2019年1月スタートのテレ朝木曜ドラマ情報はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。