『孤高のメス』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!【滝沢秀明主演WOWOWドラマ】

孤高のメス
2019年1月13日(土)22時からWOWOWで放送スタートの冬ドラマ『孤高のメス』。大鐘稔彦の小説を原作に、滝沢秀明が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は『孤高のメス』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『孤高のメス』に関連する記事はこちら↓↓

『孤高のメス』のあらすじ&原作

あらすじ

1989年、まだ臓器移植の法制化が進んでいない日本では、移植手術が行なわれるのは当分先であると考えられていた。ある日、地方都市にある湖水町の甦生記念病院に、外科医の当麻鉄彦(滝沢秀明)が赴任する。医療先進国のアメリカで研鑽を積んできた当麻は、「地方でも大学病院と同じレベルの治療が受けられるべき」という信念のもと、あらゆる難手術に挑み、みごとな技術で目の前の患者たちの命を救っていく。

また、多くの患者の命を救うため、自らがアメリカで学んだ肝移植手術の必要性を訴える当麻は、同じく肝移植実現に取り組む医師・実川剛(仲村トオル)と対面する。日本の肝移植に大きな役割を果たす2人の医師が出会った瞬間だった。しかし、病院は自らの保身を第一と考え、リスクが大きい肝移植は行なおうとはせず、さらに、病院内の権力絶対主義と古い慣習に塗り込められた医療体制が当麻たちの行く手を阻んでいく。(公式ホームページから引用)

原作は大鐘稔彦の小説

ドラマの原作は大鐘稔彦の小説「孤高のメス─外科医当麻鉄彦─」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『孤高のメス』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

当麻鉄彦/滝沢秀明

滝沢秀明

アメリカで研鑽を積み、甦生記念病院の第1外科医長に。目の前の患者を助けることが医師の使命という信念を持つ。

実川剛/仲村トオル

仲村トオル

近江大学医学部付属病院外科の助教授。世界一の肝移植チームを作り、医学界で地位を築くという野心を持っている。

青木隆三/工藤阿須加

工藤阿須加

近江大からの派遣のため慣例などに縛られるが、当麻との出会いで変わる。

大川翔子/山本美月

山本美月

町長の娘。当麻の手術でオペ看を務めたことで成長。当麻に密かな思いを寄せる。

島田光治/石丸幹二

石丸幹二

甦生記念病院の院長。研修医時代から当麻の腕を買っており、空席になった外科医長に雇い入れる。病院の経営に苦慮。

大川松男/長塚京三

長塚京三

湖水町の町長。新病院の設立には反対で、甦生記念病院の充実を求める。肝機能異常を指摘されているが、政務を優先。

野本六郎/宮川一朗太

宮川一朗太

近江大から甦生記念病院へ移る。優秀な当麻を敵視。

卜部太造/利重剛

利重剛

外科の教授。自身の出世のため、実川をスカウトする。

上坂喜一/三浦誠己

三浦誠己

狙いをつけた取材対象者は容赦なく追及する記者。肝移植について追う。

三郷洋一/近藤公園

近藤公園

肝移植が必要な少年の担当医で、実川に賛同し支える。

徳武耕三/六平直政

六平直政

阪神大学医学部の教授。マニュアル作成優先の慎重派。

扇谷惣一/本田博太郎

本田博太郎

徳武とは古くからの因縁があり、互いに敵対視する。

武井静/キムラ緑子

キムラ緑子

学生時代の青木の恩師。高校生の息子は医師を目指す。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

監督/内片輝

代表作にドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』、『Re:Mind』など

脚本/前川洋一

代表作にドラマ『女子アナ。』、『人間の証明』、『軍師官兵衛』、『沈まぬ太陽』、『アキラとあきら』、『ラストチャンス 再生請負人』など

 

スポンサードリンク

 

『孤高のメス』ロケ地&撮影場所まとめ

『孤高のメス』は2018年9月から11月中旬まで撮影が行われたようですね。すでにクランクアップしています。

栃木医療センター

栃木医療センター

栃木県宇都宮市にある栃木医療センター。ここが病院シーンのロケ地になっているようですね。情報提供いただき、ありがとうございます!

栃木医療センターの住所:

 

東京工科大学 八王子キャンパス

東京工科大学八王子キャンパス

東京都八王子市にある東京工科大学 八王子キャンパス。趣里、菅田将暉、仲里依紗らが出演した映画『生きてるだけで、愛』のロケ地になったことで知られれています。

東京工科大学 八王子キャンパスが『孤高のメス』の撮影地になったと大学が発表していました。

講義実験棟が舞台になったようですね。

東京工科大学,講義実験棟 東京工科大学,講義実験棟

東京工科大学 八王子キャンパスの住所:

 

蒲田駅西口駅前広場

蒲田駅西口

東京都大田区にある蒲田駅。西口を出てすぐの広場で9月5日に工藤阿須加が撮影をしていたという目撃情報がありました。

この撮影が『孤高のメス』だと断定はできませんが、下に挙げた工藤阿須加のスケジュールを考えると、このロケが『孤高のメス』だった可能性があります。

  • 6月から8月にドラマ『みかづき』の撮影
  • 11月からドラマ『家売るオンナの逆襲』の撮影
  • 10月-12月クールのドラマに工藤阿須加は出演していない
  • 『孤高のメス』は9月から11月にかけて撮影

もちろん映画ロケの可能性もありますが、『孤高のメス』撮影の可能性もあります。こちらは判明したら更新します。

蒲田駅の住所:

この他、埼玉県さいたま市のホテルでエキストラ募集情報がありましたが、具体的な撮影場所はわかっていません。新たなロケ地が判明したら更新します。

『孤高のメス』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『孤高のメス』を見逃してしまった、WOWOWに入れないから観られない、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCHECK↓↓

孤高のメス

『孤高のメス』見逃し動画の配信はこちら!【滝沢秀明主演WOWOWドラマ】

2019年1月13日
『孤高のメス』に関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 9月の連休中の3日間、宇都宮市の栃木医療センターに撮影にきたみたいです。
    取り壊していない古い手術室があって、そこの木の扉がドラマのイメージに合っているということで選ばれたとか。
    あと手を洗うシーンとかも撮っていたみたいです。
    日月曜は、タッキーも来ていて、ロケバスを研修棟によけづけして入り、研修棟で休憩していたみたい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。