『魔性の群像 刑事・森崎慎平5』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!【小泉孝太郎主演ドラマ】

魔性の群像5
2019年1月28日(月)20時からTBS系で放送のスペシャルドラマ『森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平5』。小泉孝太郎主演の人気シリーズ第5弾ということで注目されています。そこで今回は『森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平5』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平5』のあらすじ&原作

あらすじ

廃工場でホステスの原田早紀(横田美紀)の刺殺体が発見された。警視庁捜査一課の刑事・森崎慎平 (小泉孝太郎)は、犯行現場に残された黒い組紐に 疑問を持つ。犯人に繋がる情報を集めていると、第2の殺人が起きた。被害者は医師の金丸浩司(佐戸井 けん太)。殺された早紀に付きまとっていた男だった。この現場にもまた黒の組紐が残されていた。

組紐を手がかりに捜査を進める森崎の前に、ジャーナリストの池澤桐子(白羽ゆり)が現れる。彼女は、7年前に軽井沢の山荘で起きた殺人事件と、今回の 事件との関連を疑っていた。なぜなら7年前、犯行現場に早紀と金丸が居合わせていたからだ。さらに、 当時その殺人の犯行を認め逮捕されたのが、早紀の勤務するクラブのママ・三宅麻里子(財前直見)だった。森崎は今回の事件の犯人が、7年前の事件と関わりが深い人物だと推理すると同時に、麻里子に組紐を見せたときの動揺した表情を思い出す。

そして、麻里子を事件の重要人物としてマークする中、第3の殺人が起きる。殺されたのは早紀と金丸が密会していたという喫茶店の店主・大月昭雄(森下能幸)。彼もまた7年前に山荘に居た人物の一人だった。ところが、大月の死体の近辺には組紐は残されていなかった。

7年前のあの日、山荘でいったい何が起きていたのか!? 事件の真相が深まる中、森崎は組紐に込められたあるメッセージから解決の糸口を掴む——。(公式ホームページから引用)

原作は森村誠一の小説

ドラマの原作は森村誠一の小説「魔性の群像」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平5』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

森崎慎平/小泉孝太郎

雨宮圭/和田正人

池澤桐子/白羽ゆり

仙道綾/前田亜季

小山内直樹/石井正則

花園栄治/阿部亮平

森崎奈緒/松本来夢

三宅麻里子/財前直見

金丸浩司/佐戸井けん太

大月昭雄/森下能幸

佐野歩美/小野真弓

原田早紀/横田美紀

池田久光/小松和重

塚田功/宇梶剛士

黛透子/柴田理恵

スタッフ情報

監督/中野昌宏

脚本/石原武龍

代表作にドラマ『はぐれ刑事純情派』、『デパート!夏物語』、『スチュワーデスの恋人』、『やんちゃくれ』、『伝説の教師』、『おみやさん』、『新・浅見光彦シリーズ 平家伝説殺人事件』など

 

スポンサードリンク

 

『森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平5』ロケ地&撮影場所まとめ

『魔性の群像5』は2017年12月に撮影が行われました。

神奈川県相模原市の喫茶店「珈琲館樹里」

珈琲館樹里 珈琲館樹里

JR相模原駅から徒歩10分ほどの場所にある喫茶店「珈琲館樹里」。ここが『魔性の群像5』のロケ地になったことがわかっています。

魔性の群像5

珈琲館樹里の住所:

 

舟渡大橋

舟渡大橋

東京都板橋区高島平にある舟渡大橋。濱田龍臣主演の『モブサイコ100』のロケ地になったことで知られています。12月18日にここで小泉孝太郎がロケをしていたという目撃情報がありました。

舟渡大橋の住所:

 

TRINITY B3 PARK(トリニティービースリーパーク)

TRINITY B3 PARK TRINITY B3 PARK2

東京都板橋区にあるTRINITY B3 PARK。スケートボードなどができるテーマーパークのようです。12月18日にここで和田正人と石井正則が撮影をしていたという目撃情報がありました。

TRINITY B3 PARKの住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。