『雲霧仁左衛門2018』ロケ地&京都の撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!【中井貴一主演】

雲霧仁左衛門4
2018年9月7日(金)20時からNHK BSプレミアムで放送スタートの時代劇『雲霧仁左衛門4』(全7話)。中井貴一主演の人気時代劇シリーズ第4弾ということで注目されています。そこで今回は『雲霧仁左衛門4』の舞台となる京都の撮影場所やロケ地、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『雲霧仁左衛門4』のあらすじ

雲霧仁左衛門、目指す標的は江戸城にあり!「吉宗の御落胤事件」「老中ぐるみの米価の操作」で揺れる大江戸を舞台に、盗賊の首領・雲霧仁左衛門と火付盗賊改方長官・安部式部とのライバル同士の大勝負が始まる――。

米価の高騰に揺れる江戸。雲霧一党の頭・雲霧仁左衛門(中井貴一)は米問屋・伊勢屋に次の盗みの狙いを定める。雲霧の動きを読んだ火付盗賊改方長官・安部式部(國村隼)は主だった米問屋に見張りを付けた。一方、将軍吉宗の御落胤と名乗る天一坊(永山絢斗)という謎の男が現れ世間を騒がせる。天一坊の後見人と称する赤川大膳(佐野史郎)は仕官と引き換えに高額の金を浪人たちに要求していたが、その大膳は大店の米問屋・柏屋清兵衛(イッセー尾形)と裏で繋がっていた。ある日、仁左衛門は行き倒れていた天一坊を偶然助ける。(公式ホームページから引用)

 

スポンサードリンク

『雲霧仁左衛門4』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

雲霧仁左衛門/中井貴一

中井貴一

雲霧一党の首領。米問屋に盗みの狙いを定める中、行き倒れていた天一坊を偶然助ける。

七化けのお千代/内山理名

内山理名

武家の侍女から大店の内儀まで変幻自在に化ける美女。仁左衛門を心から慕う。

三坪の伝次郎/近藤芳正

近藤芳正

雲霧一党のナンバー2である小頭。声色遣いの名人で、誰の声でも真似できる。

州走りの熊五郎/手塚とおる

手塚とおる

驚異的に身が軽い。昔の奉公先の娘“静”と偶然再会し、密かに想いを寄せる。

大工小僧七松/大東駿介

大東駿介

盗み細工の制作や、盗みに入るための仕掛けを密かに施す大工仕事を特技とする。

安部式部/國村隼

國村隼

雲霧の捕縛に情熱を燃やす火付盗賊改方長官。天一坊の出自に疑念を抱き、密かに探る。

山田藤兵衛/村田雄浩

村田雄浩

火付盗賊改方のナンバー2である老練な与力。式部からの個人的な信頼もあつい。

永島源八郎/藤田富

藤田富

火付盗賊改方の同心。新人で正義感に溢れている。目や耳など、五感が鋭い。

 

粂三/やべきょうすけ

やべきょうすけ

火付盗賊改方配下の密偵。裏の世界に通じている。弟の弁治も同じく密偵。

静/星野真里

星野真里

熊五郎の少年時代の奉公先の娘。家の没落後、浪人の夫と慎ましい生活をしている。

武井半次郎/忍成修吾

忍成修吾

浪人。静の夫。天一坊への仕官を熱望するが、必要な金が用意できずに苦悶する。

天一坊/永山絢斗

永山絢斗

将軍吉宗の御落胤と称する青年。自らの出自に疑念を抱く中、雲霧仁左衛門と出会う。

赤川大膳/佐野史郎

佐野史郎

天一坊を紀州から江戸へと連れ出した男。仕官を望む浪人たちから大金を集める。

柏屋清兵衛/イッセー尾形

イッセー尾形

米問屋と両替商を営む豪商。米価の高騰で暴利を貪り、赤川大膳と天一坊を陰で操る。

安藤帯刀/小野武彦

小野武彦

幕府内で権勢を振るう老中。密かに豪商・柏屋清兵衛と通じている。

スタッフ情報

脚本/尾崎将也、松下隆一、岡本さとる、森下直

演出/山下智彦、宇喜田尚、服部大二、井上昌典

原案/池波正太郎 「雲霧仁左衛門」

 

 

 

『雲霧仁左衛門4』ロケ地&撮影場所まとめ

『雲霧仁左衛門4』は2018年4月から5月にかけて京都で撮影が行われました。

松竹撮影所

松竹撮影所

京都市街の北西部にある松竹撮影所。嵐山本線帷子ノ辻駅から徒歩3分程度の場所にあります。時代劇の撮影地としてあまりにも有名ですよね。前回の『雲霧仁左衛門3』と同じく、今回も松竹撮影所がメイン舞台のロケ地になりました。

松竹撮影所の住所:

 

大覚寺の大沢池

大覚寺

京都市街の北西部、

大沢池の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

最後に

今回のシリーズで最後になる『雲霧仁左衛門4』。後悔のないように見逃したくないですよね。

【2018秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク
ラブサーチ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。