映画『アイネクライネナハトムジーク』ロケ地&仙台の撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラ!三浦春馬主演!

アイネクライネナハトムジーク

2019年9月20日公開の映画『アイネクライネナハトムジーク』。伊坂幸太郎の小説を原作に、三浦春馬が主演をつとめることで話題になっています。

そこで今回は映画『アイネクライネナハトムジーク』の舞台となる宮城県仙台市の撮影場所のロケ地、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ&原作

あらすじ

あの時、あの場所で出会ったのが君で本当に良かった。

時を超えて気づく、<出会い>よりも大切なことー。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しの恋の物語。

仙台駅前。大型ビジョンを望むペデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに人々が沸いていた。そんな中、訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季(多部未華子)と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む。

元々劇的な〈出会い〉を待つだけだった佐藤に、大学時代からの友人・織田一真(矢本悠馬)は上から目線で〈出会い〉の極意を説く。彼は同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている。変わり者ながらも分不相応な美人妻と出会えた一真には不思議な説得力がある。佐藤は職場の上司・藤間(原田泰造)にも〈出会い〉について相談してみるが、藤間は愛する妻と娘に出て行かれたばかりで、途方にくれていた。一方、佐藤と同じく〈出会い〉のない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めていた。

10年後―。織田家の長女・美緒(恒松祐里)は高校生になり、同級生の和人(萩原利久)や亜美子(八木優希)と共にいつもの毎日を送っている。そして佐藤は、付き合い始めて10年になる紗季に、意を決してプロポーズをするが…。 果たして佐藤と紗季の〈出会い〉は幸せな結末にたどり着けるのか。美奈子の恋は、藤間の人生は―。思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。(公式ホームページから引用)

人はだれでも恋愛や結婚で幸せになることを望んでいます。だからこそ、出会い方にこだわる方も少なくないのではないでしょうか。例えば、学校や職場で自然に知り合って仲良くなってとか、あるいは、街中や旅先で運命的な出会いをして、お互い急激に惹かれ合って、、、といった出会いを夢見ている方も多いでしょう。

しかし、”普通の出会い”がなかなか難しくなっている昨今。入り口ばかりにこだわるのは良くありませんよね。大切なのは幸せという「ゴール」にたどり着くことであり、ゴールにたどり着けるならば、入り口は何でも構わないのかもしれません。あまりにもカタチにこだわりすぎていると、身近にあったはずの運命の出会いや素敵な人、高スペックな人との出会いを逃してしまうこともあるでしょう。

原作は伊坂幸太郎の小説

映画の原作は伊坂幸太郎の同名小説。今回の映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫) [ 伊坂幸太郎 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/3/26時点)

 

映画『アイネクライネナハトムジーク』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

佐藤/三浦春馬

マーケティングリサーチ会社勤務。劇的な出会いをただ待つだけの男。

本間紗季/多部未華子

佐藤と偶然出会う女性。フリーター。

藤間/原田泰造

佐藤の会社の先輩。妻に逃げられた。

織田一真/矢本悠馬

佐藤の学生時代からの親友。ちょっと変わり者。居酒屋で働く。

織田由美/森絵梨佳

一真の妻。学生時代、モテモテのマドンナ。

美緒/恒松祐里

高校生。成長した一真と由美の娘。

久留米和人/萩原利久

高校生。何かと美緒が気になる。

亜美子/八木優希

高校生。美緒や和人のクラスメイト。

ウィストン小野/成田瑛基

日本人初のヘビー級ボクシングチャンピオン。

斎藤さん/こだまいち

仙台駅前で、弾き語りを続ける不思議なストリートミュージシャン。

美奈子/貫地谷しほり

織田由美の同級生。声しか知らない男に恋する美容師。

香澄/MEGUMI

美奈子の美容室の常連。何かと美奈子を気にかけている。

久留米マリ子/濱田マリ

和人の母親。

久留米邦彦/柳憂怜

和人の父。サラリーマン。

少年/中川翼

ウィストン小野に憧れる中学生。

女子高生/祷キララ

少年の姉。

セコンド/伊達みきお(サンドウィッチマン)

ウィストン小野をリングサイドで支える。

セコンド/富澤たけし(サンドウィッチマン)

ウィストン小野をリングサイドで支える。

ほか

スタッフ情報

監督/今泉力哉

代表作に映画『パンとバスと2度目のハツコイ』、ドラマ『時効警察はじめました』など

脚本/鈴木謙一

代表作に映画『アヒルと鴨のコインロッカー』、『ゴールデンスランバー』、『殿、利息でござる!』、ドラマ『目玉焼きの黄身いつつぶす?』など

主題歌/斉藤和義「小さな夜」

▶次ページ『アイネ・クライネナハトムジーク』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。